« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

名古屋のホテルにて

今日の日中は、京都で面談があり、

その後、名古屋に移動して、名古屋のホテルからブログを書いています。

今日の面談の特許案件は、全て11月中に出願完了ということで、

急ぎの案件になります。

しかも、複数件あるので、

テキパキと処理していかないと間に合いません。

来週には、案文を順次納品していけるようにがんばるつもりです。

内容の詳細は書けませんが、構成が比較的簡易なものでも、

表現が難しい案件があり、

機械系の弁理士としての腕の見せ所でもある案件です。

表現力がものをいいます。

ちなみに、弊所には入所試験があり、

その問題は、クリップの実物を示した上で、

クリップの具体的形状を書かせる問題と、

予め明示したクリップのポイントについて特許請求の範囲を作成させる問題です。

たかが、クリップと思うかもしれませんが、

正確に表現することは意外に難しいですよ。

ホテルでは、期限が近い中間処理の補正書、意見書を作成中。

進歩性違反なのですが、

極似した引用例が挙げられていますので、

引用発明との差異を出すのにかなり苦労しています。

やっとのこと、

一筋の光を捉えたので、

新規事項に注意しつつ、補正案を練っています。

意見書での反論の筋道を含めて、あと、もう少し時間がかかるかな。

明日は、名古屋のクライアントと打ち合わせがあります。

今日は、早めに休んで、明日に備えます。

明日も、笑顔でがんばるのみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出張日の朝

朝ブログしてます。

天気は良く、絶好の出張日和です。

今日は京都に、明日は名古屋に出張してきます。

気合入れて、いざ、出陣!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

出張前のハードな1日

事務所から。

週明け月曜日の午前中は、

中国の弁理士からの連絡で始まりました。

PCT出願の中国移行手続きの打合せの件なのですが、

先週の電話にて、11/6(月)を予定していたはずでした。

しかし、先方が、

今日の10/30(月)と勘違いして、連絡してきたようです。

先方は今日でもいいと言うのですが、

今日は、弁理士倫理研修があるし、特許明細書の案文をクライアントに納品しなければならないので、時間ありません。

11/6(月)で再度お願いすると、その週は先方が全て出張なのでNGだという。

11/13(月)にしてもらおうと思ったが、少し遅すぎ。

今週は、火曜日と水曜日が連続出張で不在だし、金曜日は祝日でお休みです。

残る木曜日(11/2)の都合を聞くと、朝9時30分ならOKだという。

いつもなら、朝9時30分は、未だ自宅にいます。

そして、この日は出張明けなので、雑務もあります。

しかし、先方はその時間しかないというので、私が時間を合わせることで決定しました。

朝早くに出所することは、全然問題ないのですが、

中国移行手続きに関する指示書類を作成しなければなりません。

本件は、出願人の変更があり、さらにPCT出願原稿の内容を一部削除するため、かなり複雑な案件なのです。

このため、本日の午前中は、その指示書類の作成に追われる羽目に。

この結果、午前の予定を変更することになり、

クライアントに納品する原稿が完成しません。

しかも、

本日は午後3時から倫理研修があるので、アップアップの状態。

一瞬、倫理研修を欠席しようと思いましたが、

後に回しても、結局、時間がないことが多いのです。

このため、倫理研修に出席し、終了後、直ぐに事務所に戻り、最終電車までがんばるしかありません。

結局のところ、

倫理研修には出席しました。

久しぶりの弁理士会館でしたが、

やはり、もう少し大きい建物にして欲しいですね。

立派な官庁やノッポビルの近くに建っていると、

見劣りしますよ。

そんなことより、弁理士会館の指定された教室に入ると、

懐かしい顔ぶれでいっぱいでした。

倫理研修は、合格年度ごとに区分けされています。

したがって、今日集まった弁理士の先生は、

おおかた、2001年度合格の同期なのです。

あれから5年。

事務所に勤務して管理職になられている先生、

私のように独立開業されている先生、

企業の最前線でバリバリ活躍されている先生、

海外で活躍されている先生、

少しポッチャリされて、貫禄つけまくりの先生(笑)

………

………

………。

みなさん実務に精進されて、ご活躍されている方ばかりです。

さて、

倫理研修の内容は、

過去に、弁理士会に苦情がきた事例に基づいて、講義していくような形式でした。

弁理士会に苦情?

と思いましたが、よくある話のようです。

中でも、お金(弁理士料金)に関するものがほとんど。

中小企業や個人のお客さんからの苦情が大半を占めるようです。

弁理士は、事件の受任時において、必要となる料金の総額を書面で示し、相手の合意を受ける必要がありますが、

現実として、

なかなか署名まで求めた上で、着手している弁理士はいないのではないでしょうか?

講義によると、

弁理士手数料を示すことはありますが、印紙代や成功謝金までは言わないため(故意ではない)、総額が最初に話した額よりもかなり大きくなり、トラブルに発展することが多いそうです。

挙げられた事例も実話なので、

大変勉強になりました。

このような研修は、絶対に必要だと思います。

事例から学ぶことは、山ほどあります。

研修は1時間半にもわたりましたが、

その後は、仲間とお茶するわけではなく、

事務所に猛ダッシュ(話したいことは山ほどあったのに!)。

明細書の案文を、今日中に納品しなければなりません。

事務所に戻ると、

休憩することなく、

明細書を書きまくりました。

ガチャ

ガチャ

ガチャ

ガチャ

……

……

(私がキーボートをたたく音です)

昨日から着手していたお蔭で、

先程、なんとか完成し、クライアントに無事納品することができました。

誤記の有無もチェックしました。

ホッと一安心の状態で、このブログを書いています。

人間、やはり集中力ですね。

改めて実感。

さて、

明日と明後日は、

待ちに待った、

連続出張です。

急ぎの実施案件がかなりあるようなので、

納期厳守で、気合入れてバリバリかんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月29日 (日)

日曜日の出来事

日曜日は、めちゃめちゃ天気が良く、爽やかな日でした。

こんなときは、外でスポーツ。

午前中は、自宅で仕事していましたが、

午後からは、

いつものように、多摩川の河川敷に直行。

妻も、後から自転車で応援してくれました。

風もなく、気温も高かったので、

いつもよりも長い距離に挑戦。

いつもは4キロ弱くらいなのですが、

今日は5キロから6キロの距離を少しペースアップして完走。

当然ながら、汗も噴き出し、気持ちよかったです。

高校生の頃、テニス部に所属していましたが、

テニスのイメージとは違い、サッカー部並みに走っていました。

琵琶湖の湖岸道路が高校の近くに走っていたので、

コートでの練習後は、いつもそのコースをランニング。

部員同士で競わされるので、かなりのハイペースです。

今日の走りは、

その頃を懐かしく思い出させるようなものでした。

その頃から、もう17年になります。

歳が2倍になりましたが、青春時代を経験できました。

河川敷のランニングは、ジム通いと違って、お金がかかりません。

この点も、納得です。

大量の汗を流した後は、

自宅に戻り、

妻が作ってくれた焼き芋をほおばりながら、少し休憩。

昔はおばあちゃんがよく作ってくれたのですが、

小学生の私には、芋よりもスナック菓子に目がいきます。

今では、スナック菓子は食べませんが、

久しぶりに食べた焼き芋の美味さに感心。

焼き芋もくせになりそう。

最近、なんか、食べ物のことばかり書いているような。

それはさておき、

その後は、特許明細書作成の続きです。

火曜日と水曜日は出張なので、月曜日中にクライアントに納品できるように調整。

そんなに複雑な内容ではないので、大丈夫そうだ。

また、本日、名古屋のビジネスホテルを予約。

インターネット接続可能な部屋なので、ブログも更新できるかな。

火曜日の夜は、ホテルで仕事をする予定なので、PC持参の出張です。

ホテルでは、火曜日に行ったヒアリング内容のあんちょこ作りと、中間処理の補正書・意見書を作成する予定。

火曜日と水曜日の受任件数は、十数件。

急ぎの案件が多いのですが、

私に任せてくださいな。

体力には自信アリアリなので、

11月もバリバリがんばります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

うまさ抜群!タイ料理

061028212006_10280081_1

061028212006_10280080_1

061028212006_10280083_1

061028212006_10280084_1

061028212006_10280085

昨夜は、タイ料理を食べてきました。

飽きない美味さで、はまっています。

デジカメ持参で写真をとってきましたので、ブログにアップしておきます。

上の料理の品々は、全て私と妻の胃におさまりました。

発汗作用もすごく、身体中がポカポカしています。

食は全ての基本ですので、

しっかり食べないとダメですね。

あー。満腹。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月28日 (土)

仕事+運動+英語=土曜日

休日の土曜日は、睡眠の補充日に当てていますので、

朝10時に起床しました。

平日は寝不足でも土曜日に補充すると、元気マンマンになります。

それにしても、目覚まし時計に起こされないのが、何よりも幸せに感じます。

さて、

午前中は、いつものように仕事の続き。

特に、

30日の月曜日には倫理研修が入り、31日の火曜日には京都出張が入っています。

そして、11月1日(水曜日)は、名古屋出張が入っています。

名古屋出張は、クライアントの担当者のお気遣いで、火曜日に変更して頂きました。

お気遣いに感謝します。ありがとうございました。

火曜日と水曜日は連続出張なので、事務所に出るのは少なくなりそうです。

そして、

いい天気なので、

午前中からの仕事はそこそこに切り上げ、

午後から多摩川の河川敷に直行。

目的は、ロードワーク、ひたすら走るためです。

今日も快晴だったので、河川敷には、たくさんの人、人、人、犬、犬(笑)。

いつものようにサイクリングコースを走っていると、

上空に鳥の大群を発見。

うあーーー。

すごい数でした。

カラスではなかったのですが、

鳥も、

数が多いと不気味ですね。

鳥の糞を気にしつつも、快調に走ることができました。

距離は4キロ程度。

慣れるまでは、4キロ程度にしているのですが、

徐々に長い距離に変えていく予定です。

今日は、ペースを上げたので、

おっちゃんランナーに抜かれることはなかったです(笑)。

Tシャツが汗まみれになるころに、ロードワークを終了し、

帰宅後、10kgのダンベルを振り回して筋トレ。

あと、腕立て伏せもがんばりました。

ちなみに、

ダンベルや腕立て伏せは、ずっと前から日課にしています。

運動の後、少し休憩して、テレビを見ました。

硫黄島玉砕(太平洋戦争)の放送があり、時間を忘れて見入ってしまいました。

悲惨な映像も流れていましたが、

そのような映像を見せられると、

現在の平和な日々に改めて感謝します。

テレビのあと、

再び、仕事の続きです。

来週は事務所をあけることが多いので、早めに完成させるためです。

こちらも順調に進み、月曜日にはクライアントに納品できそうです。

今日は、今から妻とともに夕食に出かけてきます。

いつものタイ料理。

そのあとは、英語の勉強をする予定。

私にとっての土日は、休暇、仕事、運動、英語を全てこなせる貴重な日です。

パワーを充電して、明日も精進します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月27日 (金)

気分はインターナショナル?

また、金曜日です。

ほんと、早いなぁ。

この分だと、すぐに歳をとりますよ。

ところで、

週末金曜日の今日は、韓国の代理人と中国の代理人とにアポをとりました。

PCT出願に関して、韓国と中国に移行手続きをするためです。

韓国の代理人とは、詳細な打合せが既に済んでいるので、メールや郵送のみで対応可能。

早速メールで連絡をとり、後日、PCT出願書類を発送するとのこと。

本当のところ、秋に、私が韓国代理人の事務所に伺う予定だったのですが、

別の用事が入り、予定が変更になりました。

でも行きたかったなぁ、韓国。

本心は、仕事半分、観光半分なんですが(笑)。

一方、

中国代理人とは、打合せが未だなので、

11月6日の週にアポをとりました。

弊所に来ていただけるようなので、ラッキーです。

それまでに必要書類を準備しておかなければなりません。

台湾出願のときの翻訳文は、そのまま中国でも使えるのかな?

多分ダメだと思いますが、翻訳料金を安くして貰えるかもしれないので、

交渉してみようと思います。

あと、米国特許弁護士との打合せをしなければなりません。

こちらは外国出願用の図面を用意してから、11月中にアポをとる予定。

今度は、少しでも英語で話せるかなぁ。

英語を勉強しているので、成果を試してきます。

失敗を恐れずにチャレンジだ。

このように、

PCT出願をすると、権利化を希望する各指定国に移行手続きをとるため、

現地代理人との連携が必要になります。

このようなインターナショナルの仕事は、士業の中でも弁理士だけだと思いますが、

1つの魅力でもありますよね。

私の目標は、世界主要国の現地代理人とタッグを組み、世界を舞台にして活躍していくことですので、私にとっての外国事件はクライアントから頂いた大変嬉しいプレゼントです。

世界で活躍するためには、最低限、語学と各国の法律に詳しくなければなりません。

あと、ユーモアも必要かな。

これからは、米国特許法をはじめ、主要国の法律にも精通できるように、勉強していきたいと思います。

この点は、

他の弁理士とゼミでも組んで勉強できれば、効果倍増ですね。

弁理士は、一生勉強です。

ここまでで良しとする線がないのです。

この意味でゴールはないのですが、

方向性が明確なので、がんばり続けたいと思います。

明日の休日も、がんばります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

中途受任

今日も、気が付けば夜の状態でした。

本日は、昨夜に着手した特許案件の明細書を完成させました。

いつもの如く、あんちょこパワー全開で時間を稼ぐ。

10月は、既に12件の明細書を完成。

そのうちのほとんどは、出願済みなので、

いいペースなのかなぁ。

ストレス無しの状態です。

今月期限は、

あと、1件残っています。

といっても、来週の月曜日(30日)の午後は倫理研修で潰れ、

次の火曜日(31日)は京都に出張の予定です。

京都出張は、一度、10/31(火曜日)から11/7(火曜日)に変更されたのですが、

発明者の都合により、再度変更され、結局、当初の10/31(火曜日)に戻りました。

西村、振り回されていますが、

予定の変更は仕方ありませんね。

さて、本日は、明細書の他に、先日、中途受任した案件の整理をしていました。

数十件まとめて、中途受任させて頂いたのですが、

弊所の管理ソフトに、そのデータを入力する作業を事務員の方にお願いしました。

弊所では、2つの管理ソフトを使用しています。

国内外の期限管理を徹底させるためですが、いずれも日本車が買えるくらい高額なソフトです。

しかし、

高額なだけあって、

機能は充実しています。

ところが、

機能が充実している分、ソフトに慣れるのに時間がかかります。

不明なところは、製造業者に聞くのですが、

このときの私は、

パソコン教室の生徒のように、PCの前に座って、素直に指示を聞いている状態です(笑)。

事務員の方に中途受任のデータ入力をお願いしたので、

私は何もしていなかったのですが、

データ入力作業の終了後、

期限超過案件が数件出ました。

あれっと思い、

対象となる案件を特定して調べたところ、

審査請求期間が過ぎていると表示されています。

さすが、高額管理ソフト。

一覧表が一発で出てきます。

そんなことよりも、

審査請求期間の徒過で、

一瞬びびりましたが、

良く確認すると、

私が中途受任する前に、審査請求期間が既に経過しています。

その後、電子図書館で、詳細を調べてみると、

その対象となる案件は、全て、審査請求済み、ということでした。

クライアントから

連絡もらっていなかったなぁ。

もうすぐ拒絶理由通知がくるのかな。

それにしても、

中途受任した案件で、記載不備のような拒絶理由通知がきたらどうしょう。

私が作成した明細書ではないと言いたいですが、

拒絶理由を解消するために精一杯がんばるしかありません。

実務力を身につけるための近道や王道はないと思っています。

困難な問題に直面しても、

弁理士としてクライアントのために最善をつくしていけるようがんばります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

TOEIC結果通知の襲来!

今朝、9月に行われたTOEICの公開試験の結果通知が届きました。

今回は、前回と違い、結果通知が待ち遠しくなかったのですが、

いざ手にすると、

ドキドキ、ワクワク、……、。

なんか、

グリコのおまけを開けるような、

ラブレター(貰ったことがないので、想像です(笑))を開封するような、

クラスで先生から中間テストを返却してもらっているような、

感じがするのは、私だけなのかな?

私自身、せっかちな性格なので、

強引にビリッと開封。

テスト後の印象が悪くて、あまり期待はしていなかったが、

それでもドキドキしながら、スコアを確認。

あーーーーーーーーーーー。

恥ずかしいくらいのロースコアなので公表は控えますが、

前回よりも50点アップしていました。

自宅で特に勉強しているわけではなく、

スクールに通っていただけですが、スコアアップしていました。

それでも、私が目標とする900オーバーにはほど遠いので、

笑みが出ることはありません。

もう少し、1日の中で時間をかけて勉強する必要があるなぁという印象です。

ただ、その中でも、

リスニングのスコアが大幅に上がっていたのが救いでした。

TOEICは、リスニングの方がリーディングよりもスコアを取りやすい感じがします。

まぁ、リーディングで15問も適当にマークしているようでは、

さらさらダメなんですけど。

今回の通知を受けて、さらにやる気が出てきました。

次の試験は11月です。

めちゃんこ、がんばります。

なお、TOEICの試験で、来年の1月からスピーキングとライティングの試験が登場するようです。

こちらも、がんばりたいと思います。

仕事でもプライベートでも、英語を使いこなせる国際人になれるようにがんばります。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2006年10月24日 (火)

気が付けば夜!

火曜日は、冬のような気温でした。

朝、自宅を出るときに、さむっ!

という言葉が出るくらい。

暑がりの私がそう思うくらいなので、風邪をひかないように注意が必要です。

悪天候の火曜日でしたが、

我が事務所の中は、熱気プンプンの状態。

仕事に対するやる気で熱気が充満しています(笑)。

本日は、昨日作成した特許明細書を最終チェックした後、クライアントに納品しました。

また、先日、別のクライアントにチェック出しをしていた案件(2件)について、出願指示の返答がきたので、再度、誤記などをチェックして、特許出願を行う。

PCT出願や審査請求が立て込んでくると、予納額がいっきに減るので、予納額は常にウォッチしなればなりません。

予納額がない状態で出願すれば、どうなるのかな?

そのようなことは無いように注意しますが、気になります。

さて、

出願終了後に、出願書類などをプリントアウトしますが、

先日購入したおニューのプリンタのお蔭で、

事務作業がはかどります。

2台のプリンタを同時に稼動すると、やはり作業効率が良くなりますよ。

迅速に発送書類をまとめ、後日、クライアントに発送の予定。

その他、本日は、

中間処理の案件について検討する。

中途受任の案件に付き、拒絶理由をもらったが、

発明の内容を把握するために、一から明細書を読んでいました。

また、本日は、

面談依頼を受任しました。

場所は名古屋。

実は、今月の31日(火)に京都出張の予定が入っていましたが、

11月7日(火)に変更になりました。

その関係で、名古屋への出張は、来月の6(月)になりました。

途中、滋賀の実家に一泊する予定です。

私的には、東京を基準にすると、京都と名古屋は同じ方向になりますので、

京都と名古屋を連荘して頂けると、効率良くなります。

私の都合で、面談日時を決めることは大変心苦しいのですが、

この点、

名古屋のクライアント(担当者様)に気遣って頂き、

大変感謝しています。

ありがとうございました。

当日は、質の高い面談ができるよう十分に予習して臨みたいと思います。

今日も、このような調子で、気が付けば、夜になっていました。

明日も、大変充実した日になるよう、実務に精進致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

週明け月曜日

週明けの月曜日ですが、

朝から雨が降り、うっとおしい天気です。

このような日は、気合が空回りしがちなのでイヤですよ。

しかし、やるべき仕事があるので、がんばらないといけません。

今日は、昨夜に着手した新規の特許案件の続きです。

約1ヶ月前にヒアリングした案件ですが、

いつものように、あんちょこを作成しておいたお陰で、

仕事もスムーズに進みました。

今日1日で明細書をほとんど完成させることができたので、

くれぐれも誤記のないように、

明日、もう一度見直してから、

クライアントに送信する予定。

明日は、その後、もう1件の新規案件に着手できればいいなぁ。

あと、11月のTOEICを受ける予定です。

前回は、リーディングが時間オーバーだったので、

今回は少し作戦を変えようと思います。

実力の範囲でしかスコアが出ませんが、

TOEICも試行錯誤で、自分なりの型を見つけるつもり。

900オーバー目指してがんばります。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月22日 (日)

休養日

日曜日も夕方までは、快晴でした。

昨日の土曜日は、久しぶりにジョギングをがんばったので、

朝から足が少し筋肉痛。

やはり、スポーツしないと、なまっている。

しかし、

今日も時間に余裕があったので、

午後から、

多摩川の河川敷に行きました(午前中は、いつものように仕事していました)。

昨日と同様に、堤防沿いのサイクリングロードをひたすら走る。

このサイクリングロードは、サイクリングの他に、ジョギングしている人もかなりおられるようで、人口密度も高い道です。

道幅も広くはないので、それぞれが秩序良く走らないと、自転車にドカン!

ということにもなります。

私は、いつものように走っていたのですが、同じジョギングをしている人に追い抜かれてしまうのは、やはり悔しいですね。

特に、年配者の方が意外に速かったりもするわけで、

涼しい顔で追い抜かれると、悔しいどころかショック大!です。

私も、学生時代には足に自信があったので、余計にそう思います。

やはり、毎日、継続することが重要のようです。

私もそのような年配者の方に見習って、ジョギングを続けていこうと思いました。

毎日はさすがに無理なので、土日の一方だけでも走ろうと思います。

ジョギング中は、身体が熱くなるので、Tシャツ/短パンの格好なのですが、

終わると、身体が冷えるので少し厚着をしないと風邪をひきます。

特に、今の季節は、気温差が激しいので、注意が必要です。

夕方くらいに自宅に戻り、

シャワーをしました。

そして、また、仕事にとりかかりました。

いつもは土日も一日、仕事、仕事になっていますが、

昨日と今日は、スポーツできる時間がありました。

今夜は、新規案件の特許明細書の作成に着手します。

また、英語の勉強もあります。

心身ともにリフレッシュした状態なので、

効率上がるといいなぁ。

明日は、週明けの月曜日。

気合バリバリ入れて、がんばります。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年10月21日 (土)

久しぶりのジョギング!

休日の今日は、スポーツ日和の快晴でした。

仕事も山場を越えたので、外でスポーツをしようと思い、出かけました。

行き先は、多摩川の河川敷です。

実は、多摩川の河川敷は、私の自宅から歩いて行ける距離にあります。

河川敷につくと、

サッカーや野球をしている少年、わんこと遊んでいるおっちゃん、

丘すべりをしているお子達、バーベキューをしている団体など

たくさんの人が、思い思いに、休日を楽しんでいます。

私もアウトドア系の人間なので、

このような活気のある場所は大好きです。

多摩川の堤防には、

サイクリングロードがあり、

サイクリングしている人やジョギングをしている人が走っています。

学生風の人からお年寄りの方まで、

老若男女問わず、

走りを楽しんでいます。

私も、ジョギングは大好きで、

毎日ではないですが、中学生の頃から続けていました。

部活が終わって帰宅してからも走っていたことを覚えています。

今日は、久しぶりのジョギングということもあって、

軽めに汗を流しました。

距離にすると、4キロ程度だと思いますが、

自分のペースで走ることができ、

大変に気持ちが良かったです。

走っている途中に、

テニスコートでテニスをしている人、

運動場でラグビーや野球をしている人が目に入り、

私も負けじとがんばれました。

明日、筋肉痛になっていないことを祈ります(笑)。

やはり、

仕事の合間に、

スポーツをしていい汗を流すことは、心身ともに充実した感じを受け、

気分爽快になります。

自宅の近くにこのようないい場所があるので、

週末のジョギングは、今後も続けていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月20日 (金)

ヨットマンとの出会い

外国出願では、翻訳が必要になります。

弊所では、翻訳の質が高い翻訳事務所さんと提携しており、仕事で翻訳の必要があれば、いつもお願いしています。

先日も、米国出願をするために、日本語から英語の翻訳をお願いしました。

受任時は、いつも翻訳事務所の代表の方に弊所に来ていただいており、仕事の話が終われば、少し世間話をするような仲です。

この日も例外なく、仕事の後に世間話をしていたのですが、

そのときは、たまたま海(スキューバダイビング)の話になりました。

私はダイビングをしたことがないのですが、代表の方にダイビングをするいきさつなどを聞いていたところ、この代表の方、実はヨットマンだったのです。

外洋クルーザーも所有しているようです。

それで話しが一気に盛り上がりました。

私も、大学時代から社会人ヨットクラブでヨットをやり始め、外洋クルーザーに乗り込んでは、伊豆七島や外洋までをクルージングしたり、レースに出たりしていました。

また、外洋クルーザーだけでなく、モータボートにも興味があります。

趣味が高じて、学生時代にバイトで貯めたお金で、小型船舶1級免許(海技免状)をとりにいきました。

実技試験のときには、5人でチームを作り、各項目の試験が実施されるのですが、海のうねりが激しく、5人中3人が船酔いでマグロ状態になり、私ともう1人の方で、5人分の仕事をしていたことを覚えています(笑)。

外洋クルーザーは、セイルに風を受けて走りますが、セイリングポイントまではエンジンを作動させて進みます。

セイリングポイントに出ると、セイルを張り、風を受けて、傾いた状態で走ります。

この海原を疾走する感じが忘れられません。

海には、満潮と干潮があり、航路の選択にも注意が必要になります。

外洋クルーザーの船底には、板状の大きなキールがついています。

ヨットが風を受けると傾きますが、大きな風を受けて船体がローリングすることがないように、キールで水の抵抗力を作用させ、バランスをとるものです。

干潮のときに誤った航路をとると、このキールが海底をこすり、破損することになるので注意が必要です。

また、橋の下を通って、出航するときにも注意が必要です。

干潮では通れたが、満潮のときは水位が上がるため、マスト(セイルを支えている支柱)が橋に当り、戻れなくなるという、シャレではすまない話もあります。

ブログを書いているうちに興奮してきて、少し趣味の話しが長くなりましたが、

そのヨットマンに、一緒のチームでがんばろうと誘われました。

趣味ではなく、本格的にやろうということです。

しかし、優先させる仕事もあるし、家族と過ごす時間も必要だし(一応、新婚です)、

だいいち、

私は、海を離れてから何年も経つので、今すぐに外洋に出ることは困難です。

たまに行く海外旅行で、マリンジェットを乗り回す程度です。

東京湾や沿岸で遊ぶ程度ならいいのですが、それでは何か物足りませんよね。

いくら免許があっても実が伴わないと、特に海の場合は、危険です(資格があっても、実務が伴わないとダメと言う点で弁理士と同じ)。

東京湾はいつも穏やかですが、外洋では、二重人格にように、その姿が一変します。

陸上ではトラブルで車が動かなくなってもすぐにJAFが来てくれますが、海上ではそういうわけにはいきません。

何ヶ月も訓練して調整しないと、他のクルーにも迷惑をかけることになります。

本格的にやるためには、厳しい訓練が必要不可欠なのです。

このようなこともあり、とりあえずは、保留にさせていただきました。

しかし、海に対する憧れは、消えることはないので、

私の環境が落ち着けば、趣味の範囲で、またヨットをしたいと思います。

このヨットマンとは、

末長くお付き合いができればと願っています。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

ブログ再開

久しぶり?の更新です。

ようやくブログのメンテナンスが終了し、管理画面に突入することができました。

また、メンテナンスの後に、システム障害があったらしく、当初の予定よりも、

メンテナンス終了時間が大幅に延びていたようです。

さて、この2日間は、

言うまでもなく、

仕事、仕事、仕事、でした。

ブログを更新できなかったこともあり、

その分、仕事に没頭できましたが、少し寂しい気分でした。

2件の特許明細書を作成し、だんだんと手持ち(未着手)の案件が減ってきました。

私は、手持ちの案件と、原稿完成(チェック出し状態の案件)の案件と、を区分けして別々の場所に整理していますが、

今までは、手持ちの案件がいつも山積み状態でした。

それが、今は逆転した状態になって、ビジュアル的にも何か違和感があります(笑)。

この調子で、手持ちの案件を全て仕上げたいと思います。

そして、前回のブログ「無念」で、

おニューのプリンタにインターフェイスボードが装着できなかったことを書きましたが、

なんと、コネクタの固定器具を挟んだ状態でボードを装着していたことが原因でした。

これじゃ、何度チャレンジしても装着できんわ。男3人集まって何をしとるねん。

と、まぁ、こういう感じで、笑ってごまかすことで精一杯でした(笑)。

このプリンタのシステム接続は、明日の金曜日の予定です。

また、

10月30には、弁理士倫理研修が入っています。

クライアントからの苦情を集めた資料に基づいて、弁理士会館で講義があるようです。

弁理士試験に合格して以来の弁理士会館です。

同期の弁理士とも会えそうなので、少し楽しみです。

さらに、翌日の

10月31日は、京都出張が入っています。

私の故郷(正しくは滋賀県が故郷ですが、京都になじみ深いので勝手に故郷にしています)でもあり、大好きなところです。

急ぎの案件ということですが、多くの件数を受任できることを祈っています。

いろいろ大変ですが、

明日の私が、今日の自分よりも、成長しているように、前に向かってがんばるのみ。

明日も精一杯がんばります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

業務連絡

ようやくメンテナンスが終了しました。

まる2日間、ブログを離れて物足りなかったのですが(ブログ中毒かなぁ?)、

仕事が終われば、更新しますので、

よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

業務連絡

17日(火)16時から19(木)16時まで

ココログのメンテナンスのため、更新できません。

コメントやTBも規制されるかも知れませんが、

ご了承願います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無念?!

今日は、週明けの月曜日です。

土日が仕事だったので、特に月曜日が週明けの仕事始めという感じもしませんが(…)。

今日も朝から夜まで、忙しくさせて頂きました。

事務所に出ると、特許明細書の修正依頼がFAXされていました。

早速、修正をして、クライアントに送信。

また、本日は、2件の新規案件の明細書を完成させました。

ワードで作成した文章をプリントアウトして、誤記のチェック。

続いて、特許図面の符号もチェックして、クライアントに納品。

その後、図面トレースを図面屋さんにお願いした。

この件は、愛知県の図面屋さんです。

料金が比較的安く、納期も短くして頂いているので、

東京-愛知の距離なんか関係なく、ばんばん依頼してます。

FAXやメールで、原稿を瞬時に送れるので、非常に便利な世の中です。

実は、

この図面屋さんとは、

面識はないのですが(ブログのプロフィール写真で私の面はわれていますが(笑))、信頼できる人なので、安心です。

その後、別の特許案件の、あんちょこ、を作成しつつ、図面内容を練り上げる。

先日のブログで書いたように、

この作業をすると、あとで明細書を作成するときに抜群の効果を発揮します。

私にとって重要な時間をプレゼントしてもらえるのです。

続けて、先行調査も開始。

今日は、特許庁の電子図書館を利用してのサーチです。

手応えとしては、似てるものバッカです。

請求の範囲をかなり限定しなければなりません。

この件は、

限定した修正案を作成して、後日、クライアントに送信する予定です。

そうこうしているうちに、コスモテックの担当者さんが来所されました。

今日は、

先日購入したレーザープリンタのセッティングの日です。

結構、性能のいいものを購入したので、

使える日が待ち遠しかったのです。

コスモさんは、到着後、早速、セッティング作業を開始。

さすがプロと感じさせるような手さばきで、どんどん仕事を進めていきます。

プリンタの設置場所は予め決めていたので、

プリンタの位置決めは難なく完了。

その後、インターフェースボードをプリンタ本体に差し込もうとしたとき、

事件が起こりました。

なんと、

インターフェースボードがプリンタに差し込めないのです。

何度、チャレンジしてもNGの連続。

プリンタとインターフェースの型番号も間違っていないので、

適合しないはすがありません。

なのに、

インターフェースボードが装着できない状態。

コスモさんが力まかせにはめ込むと、

壊れてしまうというので、

泣く泣く、

メーカーに連絡。

後日、メーカーの担当者が来所されるとのこと。

非常に、無念、無念、無念。

セッティングが完了する今日を、子供のように楽しみにしていたのに。

仕方ないので、

今日は諦めましたが、

後日、本当によろしく頼みますよと念押しをしました。

そのときには、すでに夕方になっており、

少し慌てながら、

明日必着の答案添削を開始。

かなり時間がおしていましたが、

なんとか完了させることができました。

帰宅したのは、午後11時くらい。

今日は、忙しい一日でしたが、

今から自宅で仕事があります。

別案件の特許明細書の作成なのですが、

先日作成した、あんちょこ、の力を借りて、

フルパワーでがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

どろんこ遊び

日曜日は、自宅で仕事をしていました。

今日だけで、1件の特許明細書を完成させることができました。

関連案件なので、構成が共通している分、負担が少なく、ラッキーでした。

あと、月曜日必着期限の答案添削も本日無事投函することができました。

さて、タイトルのどろんこ遊びですが、

実は、私の自宅(仕事部屋)には、めちゃめちゃ多く(お客さんが植物園と間違えるくらい)の観葉植物を置いているのですが、

夏の間でかなり成長して大きくなりました。

見上げるくらいです。

私は、緑が大好きであり、緑がある環境で仕事や勉強をすると、はかどります。

しかし、観葉植物の葉がのび放題となり、圧迫感が出てきたので、前から気になっていました。

そして、なによりも、観葉植物の成長に伴い、鉢が小さくなってきたのです。

鉢が小さくなると、植物の成長に悪影響が出ますので、葉の散髪?と大きな鉢に移す作業をしたのです。

大きな植物だと、2メール以上もの丈がありますので、持ち運びや移し替えも大変な作業になります。

当然ながら、手や服も泥(土)で、まっくろくろすけの状態。

汚れるのは嫌なのですが、

なぜか、楽しんでいました。

妻にも手伝ってもらったのですが、

子供がどろんこ遊びをしているようだと言われてしまいました(笑)。

これでは、起業戦士?としてのプライドもなにもありませんね。

家では、尻に敷かれた普通のおっちゃん、やっています。

やっとのこと作業を終了すると、もう夕方になっていました。

作業後、散髪した植物を仕事部屋に戻すと、

部屋がものすごく広く感じました。

今まで、世話を手抜きしていたのが、バレバレ。

しかし、気になっていたことが1つ解決したので、

スッキリしました。

これで、

仕事や勉強の効率がさらに上がるといいなぁ。

明日も、笑顔でがんばるのみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

秋晴れの休日

今日は快晴でしたが、気温が少し低いように感じました。

気温が低いと、秋を感じますよ。

これから、冬にかけて、寒くなってくるのですね。

そういえば、もう10月も半分終わりなのです。

あと、11月、12月、大晦日、正月、……

少し気が早いですが、

この調子なら、大晦日なんか、すぐにきてしまうなぁ、という感じがします。

さて、

休日の今日も、特許明細書の作成と答案添削に没頭していました。

トップリーグのラグビーの試合が気になりましたが、我慢しました。

明細書の方は、今日のがんばりのお陰で、1件仕上げることができました。

明日もまた1件、完成させる予定です。

夜は、答案添削の続きがあります。

こちらの期限は、明日お昼のポスト集配時間までです。

さらに、

今日は、息抜きがてらに、夕方、仙川に妻と散歩に行きました。

先日のTOEICの会場が仙川駅周辺で、駅前の商店街やお店などが充実していたので、

散歩したくなったからです。

仙川は、

活気もあり、生活には困らないほどお店やスーパーも充実しているので、いい街ですよ。

ユニクロで普段着を購入し、喫茶店でお茶してきました。

カロリーを気にせず、

コーヒーとモンブランケーキのセットを注文しました。

今日も、仕事・プライベートともに、大変充実した一日でした。

気分転換も十分に図れたので、

今日もこれから仕事をがんばります。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

リスニングお薦め良書!

TOEICのリスニングテスト向け

のお薦めの本がありますので、以下にアップしておきます。

闘耳 松澤喜好著

です。

英語の発音の仕方を解説した本ですが、

TOEICの受験テクニックやTOEICの問題形式に沿った練習方法に特徴があります。

私も、ヒアリングの勉強はこの本を使っています。

最近、TOEICのリスニングセクションに少し自信が出てきましたので、

紹介しておきます。

ご参考までに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

早くも金曜日

今日も朝から快晴でした。

やっぱり気分いいっすね。

どこかの園児たちも、新宿御苑に遠足にきていました。

このような快晴のときに、新宿御苑は最適です。

思う存分、遊べたのかな?

さて、仕事の方ですが、

午前中は答案の添削作業に追われていました。

デッドラインを気にしながら、なんとか余裕を持って作業終了。

事務員にLECに届けてもらい、納品完了です。

午後は、出願手続きと特許明細書の作成に没頭していました。

出願作業については、クライアントからOKが出ると、迅速に行わなければなりませんね。

受験生の方、理由付けをお願いします(笑)。

明細書作成についても、迅速に進めなければなりません。

今日中に、クライアントに納品できれば最高ですが、

幸いにして、土日も仕事ですので、焦らず、質重視でがんばります。

また、今日の午後は、新しいレーザープリンタが事務所に到着しました。

セッティングは来週の月曜日ですが、なんだか嬉しい気分です。

昔から、電化製品や電子機器を購入すると、気分がよくなるのです(笑)。

今までは1台のプリンタを酷使してきましたが、今後は2刀流で効率アップが図れます。

この新しいプリンタも、マシンガンのように排紙してくれるのかな。

それだけでも、効率がかなりアップします。

設備がさらに充実したところで、

クライアントに対していい知財サービスができるよう一層精進します。

さらに、午後は、事務所のビルの賃料が上がるので、オーナーが新しい契約書を持ってきました。

痛いですが、地価は変動しますので、仕方がありません(泣)。

そして、弁理士試験ですが、

今日から口述試験が始まりましたか。

そう言えば、今日は金曜日です。

ついこの前、連休前の金曜日ということでウキウキ?していたのに、時間が経つのはやいですね。

この調子なら、

すぐに、歳とりそうです。

このことだけは、

あまり想像したくありませんけど(笑)。

口述試験を受験される受験生の方々にとっては、最後のがんばりです。

弊所のクライアントの担当者も数人受験されます。

油断することなく、試験官といい会話をしてきて下さい。

成功をお祈りしています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月12日 (木)

ワン・フォア・オール オール・フォア・ワン

ワン・フォア・オール オール・フォア・ワン

(1人は皆のために、皆は1人のために)

私がこの言葉を聞いたのは、小学校5年生のときでした。

小学校時代は、地元のラグビースポーツ少年団というラグビースクールに所属しており、そこの先生から教えてもらった言葉です。

当時の私は、その言葉を聞いても意味が解らず、先生に質問すると、

「相手を思いやる心を持て」

というように教えてもらったことを記憶しています。

ところで、この言葉、

ラグビーで良く使われますが、

ラグビー以外でも、

他人とのかかわり合いをもつ人間にとって非常に重要な言葉になります。

家庭、仕事、プライベート、全てにおいて当てはまります。

例えば、私の仕事面で置き換えると、

所長の私は、日々、忙しく仕事をしています。

弊所の所員も、与えられた役割を果たすためにがんばって仕事しています。

当然ながら、私と所員の関係は、雇い・雇われの関係であり、

所長の私は、所員の働きに対して給与という報酬を提供し、

所員は、報酬に対して所長(事務所)に労働を提供することになります。

当然ながら、

所長の私は、所員から労働力を受ける権利があり、

所員は、所長(事務所)から報酬を受ける権利があるのです。

各自の権利を主張することは当然なのですが、

各自が自己の権利ばかり主張すると、このバランスが崩れてきます。

所長が少ない報酬しか与えていないのに所員の大きな労働力を期待すると、所員は辞めていくことになりますし、所員が高い報酬を貰っているにもかかわらず、仕事をサボると、解雇になってしまいます。

私は雇う側と雇われる側の両方を経験しているので、両者の気持ちがわかるつもりでいますが、

両者が互いに、相手を思いやる心を持っていれば、

このバランスも崩れずに済むように思われるのです。

まさに、

ワン・フォア・オール オール・フォア・ワン

という言葉が必要になってきます。

この言葉、すなわち、お互いに相手を思いやる心、があれば、

所長の私は、所員のがんばりに深く感謝し、それに見合う報酬を与え、

所員は、雇われていることに深く感謝し、可能な限り一生懸命に働く、

という図式が自然に生まれ、それが安定していくものだと思っています。

この結果として、業績があがり、社会に対して大きく貢献できるとともに、

自他共に幸せになれると思うのです。

言は易くで、理想論かもしれませんが、

ワン・フォア・オール オール・フォア・ワン

という言葉を常に意識しておくだけでも、

改善されていくことも多くなると思います。

以上は仕事面の一例を挙げましたが、

他人とのかかわり合いが必要になる全ての場面で、

ワン・フォア・オール オール・フォア・ワン

という精神が必要になると思います。

私も、この大好きな言葉、

ワン・フォア・オール オール・フォア・ワン

という言葉を常に意識して、事に当たりたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年10月11日 (水)

出張を終えて

先程、事務所に戻りました。

今朝の東京は、気温が高く快晴でしたが、

名古屋は一日雨でした。

気温も低かったです。

しかし、名古屋は、中日ドラゴンズで盛り上っていましたよ。

喜びの熱気がプンプンしてました(笑)。

さて、仕事の方は、午後からヒアリングが開始しました。

事前に、案文を熟読して行ったので、

質の高いヒアリングができました。

原稿に基づいて、特許の方向を決め、さらなる発明もしていきます。

当初の内容をかなり膨らませることができました。

早めに納品できるようにがんばります。

以下、少し余談の話になりますが、

新幹線の中では、事前に購入した、「東洋経済」という雑誌を読んでいました。

財務力、就職力、研究教育力の観点から、日本の大学をランキングづけしたものがメインの内容でした。

有名な大学から地方の単科大学まで、いろいろな大学がランクインしていました。

残念ながら、我が母校、日本大学は、ランクインしていませんでしたが(泣)。

その雑誌によると、最近、大学院に進学する社会人が増えているようなことが書かれていました。

ロースクールなどの専門大学院が人気のようです。

また、日本の大学だけでなく、米国の大学院に留学する社会人も増えていることも書かれていました。

特に、MBAのブームについて書かれていたのですが、

ハーバード(HBS)、スタンフォード(GSB)、ペンシルバニア(ウォートン)、ノースウェスタン(ケロッグ)、コロンビア、ミシガン(ロス)、シカゴ(GSB)、ダートマス(タック)、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(アンダーソン)、カリフォルニア大学バークレー校(ハース)が米国MBAプログラムトップ10のようです。

お隣の学歴大国である韓国も、国家を挙げて海外MBAホルダーを育成しているようです。

特に、上に挙げた米国の大学(大学院)は、世界中からエリートが集まるので、

そのような仲間と切磋琢磨して勉強していくと、かなりの実力がつくことは容易に想像できますね。

私も、許されるのであれば、米国に留学してみたいです。

日本人にとっては先ず言葉の壁がありますが、それを乗り越えてがんばれば、

ゲットできるものも大きいでしょうし、人間としても大きく成長することができると思います。

私は、日本人に限らず、またMBAに限らず、そのようなチャレンジャーの方々を応援したいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

快晴

朝ブログ、してます。

お天気が心配でしたが、東京は快晴です。

今日は、これから名古屋に出張です。

気合を入れて、がんばります。

日帰り出張ですが、

帰りは、事務所によって仕事の続きです。

今日も、笑顔でがんばるぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

本日もノルマ達成!!

連休明けの今日も、天気が良く、爽やかな日でした。

このような日は、気分も良くなり、気持ちよく、ピクニック?ではなく、仕事に行くことができますね(笑)。

今日は、朝から明細書の作成に没頭していました。

昨夜から今日にかけて、2件の明細書を作成しなければなりません。

昨夜に着手した案件は、夜中がんばったので、今日のお昼までに作成することができました。

作成後は、明細書のワード文章をプリントアウトして、誤記などのチェックを行います。

チェックした後、クライアントに送信。

なお、特許図面のトレースは、いつもの図面屋さんに依頼。

これで一息といきたいところですが、もう1件、本日中に片づけなければならない案件があります。

早速、その案件に着手する。

私は、発明者とのヒアリングの後、直ちにクレーム(特許請求の範囲)の骨子などをPCのワードや紙に書くことにしています。

ヒアリングの内容は、一応、保険のために録音していますが、時間の都合上、再度録音を聞くことだけは避けたいものです。

とは言うものの、人間の記憶力なんて当てになりません。

私なんか、

1ヶ月も経つと、脳みそからきれいに削除されてしまいます。

このため、私は、ヒアリングが終了すると、直ぐに、クレームの骨子と、構成から作用効果までの流れ、を記載しているのです。

ちょうど、

代々木塾のサブノートのような記載です。

今日も、このあんちょこのおかげで、何時間も稼ぐことができました。

このあんちょこ、結構、役に立つのですよ。

あんちょこを見ただけで、ヒアリングの再現フィルムが脳みそで流れはじめ、

発明内容を迅速に思い出すことができました。

午後から着手した特許案件も、先程、完成させることができました。

その後、特許図面のトレースを、いつもの図面屋さんに依頼。

これで、

今月に入って6件目の明細書が終了しました。

ところで、明日は、名古屋に出張です。

名古屋は、月に1回くらい出張していますが、京都と同じく、大好きです。

弊所クライアントの担当者の皆様も、大変優秀な方であり、また、人間的にも魅力のある方々です。

クライアントの担当者と協働して仕事を進めていくと、自分が勉強させられることも非常に多いのです。

明日は、午後からヒアリングが開始されますが、質の高いヒアリングを実現するために、またするどい質問などができるように、案文を熟読していきます。

明日も、笑顔でがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

英文法お薦め良書!

先程、自宅に帰ってきました。

これからも仕事があります。

その前に、私が読破した英文法の参考書でお薦めの本がありますので、

一応、アップしておきます。

英文法TRYAGAIN!山口俊治著

この本は、英文法を暗記ではなく、理解重視の観点から説明されています。

私が実際に読んでみて、

これまで英文法をなんとなく(勘で)解答していた人、

英文法がモヤモヤしている人、

にとっては最適な本だと思いました。

TOEICに限られず、英語の総合力アップにも役立つ本です。

ご参考までに。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年10月 9日 (月)

祝日の事務所から

連休最後の今日は、ものすごーく、いい天気でした。

午前中は、自宅で答案添削の続きをし、午後は、

事務所で仕事していましたが、外は気温がかなり高かったです。

近くには、カキ氷屋さんの店まで出ていました。

事務所の近くに、新宿御苑がありますが、当然に大勢の人です。

私も、何度か新宿御苑に行ったことがありますが、

スポーツの道具を持っていくと注意されますね。

私は、そのことを知らずにバトミントンを持参しましたが、門の所で警備員に注意されました。

仕方なく、バトミントンを諦めて、

代わりに、御苑内を散策したことを覚えています。

中にスズメバチの巣注意という看板があり、少し怖い思いをしたこともありました。

あれだけの緑があるので、ハチくらい、当然にいますよね。

さて、今日は2件の特許案件について原稿を作成したので、それをクライアントに送信。

明日の朝、チェックしてくれるのかなぁ。

続けて、図面のトレースも図面屋さんに依頼。

また、先日、クライアントから原稿チェック終了のFAXが来ていましたので、

出願手続の前に、誤記がないか、内容を再度チェック。

このチェック作業は、神経を使うので、意外に大変な作業です。

今日は、このあとも仕事です。

水曜日に名古屋に出張しますので、

その前に、1~2件の特許案件の明細書をがんばって終了させ、クライアントに送信する予定です。

それにしても、祝日の事務所はなんと静かなこと。

私一人が作業しているだけなので、集中力も倍増します。

いい仕事ができるといいね。

明日も、笑顔でがんばろう。

PS:先日、プレイステーション2のゲーム(ドラゴンボールZ NEO)が発売されました。

欲しいですが、買ってしまうと、ゲームにかなりの時間が取られます。

仕事優先で、しばらくオアズケです。

また、年末と正月にでも、遊びたいな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月 8日 (日)

充実した連休を過ごしています

今日は、スポーツしたかったけれど、結局、デスクワークの1日でした。

この連休2日間で、特許明細書1件を仕上げ、答案添削も約100通仕上げました。

本当は、もう1件、明細書を完成させたかったのですが、なかなか予定通りには行きませんね。

明日は、事務所に出て、早速クライアントに送信の予定。

明日と明後日の2日間で、最低でも1件明細書を完成させ、水曜日に名古屋に出張となります。

名古屋への出張は、京都と同様に、大好きです。

いいヒアリングができるようがんばります。

今日は、神戸製鋼とトヨタ自動車のラグビーの試合がありましたが、仕事で見れませんでした。

本来では、

この2社は仕事上においてお取引したい会社なのですが、この2社同士のゲームがあると、仕事忘れて夢中になってしまいます。神鋼とトヨタは、ラグビーにおいて昔からライバル関係にあり、必ず壮絶な試合になるからです。大学でいうと、早慶戦みたいな感じで、特別の意味があります。

今日は、グッと我慢して、仕事していました。

また、時間を見つけて録画をみる予定。

連休最後の明日は、事務所で1日仕事の予定です。

私の中では、

月、火、水、木、金、金、金、月、…、…、…

という感じで全て平日になります(笑)。

明日も、めちゃめちゃ、がんばります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

デスクワークの最中に考えること

今日も、風が強いですが、天気がめちゃいいです。

このような日は、外でジョギングしたり、テニスしたり、アウトドア的なことを考えてしまいます。

現実は、連休中も仕事でずっとデスクワークです。

昨日もデスクワーク、今日もその予定。

その甲斐あって、仕事はかどっています。

昨日は、セコム-サントリーのラグビーゲームをテレビで見ました。

サントリーは、自宅から比較的近くにビール工場があります。

私は、サントリー監督の清宮氏(昨年まで早稲田大学ラグビー部監督)と同じで、アルコールだめですけど、妻がお酒に強く、ビール工場の見学が大好きな人です。

あまり、このことを書くと、怒られるので、このへんにしておきますね(笑)。

ラグビーゲームですが、最近、セコムのチームが強くなってきました。

特に、攻撃面で幅でき、連続攻撃を連発しています。

結果は、下馬評どおり、サントリーの圧勝でしたが、このことを印象づける試合でした。

社会人のトップリーグでは、スクラムを組むフォワードに外国人選手が1人か2人入っています。体のサイズもでかく、190センチ120キロなんてざらです。

このような選手は、サイズを生かして、縦に突破する人が多いのですが、そんな大男たちを一発のタックルで倒す日本人選手にも感動します。

日本人は体格で劣る分、でかい外人選手に対して上半身にタックルにいっても、はじき飛ばされます。外人選手の上半身は、予想以上に強靭なのです。

しかし、ひざ下に低く入るタックルは、外人選手の体が、くの字、に折れ、前進を阻むことができます。いくらでかくても、ひざ下に入られると、一発で倒れます。

タックルされた選手は、ボールを離さなければならず(持っているとノットリリーサボールという反則になる)、そこを2人目、3人目がジャッカルに入り、ボールを奪って、ターンオーバーから、今度はこちらの連続攻撃になります。

このような見所が好きなんです。

最近のラグビーは、フィールドいっぱいを使うことが多いので、でかいだけではダメですね。80分間、走りとおせる持久力がないと。

スクラムを最前線で組むプロップ(背番号1と3)は、ポジションがら、体のでかさ(体重110キロ前後)とパワーが求められますが、バックス選手とのランニングの競争に勝って、トライでもすれば拍手ものです。しかし、最近、走れるプロップも多くなっています。

ついつい、ラグビーのマニアックなことを書いてしまいましたが、

書いているうちに、スポーツやりたくなりました。

健康にもいいですし。

この業界の仕事をしてから、色白になったと親に言われたことがあります。

それは、外でスポーツしていないことを意味しています。

スポーツすると、仕事面に対してもいい影響がでるかも知れないので、

前向きに考ようと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年10月 7日 (土)

人生、何事もチャレンジ!

今日は、少し風が強いですが、さわやかな日です。

気分がいいので、朝から更新しました。

弁理士試験に限ることではないのですが、人生、何事に対してもチャレンジすることが大変重要なことはよく言われています。

チャレンジして、成功を得たときの達成感は、他の何事にも替えられないものですね。

チャレンジしようとする者は、老若男女を問いません。

また、何にチャレンジするかも自由です。

チャレンジして一生懸命努力することが重要だと思います。

その結果、成功すれば喜び倍増、場合によっては人生が変わったりもします。

私の周りにはチャレンジャーはたくさんいます。

大学院を出て医学部に進学したいとこ、

弁理士試験の合格後、ロースクールに進学した知り合いの弁理士、

青年実業家になった大学の友人、

芸能界に進もうとしている人(私が、昔、家庭教師をしていたお子さん)、

………、

………、

私の結婚(笑)、

など、挙げていくといくらでも出てきます。

私は弁理士なので、この業界についてみてみると、

文科系出身の弁理士が特許にチャレンジする人も身近に見られます。

これも、その人の弁理士としての方向性と弁理士人生が大きく変わるので、大事だと思っています。

大いに結構なことだと思います。

実際、理科大学の夜間に通学されて、理科系の知識の定着を図る弁理士も多いようです。

また、弁理士の中には、私のように、英語の勉強に力を入れている人も少なからずおられます。

人、それぞれ目的は違っていますが、チャレンジ精神は本当に大事なことだと思います。

何よりも毎日が大変充実し、その人が輝くからです。

思い描いた成功の人生を掴むことだって、日々、チャレンジしているからです。

また、何かにチャレンジしているときは、身体も強くなり、病気もしないような気がします。

私は、チャレンジしている人が大好きなので、チャレンジャーの方々を応援したくなります。

昨日も、LECにおいて勝利の女神として、第一線でがんばられている弁理士からメールを頂きました。

昔、LECでゼミ講師していたときに、ご縁がある方です。

この先生は、現在特許事務所で実務をこなしつつ、LECでゼミ講師をされており、大変ハードな毎日を送られています。

その先生のゼミは、受験生から大変人気があるようです。

受験指導の熱心さ、受験生に対する思いやり、豊富な知識、豊かな人間性、

どれを考えても、人気が出ることに納得できます。

この先生も、実務では特許分野にチャレンジされており、日々、知識の定着を図ったり、厳しい修行を積まれて、がんばられています。

このことはメールで教えていただいたのですが、私も大変嬉しい気分になり、また勇気付けられました。

何かにチャレンジすることは、勇気や大変な努力が伴いますが、人間には必要なことだと思います。

人生、たった35年生きただけの私がこのようなことを言うのは、大変生意気で申し訳なく思いますが、

何事に対してもチャレンジする人は大好きだし、

やはり、人生は、何事にもチャレンジだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月 6日 (金)

連休前

今日は、まさに嵐の日でした。

傘をさしていても、よこなぐりの雨なので、意味がありません(笑)。

服なんか、ビショ濡れです。

台風が秋雨前線を刺激していたようです。

でも、東京地方は、雨が止んだようですね。

さて、明日から3連休です。

天気もいいみたい。

連休前の夜は、何か心に余裕があり、心地良い感じがします。

弁理士受験生であっても、弁理士受験生を卒業した今も、この点は変わりありません。

ただ、やはり、私の3連休は、全て仕事です。

祝日、土・日であろうがなかろうが、片付ける仕事量(ノルマ)が変わるわけではありません。

この仕事は、デッドラインがあるので、勤務しているか自営であるかも関係ないですね。

実は、明日の土曜日に、京都にて、いとこの結婚式があります。

当初は出席の予定でしたが、予定変更で仕事になりました。

既にご祝儀と祝電の手配を済ませたので、遠く離れた東京でお二人の幸せをお祈りさせて頂きます。

連休中は、事務所に出る予定です。

仕事に追い回されている自分が一番好きなので、がんばれます。

ただ、明日は、ラグビーのトップリーグのゲームが放送されるので、息抜きに、少し見てしまうかもしれません(笑)。

ラグビーの試合観戦は、弁理士受験生のときから熱中していました。

特に、国代表の試合(テストマッチ)は、会場まで足を運ぶこともあります。

ラグビーは、サッカーと比較して、日本ではマイナーなスポーツです。

このため、日本のラグビーのことはあまり知られていないようです。

ところで、ラグビーの強い国、ご存知ですか?

アメリカではありません。

ニュージーランド(通称:オールブラックス)、オーストラリア(通称:ワラビーズ)、

南アフリカ共和国(通称:スプリングボクス)

の3国が、ベスト3ですかね。

イングランド、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、フランス、イタリアなどのヨーロッパ勢、サモア、トンガ、フィジーなどのアイランド勢が、これに続きます。あと、アルゼンチンも強豪国です。

そして、我が日本は、この次のクラスです。

韓国、カナダ、米国、などの国々と、いい勝負しています。

少し趣味の話しになりましたが、

連休中も、英語の勉強があります。

最近、ヒアリングの勉強がてきていないので、CDを聞きながら少しがんばろうと思います。

この3連休も、平日と同様に時間を大切にして、勉強と仕事にガンバです。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

タイ料理レシピ

昨夜は、いつもの安くて美味いお店に、タイ料理を食べに行きました。

タイ料理を食べると、スタミナがついて元気になるし、健康的です。

私、完全に、はまっています。

お店に行かなくても、自宅で簡単に作れるレシピを紹介しておきます。

タイ料理レシピ

一度、チャレンジしてみる価値はあります。

タイ料理、本当に、はまりますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

文系出身の弁理士に対する思い

昔、LECで講演していたとき、受講生から、

文系弁理士(文系出身の弁理士)について質問を受けたことがあります。

文系出身の弁理士が特許分野で活躍することはできるのか?

という質問だったと記憶しています。

一方で、文系出身では弁理士になっても……、というネガティブな言葉を同業者の方から聞いたこともあります。

私は、このようなことを聞くたびに、実務において文系出身がそんなにペナルティになるのかな、といつも思います。

この質問は、非常にばかばかしい質問です。

私は、文系出身の弁理士が特許明細書の作成において不適だと思っていません。

例えば、物理化学や電気などある程度の知識が必要な分野では敷居が高くなっても仕方ありませんが、

少なくとも、一目で発明のポイントがわかるような日用品などを含む機械分野の明細書の作成なら何もおそれる必要はないし、文科系であることをコンプレックスに思う必要も全くありません。

私は、機械の明細書が簡単、やさしいと言っているわけではありません。

機械分野の明細書は、奥が深く、かなりの努力と経験を経なければ、ものにすることはできません。

しかしながら、

機械分野の中には、構造が簡易なものもありますので、機械分野は、目でみてわかる分、文科系出身の弁理士の方が一番とっつきやすい分野だと考えています。

ただ、複雑な構造は、ひいてしまうかもしれませんが。

私は、機械工学が専門であり、実務においても機械関連の案件が多くを占めますが、

特許明細書作成にあたって、大学で習うような専門知識が必要なケースは、ほとんどありません。

むしろ、発明の対象となる商品、に対する知識の方が重要です。

例えば、画像形成装置を例に挙げるなら、レジストローラ、現像ローラなどたくさんの構成部品がありますが、これらの構成部品の役割をしっかり理解することの方がはるかに重要です。

多くの場合、中学校の理科(欲を言えば、高校の物理や化学)を勉強していれば、説明を聞いての理解は可能です。

このため、理科系ではないという理由で、特許弁理士を諦める必要は全くないと思います。

しかし、です。

機械分野では、商品の見た目を、客観的な観点から的確に、文章表現していく必要があります。

例えば、

複数の構成部品相互の関係を文章していくわけです。

これは、文系、理系の違いではなく、文章表現力(センス)や語彙力の問題です。

また、慣れも大変重要です。

複雑な構造なんかは、特に難しくなります。

これは、実務において、その都度、慣れ、覚えていくしか、上達の方法はありません。

理系出身の方でも、文科系の方でも、この条件は同じなのです。

だから、文科系出身の方に対しても、弁理士になり、実務を数多くこなすことにより、一流の特許弁理士への道が開かれています。

私が、文科系出身の弁理士受験生に対して、将来はどのような弁理士になりますか?、と質問し、

文系なので商標の弁理士になります。

というような解答を受けると、悲しくなります。

せめて、商標が好きなので、という理由にしてください。

また、文科系ですが、特許弁理士になれるようにがんばります。

と自信を持って言って欲しいです。

弁理士は、資格を得てからも、勉強の連続です。

いろいろな勉強を継続する努力を惜しまない方に、特許弁理士を目指して欲しいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

本日のノルマ達成!

今日の午前中は、図面屋さんとの打合せ。

まだ、校正が済んでいないので、トレース可能な図面だけをお願いすることに。

図面屋さん、忙しいところ来所して頂いたのに、ゴメンなさい。

午後からは顧問税理士事務所の担当者(西村さん)が来所。

先月の報告を受ける。

今年もあと数ヶ月なので、来年の確定申告時の税額が気になるところですが、敢えて聞かず。

この担当者の西村さんは、私と同じ姓だが、血縁関係はありません。

ただ、私が独立してからずっとこの税理士事務所に経理をお願いしていますが、担当者が3人も入れ替わっている。

聞くと、税理士事務所の所員は、働きながら税理士試験の勉強を継続している人が多く、仕事と両立できなくなると、事務所を辞める人が多いらしい。

このことは、ある意味、特許事務所と同じですね。

特許事務所の所員も、弁理士試験の勉強をしている人が多いので、当然ですね。

事務所の所員にとっては、人生かかっていますから。

さて、本日は、2件の明細書をクライアントに送信することができました。

とりあえず、本日のノルマは、達成です。

今日は、これから帰宅して、答案添削の仕事が入っています。

明日の朝までに仕上げるつもり。

また、別の特許案件を自宅に持ち帰り、添削が早く終了すると、引き続き、明細書の作成に着手しようと思っています。

突然の出張依頼などもありますので、

テキパキと仕事をこなしていかないと、ダメですね。

また、テキパキと仕事をこなすと、仕事のリズムも良くなり、ストレスもたまりません。

明日からもがんばります。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月 3日 (火)

出版に意欲?

今日は、昨日に引き続き、特許明細書を作成していました。

当初の計画からは遅れましたが、今日中に2件、完成できそうです。

明日、早速、クライアントに納品したいと思います。

明日も、このペースで仕事に集中したいと思います。

特許明細書の作成は、

明細書作成に与えられた時間が多いか少ないかにかかわらず、やはり集中力につきますね。

また、今日は、特許庁主催の説明会(特許の審査基準など)が新宿文化センターで行われたみたいですが、定員オーバーで出席できませんでした。

会場が事務所から比較的近いので是非出たかったのですが、非常に残念です。

これからも、特許に限らず、弁理士として実務に必要な情報を得るために積極的に出席しようと思います。

なお、発明協会関係の研修は、適宜出席しております。

また、今日も夜に、書店に行きました。

書店めぐりは、受験生時代から続いています。

いつの間にか、私の日課になっています(笑)。

書店に行くと、知財関係→経営・営業(ビジネス関連)→IT関連→英語(TOEIC、その他)→スポーツ(ラグビー)という順番に回っています。

時間の無いとき以外は、大体このルートになります。

最近、特に、

経営・営業のコーナーでは、数多くのサクセスストーリーが出版されています。

例えば、ITベンチャーで成功した人の話など、どれも、輝かしい本ばかりです。

私は、特に成功したノウハウというのは持っていませんが、失敗した経験であればかなり持ち合わせています。

また、いろいろな経験で勉強したことも、ある程度蓄積されています。

成功した人と同じ方法で事を興してもなかなかうまくいかないので、他人が失敗したことを反面教師にして勉強していけば、少なくとも同じ失敗をすることはありません。

このような発想から、私も何かビジネス関係の本を出版したくなりました。

凡人の私だからこそ、

年齢、性別、職業に関係なく、凡人が一生懸命がんばれば、どのようなことができ、どのようなことができないのかを知ることができ、多くの若者に夢やチャレンジ精神を与えることができるかもしれませんね。

これは書店を散策しながらの単なる思いつきですが、

自分の経験したことは、自分以外の人にとっても役に立てばいいのになぁ、と考えています。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年10月 2日 (月)

秋ですね…

もう10月です。

食欲の秋というように、夏と違って食欲が出てきましたが、摂取したカロリーは消費しないとブーになっちゃいますね(笑)。

以前は、土・日にジョギングをやっていましたが、引越してから適当なジョギングコースが見当たらないので、ジムに通おうかなと思っています。

それはさておき、

本日の午前中は、コスモテックさんからレーザプリンタのスペックに関する書類がきていましたので、目を通し、適当なプリンタを決めました。

また、クライアントから打ち合わせの依頼が入りました。

早速、打ち合わせ日時を検討し、連絡しました。

午後は、特にお客さんがなく、仕事に集中できました。

本日は、特許明細書の作成です。

相互に関連性がある案件なので、

今日2件、明日2件という計画をたてましたが、

なかなか予定通りには進みませんね。

焦らず、質を重視してがんばります。

今日も、これから仕事です。

PS:私のブログを見てメールを送って下さった方、ありがとうございました。

メールやコメントなどに対しては、お返事書きますので、今後ともよろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

口述模試を終えて(その2)!

今日は、LECで2回目の口述模試がありました。

私の担当科目は、前回と同様に、商標法です。

昨夜は、緊張でなかなか寝れなかったです。

受験生ではありませんが……(笑)。

今朝、6時30分に起床し、睡眠不足でしたが、そのまま試験会場に向かいました。

今日出題する問題は、団体商標+地域団体商標、です。

団体商標は、最近、口述試験で出題されていませんし、また、地域団体商標との比較も考えられますので、本試験で出る可能性があります。

また、地域団体商標は、改正されたばかりなので、口述試験に出る可能性が大だと思っています。

地域団体商標は、特に趣旨が重要です。

地域ブランドの観点(社会の要請)からの趣旨と、

従来の制度では、保護が不十分であった理由(3条1項3号、3条2項との関係)、

の2つの観点から考える必要があります。

他に、商標法7条の2各項の要件、文言解釈、理由付けを確実におさえておく必要があります。

特に、7条の団体商標と異なる点(主体的要件など)については、両者を比較して言えるようにしなければなりません。

改正本については、補足説明なども含めてインプットしておいてください。

感想ですが、やはり条文に弱い受験生が多かったです。

○条には何が規定されていますか?

という質問も考えられるので、条文ベースで勉強する必要があります。

また、改正本の内容についても、不安な受験生が散見されました。

本試験までに、絶対に、絶対に、絶対に、おさえて下さいね。

今日は、かなり疲れましたが、これから仕事があります。

今年も早いもので10月になりましたが、10月もパワー溢れる仕事ぶりを発揮しようと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »