« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月28日 (火)

論文試験における「心証点」!(その1)

弁理士試験受験生の方は、

論文試験における「心証点」!

気になりますよね。

論文試験の採点は、感情を持った人間が行う以上、

心証点に優劣がつくのは当たり前の話です。

私も、答案添削をしていて、

同じ内容が書かれている答案でも、

心証点の優劣により、点数に差を出すことはあります。

ひよこ丸さんのブログにも書かれていましたが、

私の受験時代から、論文はラブレターを書くように丁寧に書きなさい、

と言われたものでした。

この表現は、非常に抽象的であり、

いろいろな解釈の余地があります。

残念ながら、

人間の感情や趣味が多少入るため、

一義的に定義することはできないと思います。

そこで、私が答案添削で心証点を低くしている具体例を挙げてみます。

先ず、

①根拠条文に基づいて説明していない。

添削していて、条文のことを一応理解されている点は伝わりますが、

条文が一度も、あるいはほとんど挙げられていない答案は、×にしています。

弁理士試験は、条文を問う試験であるため、条文を用いて解決する必要があるからです。自分が説明している部分は、どの条文に根拠があるのかということを添削者に示す必要があります。逆に、この条文があるので、事例をこのように考えました、という感じが伝われば、私もニコニコしながら◎を付けています。

特に、論点問題や複雑な事例問題の場合に、根拠条文が抜けがちです。

多分、頭がパニックになり、自信の無さから根拠のないことを感覚で書いているのでしょう。どの条文が問われているかを気付く感覚は必要ですが、説明も根拠条文に基づく必要があります。添削者は、当然ながら受験生の頭の中を知り得ません。ならば、受験生が勉強してきた内容を、答案用紙上に客観的に示す必要があります。

この意味では、たかだか、「根拠条文」と軽視していると、痛い目にあいます。

②問われている内容が項目として挙がっていない。

当たり前ですが、問題文には問われている内容があります。

例えば、「取り得る措置を説明せよ」という問題では、取り得る措置が問われています。

この問われている内容は、答案のどこかで説明するだけでは、添削者にアピールできません。問われている措置は、項目として積極的に挙げるべきだと思います。問われている内容が項目として挙げられていれば、添削する側も、題意が把握できていると判断して、◎を付けるわけです。しかし、項目に別の内容が挙げられており、目立たない所に問われている措置が挙げられている答案の心証点は、よくありません。心証点の加点無しだけでは済まず、題意把握ミスと捉えられるかもしれません。

また、項目に条文だけを挙げるのも、あまり感心しません。やはり条文上の用語を用いて説明するべきだと思います。特104条の3のような条文番号に意味のある項目もありますが、その場合でも、特104条の3の主張(抗弁)、というように表現すべきです。この意味で、「クレーム」という表現も個人的には、×にしています。勿論、苦情の「クレーム」とは混同しませんが、条文に用いられている表現(この場合、特許請求の範囲)を使うのが原則であり、根拠にもなります。時間が限られている中、漢字で書くのは面倒ですが、試験ですので、がんばって欲しいものです。

なお、問われていない内容を挙げている場合であっても、以下の内容は特に注意です。

例えば、問題文に「訴訟上における主張」が問われていたとします。

このとき場面は、裁判所での裁判になります。

このようなときに、特許庁に対する手続き(例えば、侵害訴訟であれば、無効審判の請求)を項目として挙げると、題意把握ミスになります。無効審判を請求して、訴訟の中止の申し立てを意図していることも、薄々、解りますが、やはり×になります。このケースだと、訴訟中止申し立て(特168条)と項目に表現すべきでした。

この意味で、本試験では、何が問われているのかをよく考える必要があります。

以上の2点は、ヘビー級クラスのミスだと思います。

心証点を、神経質になる必要はありませんが、

やはり、同じ内容を書くのであれば、少しでも点数欲しいですよね。

一度、心証点のことを真剣に考えてみるのも、面白いかも知れません。

他にも、ミドル級クラスのミス、ライト級クラスのミス、がありますが、

次回にアップさせて頂きます。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006年11月27日 (月)

インフルエンザの予防接種!

11月も下旬になり、風邪が流行る季節になりました。

いますよね、電車の中でゴホン、ゴホンとしている人。

私は、毎年2回から3回くらい風邪をひくのですが、

今年は、一度も風邪をひいていません。

しかし、これは、たまたま運がいいというわけではなく、しっかりと風邪対策しているからだと思います。

先ず、手洗いとうがいを徹底させる。

これだけでも、かなり予防できます。

うがいは、イソジンなどの薬剤でする場合は勿論、水道水だけでも効果があります。

あと、今年は、虫歯の親知らずを抜いた関係で、

1日5回以上は、歯を磨いています。

去年までは、朝、昼、晩の3回でしたが、

何か口にすると、すぐに歯磨きをする習慣がつきました。

私は、病院関係的には、結構屁たれなので、

虫歯で歯の治療するのがイヤで仕方ないくらいです。

内科などの病院も同様です。

病院がダメなら徹底して予防するしかないね、

という考えから、日々、健康面や歯磨きをがんばっています。

この歯磨きは、口の中の細菌も除去するので、

風邪の予防に関係あるかもしれませんね(素人の発想ですが)。

あと、風邪の予防として、

風呂の中でがんばって汗を流しています。

滝に打たれたかのように、汗が噴き出しますが、

身体がポカポカして、免疫力が高まっているかもしれません。

いずれにしても、健康面の管理を徹底しているので、

元気印です。

いつも支えてくれる妻にも感謝です。

そして、今日、インフルエンザの予防接種をしてきました。

生まれてはじめてです。

私的には、病院は苦手で注射もイヤなのですが、

インフルエンザにかかり、妻やクライアントに迷惑をかけることはできないので、

断行しました。

医師から

あと、1回、予防注射を打つ必要があると言われました。

勿論、次回も、がんばって?、注射を打ってもらいにいきます。

いずれにしても、80歳までは脳ミソ、身体ともに健康を維持し、

バリバリ働こうと思っています。

さて、

本日の仕事ですが、

PCT出願の指定国移行手続に関する仕事と、

国内特許出願の明細書作成をしました。

前者は、本日韓国の代理人から翻訳文を提出した旨の連絡を貰いました。

また、中国代理人からも12月中に中国移行手続きを完了するようなので、

委任状作りで忙しくしていました。

なんせ、共同出願人が多いので、

各出願人の分だけ、委任状を用意する必要があります。

基本的に、委任状には弊所の方で住所・氏名などの情報を打ち込み、

あとで、各出願人に郵送して押印して貰うというスタンスです。

誤記がないように注意が必要なので、

かなり大変な作業でした。

しかし、無事に終了し、明日にでも発送できそうです。

このPCT出願の件、米国に移行手続きをとる必要があるので、

来週あたり、米国特許弁護士と打ち合わせをする予定。

あと、本日は、別のクライアントから出願依頼が入りました。

近々、弊所で打ち合わせ。

その他、本日は、図面屋との打ち合わせがありました。

◎でんちゃん英語日記

勉強内容:TOEIC英単語、基礎英文問題精構、新・基本英文700選

勉強時間:1.0h(合算)

感想:昨日のTOEIC公開試験では、リーディングで少し手応えを感じたので、

やる気がでています。

焦らず、しかし着実に勉強を継続して、英語の達人を目指したいと思っています。

がんばるぞー。

| | コメント (3) | トラックバック (5)

2006年11月26日 (日)

3回目のTOEIC公開試験

今、TOEICの公開試験から帰宅しました。

今回のTOEICの試験会場は、亜細亜大学で、

自宅から少し離れた所にあります。

行きは、電車を乗り継ぎ、帰りはバスで帰ってきました。

試験会場は、自宅から近い所を選択されているのですが、

毎回違うので、所要時間の調整が面倒くさい。

亜細亜大学は、駅から徒歩15分。

しかし、前回のように歩く方向を間違えた方向音痴の私は、

迷わずに、タクシーに乗車。

駅の南口でタクシーに乗ろうとしたところ、

タクシードライバーに亜細亜大学は北口ですよ、と言われる始末。

やっぱり、私はタクシーに乗って正解のようです(笑)。

タクシーに乗ると、

ワンメーターで試験会場に着いた。

そのお陰で、

集合時間よりも30分前に着くという、私には大変珍しいことになった。

時間に余裕があったので、

教室に入ってからは、速読速聴・英単語の英文をIPODで聴いていた。

英語耳にしたつもりなので、その成果が出るのかな?

という甘い期待を抱きながら、試験開始時間を待っていました。

何の問題もなく、試験が開始。

先ずは、リスニング問題。

結論から言うと、やはり聞き取れないものも多かった。

そんな簡単に、上達しないね。

パートⅢ、Ⅳは、いつもの狙い聞きで部分点を狙う。

そんな中でも、

パートⅡは、比較的良く出来たかもしれません。

毎日、IPODでネイティブの発音を聞いているのに、

ヒアリング試験に関しては、成果があまり出ませんでした。

ヒアリング試験の後は、リーディングの試験に入ります。

前回、リーディングの試験では、時間不足になり、

15問は、問題文を見ることなく、全てCにマークをしてきたという苦い経験があります。

今回は、時間調整を考えて、パートⅦから始めました。

リーディングは、

パートⅤ、Ⅵ、Ⅶからなり、

パートⅤ、Ⅵは、穴埋め形式の文法問題、

パートⅦは、長文問題になっています。

パートⅦで時間がかかるので、時間の余裕があるときに、

パートⅦを解答するという作戦を立てました。

結果として、この作戦は、大成功。

パートⅦの問題を全て解き終えた時点で、あと12分残っていました。

パートⅦの問題を解き終えたといっても、解らずに適当にマークした問題もありますが、

前回みたいに、問題文を見ることなくマークする、というようなことはなかったです。

そして、残りの12分で、

文法を仕上げました。

文法問題も、語形の問題なら2秒から10秒で秒殺可能ですが、

語彙の問題では意味を考える必要があるので、時間がかかります。

語彙の問題では、当然に、?、がありましたが、

時間内に全部マークすることができました。

リーディングは、

パートⅦ→Ⅴ→Ⅵの順番でトライすれば、

時間と精神的な余裕が生まれ、好結果に繋がるものと思います。

今回は、IPODの活躍で、英語の勉強が効率的になりましたが、

新・基本英文700選と速読速聴・英単語の勉強で、効果が出たのは、

意外にも、パートⅦでした。

ヒアリングの勉強でリーディング力が付くかたちになりました。

今回で、3回目のTOEIC公開試験ですが、

もっと、もっと、勉強して、

来年以降も、受験し続ける予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年11月24日 (金)

山梨への出張

11月も下旬になりました。

今夜なんか冬を感じませんか?

週末金曜日は、山梨出張でした。

弊所の顧問先のメーカーが山梨にあるので、

山梨にはよく行くのですが、

山梨、いつ行っても良い所です。

空気ウマイ、食べ物ウマイ、水ウマイ。

ウマイウマイのオンパレード。

しかも、

東京から1時間30分で到着します。

今朝は、新宿から特急「スーパーあずさ」で行きました。

山梨に入ると、姿を現したのは、

雄大な、富士山

うぁーーーーーー………。

山頂が雪で覆われており、美しくかつ立派な山でした。

まさに、日本風景の象徴です。

あまりにも綺麗だったので、携帯電話のカメラでパチリ、

としたつもりだったのですが、

保存し忘れて、データ飛んでしまいました。

このブログにアップしようと思ったのですが、マヌケな話です(笑)。

約束の時間に無事に到着して、

タクシーでクライアントの会社へ。

タクシードライバーの方も、きさくでいい人ばかりです。

東京みたいに難しい顔していません(笑)。

クライアントの会社に到着すると、

発明者と早速、ヒアリングを開始。

ここの社長は忙しく、世界中を飛び回っているので、

今日も不在かなと思っていると、

間もなくして、

社長が登場!

いつものようにお元気そうでした。

社長とご挨拶して世間話へ。

すると、

あれッ、身体締まりましたか?

と社長の一言。

やっぱり?ヤッター。(私の心の叫び)

中年太りが気になる歳なので、

嬉しかったです。

最近、ジョギングしている効果かな。

すると、

社長から

私が結婚する前よりも結婚した後の方がスリムになったと、

と言ってもらえました。

????

喜んでいいのかな?

結婚してから太ることを幸せ太りと言いますが、私はこの逆の現象。

しかし、

罰が当るほど、十分な幸せを味わっているので、

やはり、日頃のスポーツの成果のようです。

社長さんとは、いつもその辺の会話から始まります。

そして、いよいよ本題へ。

お話しを聞いていると、

今回も凄い発明をされているようでした。

質の維持(あるいは向上)と同時にコスト削減を実現できる発明なので、

強いパテントが期待できそうです。

発明ネタがいいだけに、

私の腕にかかっています。

強いパテントになるように発明を育てて行こう。

これぞ、弁理士の責務です。

途中で社長から発明者にバトンタッチされ、

ヒアリングを継続。

目の前の実物を見ながらヒアリングを進めていったので、

いろいろ突っ込んだ質問もできました。

この件は、12月に発表する件なので、

急ぎの案件になります。

顧問弁理士として、

強いパテントが取れるようにがんばります。

しかし、あの社長さんは、毎回、いい発明をされます。

着眼点がいいと言うか、発想が独特というか、

しかも、理にかなっているので申し分ありません。

あと、本日は、京都出張の予定が入りました。

12/5(火曜日)の予定です。

ありがとうございました。

一生懸命がんばります。

◎でんちゃん英語日記

勉強内容:速読速聴・英単語、新・基本英文700選、TOEIC英単語、英会話。

勉強時間:2.0h(出張・通勤の電車の中での学習)

感想:CDの内容をIPODに落として、浴びるように聴きまくっています。

そのお陰で、

語彙とヒアリングについて少し自信が付いてきました。

あと、

リーディングとライティングの勉強も並行してがんばります。

明日からも、仕事に、勉強に、全力投球でがんばります。

ひよこ丸さんには負けないぞ(笑)!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年11月23日 (木)

結婚式1周年記念!

昨日は、朝帰りの後、仮眠をとって、また仕事していました。

特許明細書の作成と答案添削(50通)くらいをこなしました。

両者ともに順調に進み、今着手の明細書は週明けくらいに納品できそうです。

また、

金曜日は、山梨にある顧問先の企業に出張が入っています。

急ぎの案件ということで、こちらも迅速処理をしなければなりません。

昨日は、仕事を早めに切り上げ、

いつもの多摩川の堤防でジョギングをしてきました。

少し軽めの4キロコースを完走。

ジョギングを始めて1ヶ月くらいになりますが、

走るときの爽快感を味わえるようになりました。

雨でジョギングができないときは、残念という気持ちが芽生えています。

お話し変わって、

先日は、私の結婚式1周年記念日でした。

去年の今日、

私達は、グアムで結婚式を挙げました。

記念日ということで、夜は、いつもタイ料理の店でお祝いしました。

久しぶりのタイ料理なので、いつも以上に美味しく感じました。

まして、記念日なので、味が格別に思えます。

帰宅後、自宅でケーキを食べながら、

結婚時のDVDを鑑賞。

なんか照れくさいなぁ。

チャペルで式を挙げたんですが、

私、蛇に睨まれた蛙のように、ガチガチになってるよ(笑)。

また、動きがロボットみたい(笑)。

DVDを見ながら、妻と2人で、

あれから1年、

早いな、

これじゃ、すぐに、おじいちゃん、おばあちゃんだね、

という会話をしていました。

私が、今も健康で仕事できているのは、妻のお陰です。

このことに、感謝して、お互いに助け合っていきたいと思います。

アッ、すいません。

ノロケ話はこの辺にしておきます(笑)。

◎でんちゃん英語日記

勉強内容:新・基本英文700選、速読速聴・英単語、TOEIC英単語

勉強時間:1.0h(合算)

感想:少ない勉強時間でしたが、集中してがんばりました。

日曜日のTOEICの公開試験は期待できませんが、頑張ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006年11月22日 (水)

久しぶりの朝帰り!

久しぶりに朝帰り。

勿論、遊びではなく、仕事ですよ(笑)。

事務所を独立したときは、当たり前のように、朝帰りしていましたが、

最近は、珍しい。

ということで、

仮眠した後、

今、朝ブログしています。

昨日は、特許明細書の追加修正、特許明細書の作成の他、

外国出願で現地代理人と打ち合わせをするための資料作り(英語バージョン)、

現地のプラクティスに合わせた明細書の修正に没頭していたため、

終電に乗れなかったのです(というか気付かずでした)。

外国出願は、現地代理人に丸投げするよりも、

明細書を現地仕様に修正した上で、依頼する方が遥かに安く上がります。

現地代理人は、作業をタイムチャージで請求してくるため、この差はかなり大きい。

現地代理人からの請求書をみれば解りますが、

例え、わずかな作業で、0.1ドルしかかからない作業でも、しっかりと請求なさいます。

日本では、「まぁー、おまけしておきます」が慣用してますが、

向こうは、そんなの通じません。

何か、事ある度に、しっかりと加算されます。

なので、外国出願費用を安く抑えるためには、

現地代理人の手間を省く必要があります。

そして、

現地代理人の手間を省くためには、

明細書を予め現地仕様にしておく必要があります。

図面も当然にこちらで用意します。

この外国事件は、近々、現地代理人と打ち合わせします。

話し変わって、

昨日は、電話による仕事の依頼が入りました。

営業せずに、向こうから仕事の依頼をしてくる人は、初めてです。

事務所の近くに店があるようで、電話帳で調べたようです。

ただ、私の専門外だったので、

その分野に詳しい別の弁理士事務所を紹介しました。

正直、惜しいという気持ちですが、

依頼人のことを考えると、

不慣れな案件を受任するよりも、賢明な対応だったと思います。

しかし、ちょっと残念!(笑)。

◎でんちゃん英語日記

勉強内容:速読速聴英単語、新・基本英文700選

勉強時間:1.0(h、通勤時間のみ)

感想:昨日は忙しく、勉強を止めようと思いましたが、

通勤時間だけ、なんとかがんばりました。

日曜日にTOEICの公開試験を控えているため、それもプレッシャーになっています。

しかし、継続は力なり。

どんなに忙しくても、がんばります。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年11月20日 (月)

無題?!

週明けの月曜日は、

朝からうっとおしい天気。

そんな月曜日、

ブログに書くほどの出来事はありませんでした。

なので、タイトルは 無題(笑)。

日曜日に急ぎの案件を終え、ほっと一息の月曜日。

月曜日から一息ついていますが、

土・日が仕事のため、

月曜日から新たにという、気持ちになりません(笑)。

急ぎの案件を終えたクライアントの担当者様から、お礼のメールを頂いた。

大変嬉しかったが、私は、代理人として当然の事をしただけです。

12月の面談もパワー全開でがんばります。

さて、

本日は、早朝から正午まで答案添削をしていました。

特許法の先使用権(79条)がポイントになっていた問題でしたが、

ほとんどの答案で事例のあてはめが今一歩。

みんな、

事例の内容を書いて79条の先使用権を有する、で終わっている。

79条を中心に問うてくる問題は、

79条の要件が大変重要なのです。

特に、79条の「実施または準備している発明の範囲」と「事業の目的の範囲」の

解釈が重要です。

この解釈を問う判例も出ていますので、基本書要チェックです。

文言解釈を示し、その文言解釈から妥当性を判断して、

事例の内容を要件にあてはめていくことに、注力して欲しいです。

この辺は、レジュメが参考になりますが、

自分なりの型を作ると、応用が利きます。

添削の後は、以前、チェック出しした特許案件の追加修正。

先の急ぎの案件で遅れ気味になっていたのが残念です。

1件は、追加修正後、納品完了。

他の案件は、明日以後、迅速に納品する予定。

また、本日、別のクライアントから12月に発表する特許案件を受任。

メールで受任して、明細書を作成するという流れ。

面談なしの案件ですが、技術に慣れてくると、これも可能です。

「あの部分のあそこを、このように」で伝わります。

こちらも迅速に処理しなければなりません。

夕方は、雨の中、図面屋さんに来所頂き、

打ち合わせ。

下図をそのまま写すというトレースではなく、

欲しい図面を口頭で説明し、描いて頂く作図でしたので、

少し時間オーバー。

優秀な図面屋さんで、

私の下手な説明でも、理解して頂けました。

このような図面屋さんとは、長くお付き合いしたいものです。

本件は、今月下旬が期限なので、来週の初めには納品する予定でいます。

今日は、こんな感じでした。

◎でんちゃん英語日記

勉強内容:速読速聴英単語、TOEIC英単語、新・基本英文700選

勉強時間:2.0h(合算)

感想:速読速聴・英単語(Z会)は、例文の中で英単語を覚えていく構成ですが、

語彙力と同時にヒアリング力も付き、重宝しています。

700選(駿台文庫)は、何周もしていますが、完全に暗記まで至りません。

しかし、英文に対する戸惑いが無くなり、前者の単語集と合わせて日課になっています。

国際派弁理士になる日を夢見て、焦らず、がんばります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

営業活動の再開

日曜日は、仕事と勉強で過ごしました。

仕事については、

急ぎの特許案件が1件だけ残っていたので、

この案件を完成させて、クライアントに納品しました。

月曜日の出願処理に向けて、

図面の清書も図面屋さんにお願いしました。

この案件で急ぎの案件は、全て終了です。

その他、

本日は、LECの答案添削の仕事が入っていました。

こちらもタイムリーに納期があるので、

迅速に処理しなければなりません。

明日からは、遊技関連の特許案件に全力を尽くします。

迅速に処理しますので、

クライアントの担当者様、もう少しお時間下さい。

また、事務所を経営している人の重要な仕事に、

営業があります。

営業は継続的に行わなければなりませんが、

最近、営業から離れていました。

所長として、大いに反省すべき点です。

年末ですが、営業もがんばりたいと思います。

基本的に人と会い、話すことは、好きな方なので、

バイタリティ溢れる営業をしていきたいと思います。

このブログを見て頂いている方で、

東京綜合の西村という者、から連絡がございましたら、

私のことです(笑)。

可能であれば、お話しをお付き合いして頂ければ幸いです。

さて、本日の英語です。

勉強内容:新・基本英文700選、速読速聴・英単語、TOEIC英単語、基礎英文問題精構

勉強時間:3.0h

感想:まとまった時間を作り、集中して勉強できました(嬉)。

あと、本日は、英文ライティングを勉強する予定。

来週の日曜日がTOEICの公開試験なので、がんばります。

明日も、仕事に勉強にがんばります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

仕事を楽しもう!

私の土曜日は、たいてい午前10時くらいから始まります。

今日も例外なく、その時間に起床。

土曜日の睡眠時間の確保で、1週間の疲れがとれますので、

私にとって、土曜日は貴重な日です。

しかし、今日は、

いつもよりも肌寒く、風邪を引かないように注意でした。

遅く起きた土曜日も当然ながら仕事です。

しかし、土曜日は、睡眠時間の確保と、自宅での仕事が許される日であるという点で、

他の曜日と異なります。

独立開業してから土・日でも、仕事をしていることが多いのですが、

仕事が楽しくて楽しくて、イヤに思うことは一度もありません。

勤務時代ならば、

弁理士試験の勉強をしていたので、

土・日は当然に試験勉強。

この感覚が当たり前で、たまに忙しくなると、

イヤイヤながら出勤していました。

しかし、どうせ、やらなければならないことです。

だったら、楽しんでやることを考えなければなりません。

自分がこの道を選び、

選んだ道を進むことができるだけでも、

幸せなことです。

このことに感謝して、

目の前の仕事を楽しむことが何よりも大切ではないかと思います。

勤務されている人と、自営されている人と、では、

この点の考え方が異なるのは当然なのですが、

たとえ、勤務されている人でも、

発想を切り替え、

目の前に置かれた仕事を楽しむべきだと思います。

きっと、参考書などには書かれていない価値あるものを、

手にすることができるはずだと思います。

仕事が忙しく、弁理士試験の勉強が出来ない日などもあると思いますが、

そのようなときでも、

目の前の仕事に全力で当り、

そして、やりとげることがその人の財産になって、

今後に生きてくると思います。

私も、勤務時代は弁理士試験に目がいきがちでしたが、

途中で、発想を変えました。

今のがんばりは、自分の5年後にモノをいってきますので、

今後も、

目の前の仕事を楽しみたいと思います。

明日の日曜日は、事務所に出る予定です。

1日、1日を大事にして、

仕事、勉強、その他のことに、精一杯がんばっていこうと思います。

明日も笑顔でがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年11月17日 (金)

終日出願作業

週末の金曜日は、

ほとんど、出願作業で終わりました。

急ぎの案件が、急遽、本日発表するということで、クライアントから「本日中に出願する」との指示を頂きました。

予定よりも、2週間ばかり早くなっていたので、

少し戸惑いましたが、

明細書は完了していたので、私的には問題ありません。

ただ、

図面が間に合うか心配でした。

弊所では、

図面下書き→明細書作成→クライアントにチェック出し→図面清書

という流れで作業しているため、

クライアントへのチェック出しから図面清書の完成まで少し時間がかかります。

昨夜にチェック出しをした案件の図面の清書が本日中に間に合うか、それだけが心配でした。

クライアントから出願指示の電話を受けた後、

間髪いれずに、

図面屋さんに連絡。

昨夜、図面屋さんに来週の火曜日までに図面の清書をFAXしてくださいとお願いしていたので、ダメかなとも思いました。

(ダメなら、別の図面屋さんにお願いする予定でした)

しかし、

なんとか、

今日中に納品できるようにする、という内容の返事が図面屋さんから返ってきました。

ありがたい。

感謝の気持ちで一杯でした。

図面屋さんにお礼を言いつつ、

夕方くらいまでに図面の清書を上げるということで、

お願いしました。

さらに、別の案件については、別の図面屋さんにお願いしているので、

その方にも早急に納品してくれるようお願いしました。

お陰さまで、

午後からは

清書が完了した図面が、どんどん上がってきて、

出願できる体制になりました。

まさに、

午後からは出願ラッシュです。

本日は、この急ぎの案件と、別のクライアントの案件を出願(あるいは明細書納品)する予定でしたので、

1日で10件以上もの特許案件を出願したことになります。

弊所の規模で、1日10件以上の出願はまれだと思いますが、

がんばりました。

そして、

その後、出願書類の発送準備まで終わらせてきました。

勿論、気がつけば、夜の状態です。

今日の予定が変わったので、

本日納品予定(ラスト1件)の特許案件の作成は、土・日にずれ込みました。

このラスト1件も、

月曜日中には、出願できるようにしておきます。

このように、週末の金曜日は、忙しい一日でしたが、

大変充実していました。

図面屋さん、所員の方、ご協力、本当にありがとうございました。

また、クライアントの担当者様、無事に出願が終わりましたので、ご安心下さい。

お話変わって、本日の英語。

勉強内容:速読速聴英単語

勉強時間:1時間弱(通勤時間のみ)

感想:あまり勉強時間がとれませんでした。

夜中に少しがんばるつもりです。

ファイト、ファイト。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ラスト1件!

本日も、朝から特許明細書の作成に没頭していました。

例の急ぎの案件が残り3件なので、追い上げムード全開です。

昨日のがんばりのお陰で、

残り3件のうち2件の明細書をクライアントに納品することができました。

これで、ラスト1件です。

できれば、今日これから着手して、

金曜日中に納品したいなぁ。

またのご依頼、心よりお待ちしています(笑)。

さて、

その後は、遊技機関連の特許案件が続いています。

こちらもパワー全開でがんばります。

ところで、

それとは別に、

弊所クライアントの遊技機を採用しているホールさんで禁煙のところを探しているのですが、なかなか見当たりません。

クライアントの遊技機を勉強するために打ちに行きたいのですが……。

何事も経験が重要ですから(笑)。

経験によりイメージや実感が持てれば、それが肥しになって明細書の味がよくなるものと考えています。

別に、喫煙のホールでもいいのですが、

煙草の煙で、眼がショボ、ショボするんですよね。

これから年末、年始に向けて、

パワー全開でがんばります。

また、本日、別のクライアントから特許案件を受任。

こちらは、12月に発表があるようなので、注意が必要。

お話し変わって、

最近、英語の勉強に力を入れています。

なかなか時間に余裕がないのですが、

時間を作ってがんばっています。

今日からは、英語の勉強内容と勉強時間を、

ブログに示していきたいと思います。

ブログにアップすることで、自分にプレッシャーを与えるためです。

本日の勉強内容  :新・基本英文700選、TOEIC英単語

本日の勉強時間  :約2時間(合算)

感想 :700選をマジで覚えようとしていますが、未だに大学受験レベルの知識を取り戻せずに悪戦苦闘。

ただ、語彙力はついてきたようです。焦らず、がんばります。   

なお、英語の勉強方法などについて、いろいろご指摘頂けると有難いです。     

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2006年11月16日 (木)

受験回数1回で合格

今日は、朝から晩まで、明細書の作成だけに没頭していました。

その甲斐あって、

急ぎの特許案件3件分のうち、

2件分を本日、完成させることができました。

図面の整えて、後日、クライアントに納品の予定。

1日2件、いいペースです。

このペース、

自作のあんちょこの他、

技術が相互に関連しており、

実施形態の一部を流用しているので、可能となる。

本当のところは、特許事務所の勤務時代に徹底的に鍛えられたからだと思いますが。

残りは1件。

1日で完成できそうなので、

迅速に作成して納品しよう。

あと、今から答案添削の仕事が入っている。

明日の午前がタイムリミットなので、こちらもがんばろう。

やっと本題ですが、

最近、合格祝賀会が広く行われています。

先日、LECで口述模擬試験の試験官をしていたとき、

受験生に、

受験回数を聞いたりしていました。

驚いたことは、1回、2回の受験回数で合格した方が

多いことです。

私の受験時代には、考えられなかったことですよ。

受験回数4回、5回は当たり前の時代でした。

そして、1回で論文試験を合格された受験生に、

口述模擬試験で質問しても、よく理解されているのです。

優秀な方、多いというのが私の印象でした。

そこで、いろいろブログサーフィンをしていて、

受験生にとってタメになるブログを見つけたので、

アップしておきます。

おすぎの弁理士への道

です。

おすぎさんは、弁理士試験を1回で最終合格された方です。

ご存知の方も多いと思いますが、

ブログの内容も充実しており、

受験生は必見だと思います。

今年、残念ながらダメだった人は、

勉強方法などを参考にされては如何でしょうか?

1年合格も可能になるかもしれませんよ。

弁理士試験は、所詮、資格試験なので、

試験自体と長く付き合う必要はありません。

できるならば、

短期で合格したいと思うのが、普通ですよね。

しかし、難関資格だけあって、

なかなか思い通りにはいかないものです。

この点からも、

実際に1回でパスされた人の勉強方法は、大変参考になります。

受験環境は当然に異なるのですが、

絶対に得るものも多いはず。

受験生の方、

短期合格者の勉強方法やアドバイスを参考にされて、

1年でも早く合格されることを祈っています。

そして、弁理士としてスタートラインに立ち、

弁理士実務の世界で、一緒にかんばりましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006年11月15日 (水)

日々是決戦!

火曜日は、午前中いっぱいまでLECの答案添削作業。

予定通り進み、納期に間に合った。

昼食後、

特許案件の明細書の作成に着手。

こちらも急ぎの案件なので、

あとから追ってくる時間に追い抜かれないように、早めの処理。

急ぎの案件は、これを含めて3件なので、今週中には完了の予定。

また、修正依頼案件もあるので、早めに仕上げなければなりません。

なんか、3種類の時間(鬼)に追いかけられている感じです。

追い抜かれないように、がんばります。

弁理士のしんどいところは、ある意味、納期厳守かもしれません。

いつも時間との闘いです。

これを克服するためには、質を落とすことなく、1件当りの処理速度を上げる必要があります。場数を踏むしかありません。

特許明細書の作成について書かれている本が巷に出回っていますが、

基本的事項を勉強すれば、あとは実際に特許案件の明細書を書きながら覚えていくのがベストです。

実践で覚えていくと、効果的です。

この作業の上達度はあとで差が出てくるものなので、新人の方にとっては最初のトレーニング期間が最も重要な時期です。

かつて弁理士試験を勉強したように、必死で師匠の話しを聞き、ノートをとって覚えてください。

この積み重ねがやがてその人の実力となり、

弁理士としての価値を生むことにつながります。

弁理士を志した以上は、覚悟されていると思いますが、

資格取得後も勉強の連続です。

理系出身・文系出身なんか、そんな表面的なことはどうでもいい。

いかに努力を継続して高い実力をつけるか、

これだけが後で、モノをいいます。

また、

このことを忘れなければ、

弁理士が何人になろうが、絶対に生き残れます。

私も、このことを意識して、日々是決戦の状態を過ごしています。

また、

他に、英語の勉強と、米国特許法の勉強を始めています。

日々忙しくしていると、

時間に余裕が無くなりますが、

時間は自分が作るものです。

トイレの時間(笑)、電車に乗っている時間、風呂に入っている時間、など、

ちょっとした細切れ時間を合算すると、

かなりの時間を作れます。

日々是決戦を常に意識して、

時間をうまく使いたいですね。

まさに、

時間を制するものは、成功を制す、

なのです。

お互い、がんばりましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

週明け5連発!

只今、帰宅。

週明けの月曜日は、5件分の特許案件をクライアントに納品してきました。

明細書は、先週から進めていたのですが、図面の校正に時間がかかりました。

クライアントからは設計図面に近いものを頂いているのですが、

これをそのまま特許図面にするのではなく、

発明に関係のない不要な部分は、簡略化しなければなりません。

図面は図面屋さんにお願いしていますが、

この点について説明するのを忘れていました。

なので、図面屋さんから納品されてきた図面を大幅修正。

この作業、

結構、時間かかるんですよ。

この作業を5件分行い、

なんとか、

月曜日中に5件を納品することができました。

予定より遅れていますが、月曜日中に納品が完了したので、良し、としよう。

クライアントの担当者様、チェックよろしくお願い致します。

あと、急ぎの案件が3件分、残っているのでがんばります。

その他、別のクライアントからの修正依頼がきていますので、

これも迅速に処理しなければなりません。

その前に、今からは、LECの答案添削(明日納期)の作業があります。

この作業は、

明日の午後1時までに仕上げないとだめな仕事です。

このように書くと、いろいろ忙しく見えるのですが、

私的には、全然大したことありませんよ(笑)。

忙しくしている方が好きなので、

明日もバリバリ、がんばります。

ファイト。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

土・日の仕事!

土・日は、仕事してました。

特に土曜日は天気が悪く、気温も低いので、外出する意欲はなく、仕事日和でした。

このようなときは、ジョギングも一休み。

仕事は、急ぎの特許明細書の作成と、LECの添削をしていました。

結果として、

明細書は、先週1週間で5件仕上げることができました。

図面校正のチェック、誤記などをチェックをした後、

順番にクライアントに納品していこうと思います。

どうやら、納期には十分に間に合いそうです。

あと、急ぎの特許案件が3件残っていますので、今週中に完成させないと。

特許案件を複数件、受任した場合でも、相互に技術が関連している場合には、

相互に関連性のない技術を対象とした特許案件と比較して、

迅速に仕上げることが可能になります。

この違い、かなり大きいです。

今回の急ぎの案件も相互に関連していたので、

その意味で、ラッキーでした。

また、明細書作成の合間の時間を使って、LECの答案添削をしました。

今回の添削は典型的な問題が多かったので、

出来は良かったです。

ただ、商標法において拒絶理由通知の対応が問われている問題で、

相手の商標権が邪魔になる場合にとり得る措置は、

項目が重要になりますので、

全ての項目を暗記してください。

項目さえ出れば、

それだけで加点になります。

あとは、

条文の説明と事例のあてはめが良好であればOKです。

1月から答練が本格的にスタートしますが、

余力があれば年内から書き込みされると、いいスタートがきれます。

時間とお金に余裕がある受験生は、絶対にオススメ。

その一方で、

日曜日は、天気が良く、風が強い日でした。

当然ながら、風が止む夕方前からジョギング開始です。

今日は4キロコース。

少しペースを上げて、走りました。

最初は寒いと感じましたが、走り始めると、

体温が上昇するので、Tシャツ1枚の状態です。

あとで体重計にのると、

最近のジョギングで

体重が1㎏から2㎏だけ減少していました。

体脂肪率も減っていたので、気分最高です(笑)。

ジョギングは、

高い月謝を払ってジムに通うよりも、安くあがります。

ただ、

ジョギング後は、風邪をひかないように注意が必要。

その後、自宅に戻り、

仕事の続きを開始。

ジョギングでリフレッシュした頭で仕事をすると、かなりはかどります。

マッハのスピードで打ち込む、私のかな入力も手伝って、

明細書を次々に完成させていきました。

あとは、これから少し、英語のお勉強。

先日、

ひよこ丸さんから紹介して頂いた英単語の教材(速読速聴・英単語)を購入したので、

この本を勉強していこうと思います。

明日も、仕事に、勉強に、がんばります。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年11月12日 (日)

転職は慎重に!

弁理士試験の最終合格発表が終わると、

合格者の方は、

弁理士会に必要な手続きをすることで、

晴れて弁理士になることができます。

そして、あの迫力のある金バッジが送られてきます。

金バッジの裏には、自分の登録番号が印字されています。

私も、金バッジには憧れた人間ですので、大変嬉しかったことを覚えています。

ただ、目立ち過ぎるので、特許庁や裁判所に出向くとき以外は、

タンスのこやしの状態。

弁理士になったときの大きな傾向として、

毎年といっていいほど、転職があります。

合格祝賀会に参加する弁理士は、

新人弁理士を求めている人も多いのです。

この点については、合格祝賀会に参加して同期の弁理士と交流を図るとともに、

先輩弁理士といろいろな話をしておくと、この業界のイメージが掴み易くなります。

私も含めて、会社又は特許事務所に勤務していて、弁理士合格後は特許事務所又は別の特許事務所に転職される人がいますが、

転職は慎重に行いたいものです。

会社から事務所に移られる理由として、

弁理士実務を積むという人、

組織に縛られるのがイヤだと言う人もいれば、

事務所での給与を期待される人、

など様々です。

しかしです。

事務所は、100%実力の世界です。

なので、自分が売り上げに貢献できなければ、

給与が下がることがあるかも知れません。

また、事務所の規模は会社と比較して狭いので、

居ずらくなるかも知れません。

そして何よりも、会社勤務の人は、今までは特許事務所に対する関係ではお客様でした。

しかし、事務所側に移ると、企業がお客様になりますので、

立場が180度、変わるわけです。

この点を理解されずに、事に当られると、サービスの質の面でも問題が生じてきます。

勿論、

特許事務所でバリバリ働いている弁理士もおられるので、

事務所がダメだとは言っていませんが、

転職は慎重に

ということだけは絶対に真実です。

これらの点を慎重に考えられて、

結論を出されるのがいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年11月11日 (土)

己に厳しく!

なんかがんこ親父みたいなタイトルでイヤなんですけど(笑)、

昨日金曜日は、久々に定時であがりました。

最近、ジョギングしていないので、

帰宅後、いつもの河川敷でジョギングするためです。

先週は、温泉行ったので、走れずじまいでした。

私のこと、ズルズルいくと、三日坊主になる可能性大なので、自己に厳しく。

勿論、仕事も順調に仕上げていますので、

急ぎの案件は、来週の週明けにとりあえず4~5件まとめて納品する予定(図面の校正が遅れており、今週の納品は無理でした)。

クライアントの方、心配無用です。

さて、

そのジョギングですが、

5キロのコースを完走。

途中で、私の親父くらいの歳の人が私を猛スピードで抜き去っていきました。

すげぇーー。

やはりトレーニングを継続していると、年を重ねてからも、元気だね。

私には、大きな目標があるので、

80歳までは現役バリバリで仕事しようと思っています。

そのためには、健康面に注意が必要。

健康であれば仕事も頑張れるので、

健康管理も仕事のうちなのです。

そういえば、今年は風邪ひいていません。

これも、

普段の節制の結果ですね。

食生活をサポートしてくれている妻にも感謝。

また、

今後も、ジョギングがんばります。

そして、仕事以外でもう一つ、

英語の勉強です。

最近は英語の本にCDが付いているので、

これをMDメディアに録音してMDプレーヤーで通勤途中に聞いていました。

しかし、長い録音になると、1枚のMDメディアでは足りず、

2枚にわけることもあったのです。

この場合には、1つのMDが終わると、

満員電車の中で、

ガチャガチャ、MDを交換して、再度聞くという作業をしていましたが、

これがなんとも不便極まりない。

そのような事情もあり、

昨日は、

iPod nano(4ギガ)を購入しました。

今更ながらですが、

妻が昨年に、iPod miniを購入しており、

気になっていました。

同じようなものを購入しようと思い、

店に向かったのですが、

なんと、

iPod miniは無く、

替りに、

iPod nanoになっていました。

びっくりは、そのサイズ。

容量は同じなのですが、サイズがかなり小さく、

握れば隠れるほどの大きさ。

おまけに軽い。

こういうところにも、技術の進歩が現れています。

職業がら、どのような手段でコンパクトにできたのかが知りたくて、店の人に聞いたのですが、答えは返ってきませんでした。

当然に特許出願しているのだろう。また、デザインも良く、意匠も出しているのでしょう。

店から自宅に戻ると、

家のPCに接続して、英語のCDをインポートしました。

結構、時間がかかりました。

この辺は、もう少し改良の余地がありそうですね。

早速、録音したCDを聞いてみると、

音も良く大満足。

私の小学校のころ、ダブルカセットのラジカセが流行りましたが、

本当に、技術の進歩を実感します。

このiPodだと、参考書数十冊分のCDを録音できそうなので、

通勤電車の中でも、不便がなくなります。

これで、勉強の効率もアップして、

英語力もつくのかな…。

ハード面の条件を揃えたので、

あとは、私の頑張りだけです。

仕事も然り、

勉強も然り、

スポーツも然り。

これからも、己に厳しく、何事にも頑張っていこうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年11月10日 (金)

口述試験アドバイスと合格祝賀会

先日、弁理士口述試験の合格発表がありました。

ご承知の通り、

今年は、70人の方が涙を呑むという厳しい結果になりました。

頭で解っているけど、うまく言えなかった人、

そもそも質問の内容がわからなかった人、

いろいろだと思います。

私はLECで口述模擬試験を担当していたので、

今更ですが、その感想を書いておきます。

先ず、条文に基づいた回答、青本などに書かれているキーワードがない回答は、

心証×です。

これが不十分の受験生は、かなりおられました。

試験官側は、条文の文言やキーワードを望んでおり、これが出ないと先に進めることはできません。

またこれは、その問題に対する助け舟を出す時間や条文参照の時間がかさみ、

全ての問題が終わらないという最悪の結果を招く原因にもなっています。

本試験でいうと、既にブザーが3回という感じです。

論文本試験が終了してから、

弁理士試験の勉強から離れたくなる気持ちは解りますが、

そこは力を振り絞って、

口述の勉強開始時期を早める必要がありそうです。

論文本試験合格者のうち、

昨年口述不合格組みを考慮すると、

1割以上も落ちる試験なので、

非常にコワイ試験になりました。

早め、早めの対策が絶対に必要。

また、

口述模擬試験で助け舟を出そうとしているのに、

自ら会話のキャッチボールをしようとしない、ギブアップするという信じ難い受験生もおられました。

勉強不足でも、絶対に諦めてはダメなのです。

諦めれば、その時点で内容面が×。

おまけに、形式面も×になる可能性があります。

私がLECで担当していた口述模擬試験では、

この受験生には、遠慮なく、Cをつけていました。

自信がない問題を聞かれると、

逃げたい気持ちはわかりますが、

とことん、今持っている知識を振り絞って粘ってください。

そして、助け舟が出ると、迷わず乗ってください。

この点は、論文試験も同じで、敵前逃亡は重罪です。

以上、口述試験のアドバイスでしたが、

来年の試験に参考にして頂ければ幸いです。

そして、

口述試験に合格すると、

弁理士会の各会派で、合格祝賀会が実施されます。

昔は、LECでも実施されていました。

私のとき(平成13年)は、政治家であり弁理士の菅直人氏が来賓として来られていました。しっかり、握手して、記念写真をとってきましたよ(笑)。

合格者の方は、祝賀会には積極的に出席するようにしてください。

なぜか?

無料で飲み食いできるというケチな話しではありません(笑)。

当然に、当然に、人脈作りです。

私も、祝賀会で知り合った同期の弁理士仲間とは今も情報などを共有したりしています。

最初は、酒の席で知り合うことになりますが、

同期の弁理士とは、

一生の仲間になることが多いようです。

仲間意識も出来ますので、

この業界で仕事をしていく際にも、お互い助け合うことができるのです。

私は、比較的若い時期に独立しました。

この業界に入って6年目でしたが、

そのときも同期の弁理士が私よりも少し早く独立され、

いろいろな体験話を聞かせて頂くことができました。

独立や経営のノウハウだけでなく、

弁理士実務の相談にものって頂いています。

本当に感謝しています。

事業を始めるという意味では素人なので、

そのときの役所に出す手続きにも四苦八苦の状態でした。

また、

特許明細書を書くだけなら、一人前の弁理士であれば自己完結型の仕事になりますが、外国出願や商標・意匠など、あまり経験していないことに関しても助けて頂きました。

お互いに情報を共有することが成功するための1つの条件になると考えていますので、

いつでも気軽に相談できる仲間を作ることは、最優先課題です。

合格祝賀会に出席したときは、学校の入学式と同じ気分で、仲間作りに励まれることを強くおすすめします。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006年11月 9日 (木)

時間は作るもの!

先週、打ち合わせした特許案件が急ぎの案件ということで、

今週中に、4件の特許案件を仕上げる予定。

今のところ、順調に進んでいます。

今月末、出願期限なので、緊急案件ではないのですが、

当然ながら、次の土日も仕事にあて、来週中に全て完成させるつもりでいます。

どの業界でも、早め、早めの仕事は、鉄則ですよね。

持ち前のパワーと、ど根性で、がんばります。

ところで、最近、英語の勉強がご無沙汰です。

先月までは、土曜日に英語学校に通っていましたが、

タームが終了し、今は完全に自習の状態。

行き帰りの電車の中と、自宅の僅かな時間を使って勉強している程度です。

最近は、新・基本英文700選、英単語、イディオム関係を中心に勉強しています。

前者は、大学受験のときに使っていましたが、

私が惚れこんだ英語の参考書です。

CD付きのリニューアルされたものを購入し、使っています。

あぁぁ、懐かしいーーーー。

先日、本屋に寄ったときには、英文標準問題精構という、これまた懐かしい本を見つけ、この本も購入してきました。

この本も大学受験時代に使っていましたが、英文が良いので、再購入しました。

電車の時間や出張のときの細切れ時間を使って、英文を読んでいこうと思います。

私は、巷に出回っている、

わずか○○ヶ月でネイティブ並みの英語力が……、

などをキャッチフレーズにした勉強方法には、興味がもてないようです。

表面的な技術、小手先の技術を身につけるのであれば、

考えますが、

そもそも英語力を上達させるために、王道はないと思っています。

日々コツコツと勉強を長期間継続させて、やっと本物の英語力が身につくと思っていますので、

やはり参考書や海外の英語本を購入して、勉強することになります。

今月末に、米国特許弁護士と打ち合わせを予定していますが、

通訳無しで臨もうと思っています。

幸い、ヒアリング力には自信が付いてきたので、

私が伝えたい内容を英訳した書類を予め用意しておき、

この書類をもとに、英語でがんばってきます。

しかし、もう少し1日の中で英語の勉強に割く時間を増やす必要がありそうです。

日々、弁理士実務で忙しくさせて頂いていますが、

当然ながら、

時間は自分で作るものです。

1日に与えられた24時間のうち、2時間から3時間は、英語と遊んでいられるようにしたい。

日々、仕事と勉強で充実した時間を過ごせるように、

これからも、がんばり通します。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年11月 8日 (水)

連休明けの忙しい日々

仕事の合間に朝ブログです。

ゆっくりした連休中と異なり、週明けから忙しい日々を過ごしています。

休むときは休むことに集中し(仕事を考えない)、仕事中は勿論仕事に集中。

このお陰で、遊びも仕事もかなり集中できます。

この点は、勉強も同じですね。

先日、弁理士口述試験の合格発表がありましたが、合格者数で大騒ぎの状態です。

1割落ちていましたね。

こわーーーーーーーー。

合格者の方、本当におめでとうございます。

残念だった方は、ショックを受けられているとお察ししますが、

来年の口述試験のために、同士でゼミなどを作り、

勉強に励んでください。

どうせなら、試験官を驚かせるくらいの知識、流暢さ、会話能力を身につけ、

試験官に見せつけてやりましょう。

がんばってください。

なお、弊所のクライアント関係の受験生は、合格されていました。

お見事です。

その方は、メーカー勤務も比較的長く、実務力にも長けた方なので、

弁理士という資格が生きてくると思います。

なんでもそうだと思いますが、この業界も、例外ではなく、

資格と実務とが自動車の両輪のような関係になっており、

一方が欠けると、前に進まなくなります。

合格者の方は、受験勉強からは解放されたと思いますが、

今後は一層実務に励まれることをおススメします。

さて、月曜日と火曜日は、先週、受任した急ぎの案件を処理していました。

かなり頑張ったので、

すでに2件は、完了していますが、

図面の校正が未だであり、クライアントに納品できていません。

今週末から順番に納品していく予定。

弁理士実務は、ただ出来たというだけでなく、

1件1件の質を落とさず、しかも迅速な処理能力が必要になります。

この点は、勤務しているときも、自分が経営して全ての責任を負っているときも、同じ。

ただ、当然ながら、後者の方が、重く圧し掛かってきます。

私は経営している側なので、

弁理士実務をたんたんとこなしていくだけではなく、

営業面などの勉強や実践をこなしていますが、

質のいい明細書を迅速に処理するということが、クライアントに対して最大の営業になるのは間違いないですね。

新たな顧客開拓も重要ですが、

現在取引して頂いているクライアントに満足してもらえることの方が、

営業面から考えても、

より難しく、かつより重要だと思います。

私が独立する際に、

松下幸之助さんの本を買いまくり、片っ端から読みまくりました。

お客様へのサービス

商売の原点について書かれており、

今でも座右の書になっています。

幸之助さんの本は、

ある意味、

いろいろな倫理研修よりもタメになるのではないでしょうか?

私も、クライアントに対して、明細書という無愛想な書類に、笑顔と満足を添えられるように、日々、精進したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

弁理士口述試験発表!

口述試験の結果が特許庁から発表されました。

635人の合格者の方、おめでとうございます。

これからは、合格祝賀会が連続しますので、

今のうちに肝臓を休ませておいてください(笑)。

しかし、約70人も落ちているとは、怖い試験ですね。

なめていると、痛い目にあいますので、

日頃から条文と青本をベースにした勉強が何よりも必要だと思います。

合格者の方はお見事でした。

残念だった方、思いっきり泣いてください。

そして、その思い、必ずや来年果たしてください。

応援しています。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

伊東温泉最終日(3日目)

仕事の合間に、朝ブログしています。

伊東温泉最終日(日曜日)も朝から晴れ渡り、3日間で一番気温の高い日となりました。

本日の予定は、伊東駅近くにあるマリンタウンとみかん狩りです。

最終日も、当然のように朝食と朝風呂を楽しみ、その後、チェックアウト。

チェックアウト後は、マリンタウンに直行。

伊東の景色を楽しみながら、マリンタウンまでは徒歩でがんばることに。

途中、海岸線をウォーキングしましたが、

この道、バイクで走ってみたくなりました。

私の学生時代は、常にバイクとともにありました。

バイク免許は、

昔でいう中型二輪(中免)しか持っていませんが、

バイトで貯めたお金で、

アメリカンバイクを購入し、上野のバイクショップで売られている改造パーツに付け替えて、かなり凝っていました。

大学は千葉にありましたが、バイクで滋賀県に帰ったこともあります。

伊東の海岸線は、そのような記憶を思い出させてくれるほど爽快感がありました。

マリンタウンまで徒歩40分くらい。

ようやく到着し、

クルージングを予約しました。

ここのクルージングは、

パワーボートで疾走するタイプと、

船底から海中を見ることができる擬似潜水艦タイプの

2つの船が用意されています。

当日は、波が高く、後者だと停船しているときに揺れがあり、

妻が船酔いすることもあるので、

前者のタイプにしました。

海中の魚を見るのも素晴らしいですが、

ハイスピードで海原の風をきることも最高です。

そして、乗船の前に記念写真をパチリ。

061105112006_11050101

小型船舶1級の海技免状で操船できそうな船でしたが、

馬力が強く、期待を裏切りませんでした。

海上は波が高く、かなりの揺れがありましたが、

デッキに出ると、潮風が爽やかで、気分爽快でした。

中には、船酔いされているお客さんがいましたが、

スピードが出ているほど、船酔いし難いのですよ。

船で無人島やリゾートになっている島の近くまで行きました。

やはり、いいっすね。

海は。

またまた、昔の懐かしい記憶の中に迷い込む。

約1時間足らずのクルージングでしたが、

大満足でした。

その後、

マリンタウン内を散策。

ヨットハーバーがあったので、駆け寄り、

記念写真。

061105142006_11050149

061105142006_11050151_1

これこそ、私の好きな、外洋クルーザーです。

また、乗ってみたいなーーー。

マリンタウン内は、レストランやお土産屋さんでいっぱいでした。

のぞきこんだ海には、熱帯魚らしき派手な色をした魚もいます。

海水の透明度も高く、きれいな海でした。

このように、

マリンタウンでは、十分に楽しむことができました。

次は、みかん狩りです。

静岡といえば、お茶とみかんが特に有名。

マリンタウンからみかん狩りの農園に直行。

現場に着くと、かなりの急斜面にたくさんのみかんの木が植わっています。

061105142006_11050154

早速、入園手続きをとり、袋とはさみをお借りしました。

袋に好きなだけみかんを入れていいというので、

妻と二人で、急斜面を駆け上がり、

がんばって袋に詰めてきました。

かなり高いところまで上がり、子供のように夢中になっていました。

私は、精神年齢が低いので、すぐに子供に戻れるんですよ(笑)。

みかんは、早生みかんといって、早熟みかんです。

試食すると、冬に食べるみかんよりも甘さはないのですが、

新鮮さが溢れています。

この点は、みかんも人間と同じようようです(笑)。

試食もOKというので、

お腹いっぱいになるまで、食べてきました。

明日、体中が黄色になっていたらどうしょう(笑)。

みかんがりを楽しむと、

午後5時近くになっていました。

その後、みかん山を降り、駅に向かいました。

伊東の3日間は、すごく楽しむことができました。

天気よし、空気よし、食べ物よし、温泉よし。

大満足でした。

海外旅行も好きだけど、

日本もいいところ、まだまだいっぱいありますね。

完。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006年11月 6日 (月)

伊東温泉2日目

伊東温泉2日目。

2日目の土曜日は、朝から晴れ渡り、気分爽快な日でした。

旅館で朝食をとったあと、

朝の露天風呂に直行。

青空の下、

朝の露天風呂は最高でした。

寝癖のついた髪の毛を整えるために、頭を洗う。

これで、外出の準備完了。

入浴後は、しばらく散歩し、シャボテン公園に直行。

到着する前は、

シャボテン公園(サボテン公園ではない)は、サボテンだらけと思っていたが、

到着すると、サボテンは意外に少ない。

そのかわり、動物だらけの状態。

ちょっとした動物園でした。

園内をはしゃいで歩き回り、

出会う動物をパシャ、パシャ、と次々にデジカメでとる。

061104122006_11050034

061104122006_11050041

061104122006_11050044

061104132006_11050047_1

061104132006_11050049_1

面白おかしく、可愛い動物ばかりでした。

特に、チンパンジーの発表会が一番の人気でした。

061104142006_11050081

このように、

園内を歩き回ると、

時間がすぐに経ちました。

そして、一つのハプニングが………。

ふと、私の靴の裏を見ると、

なんと、

なんと、

犬の糞が付いていました。

ゲぇーーーーー。

大ショックです。

園内はペットも入れるので、

どこかの犬が用を足したのだと思いますが、

飼い主さん、掃除しておけよ。

と心の叫び。

ペットに罪はありませんが、

飼い主のマナーですよ。

仕方なく、トイレで靴洗い。

その後も犬の糞に注意しながら園内を散策。

午後4時に閉園になるので、時間ぎりぎりまで楽しみました。

閉園時間になると、

伊東駅に戻り、商店街を散策。

なんか、懐かしい空気でした。

ちょうど、子供の頃に遊びに行った京都の新・京極を小さくした感じの商店街。

温泉まんじゅうをほおばりながら、

1つ1つの店を入念にチェック。

そして、

町並みなども楽しみながら旅館に戻りました。

最近、

日が落ちるの早くなりましたね。

旅館に戻ると、

やはりお風呂です。

汗もかいていたので、

露天風呂に直行。

体がぽかぽかになるまで湯に浸かり、

極楽気分を味わいました。

風呂の後は、

楽しみの夕ご飯。

いつものように、デジカメ持参で食堂へ。

料理を前に、パシャ。

061104182006_11050097

昨夜の炭火焼とは異なり、刺身のオンパレード。

当然に、美味しくいただきました。

その後は、部屋に戻り、女子バレーの観戦。

日本勝利で気分良くなった状態で、またまたお風呂。

このように、

伊東温泉2日目も、充実の1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年11月 5日 (日)

伊東温泉1日目

連休は、伊東温泉に出かけてきました。

私、温泉大好きなんです。

我が家の恒例になっています。

というわけで、

連休初日の金曜日は、

静岡県の伊東温泉に出発。

この日は、

午前中、自宅で仕事をしていて、

午後から出発しました。

しかし、

新宿から特急踊り子号を予約しようとすると、

満席状態。

仕方なく、東京に出て、新幹線で行きました。

新幹線の「こだま」で熱海駅まで出て、そこから伊東線に乗り換えなければなりません。

新幹線もかなり混んでいる状態でしたが、なんとか席をキープできました。

やはり、

連休は、他の人も出かけるんだ。

東京駅でチキン弁当を購入して、

新幹線に乗車。

私、チキン弁当、大好物なんですよ。

このときは、いつも

妻から、安あがりと言われます(笑)。

新幹線が出発して、すぐにランチタイム。

仕事と違い、緊張感がなく、心地よい状態。

止まる駅ごとに、「のぞみ」に追い抜かれますが、

1時間足らずで、熱海駅に到着。

と、そのとき、

妻が芸能人を発見。

なんと、

私らと同じ車両に、

梅宮辰夫さん、梅宮アンナさん、そして、そのお子さん

が乗車されていました。

そして、私は、席の2つ後ろに、

柔道の井上康生選手を発見。

井上選手は、私と目が合いましたが、

読書に夢中のようでした。

梅宮さんらは、私らと同じ熱海駅で下車されました。

私の後を、梅宮さんらがついてくるかたちで、

熱海駅の改札口まで歩いてきました。

私が、伊東線の電車に乗り換えるために、

立ち止まっていると、

梅宮さんらが私の前を通過。

辰夫さん、釣りにでも行くのかな?

と思いながら、お顔をチラッと拝見。

テレビで見るよりも、色黒でシャープな顔立ちです。

まさしく、海の男のようです。

そのような嬉しい波乱もあり、

熱海駅で伊東線の電車に乗車し、伊東駅に向かいました。

伊東駅に着くと、いきなり海が見え、空気もうまく、気分爽快。

いい場所やなーーー。

と二人で感心しながら、

海岸線を歩くことに。

そして、記念写真をパチリ。

061103152006_11050004

061103152006_11050009

旅館に向かう前に、

ウォーキングタイムです。

毎週土日は、ジョギングしていますが、

この日は、ひたすら歩きです。

景色の良さも手伝って、砂浜上をかなり長い距離、歩くことができました。

何度も書きますが、

伊東って本当にいいところです。

5キロほど歩き回った後、

旅館に向かいました。

この旅館は、源泉かけ流しの露天風呂と海鮮料理をうりにしています。

夕食まで、少し時間があったので、

先にお風呂に入りました。

露天風呂は、最高でした。

特に、湯温が比較的低く、

ぬるま湯好きの私には、ぴったりの風呂でした。

約30分くらい浸かって、汗ビッショリ。

これが気持ちいいんですよ。

風呂の次は、夕食です。

海鮮料理が得意ということで、

この日は、海鮮炭火焼でした。

また、ここで、記念写真をパチリ。

061103182006_11050023

伊勢海老、アワビ、ホタテ、アジなどの海鮮物を

炭火で焼いた贅沢な料理でした。

伊勢海老は、あまり食べる機会がないのですが、

私の大好物です。

焼いたときの香ばしい匂いが美味さを余計に引き立てます。

大、大、大満足の料理でした。

伊東温泉1日目は、移動日ということもあって、

このように終わりました。

旅の無事と美味しい料理に感謝。

なお、夕食後、

当然ながら、露天風呂へ直行。

温泉に行くと、日に何度もお風呂の状態。

そして、

明日の2日目に備えて、早めに就寝しました。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年11月 3日 (金)

週末?の木曜日

明日から3連休。

いくつになっても、

気分はわくわく。

連休があろうがなかろうが、

やるべき仕事は同じなんですが。

ということで、

今週もアッという間に週末?。

ほんま、早いどす。

特に、今週は2日にわたる出張があったので、

余計にそう思うのかな。

出張後の木曜日も、朝いちから忙しかった。

午前9時30分に、

中国代理人が来所の予定でした。

いつもは、午前10時30分くらいに出所するのだが、

この日は、朝早くに事務所に出て、資料をまとめていた。

ところが、約束の午前9時30分になっても、

中国代理人が来ません。

あれっ、

と思っていると、電話がプルルルルルルー。

中国の代理人からで

渋滞で遅れるそうです。

なんや、車できてるんや。

と半分疑問に思いながら、待っていた。

弊所は、新宿御苑の近くに位置しているので、

電車の方がはるかに速いのに。

私の頭の中は、

??????………、

の状態。

駐車場どないすんのかな?

と心配していたら、

再度、電話が鳴り、

いま近くまで来ているのだが、

事務所の場所がわからないといっている。

ほんま、難儀やな。

電話で場所を教え、

30分遅れで、

ようやく事務所に到着された。

初めて会う人なのですが、

はなっから、印象×でした。

私、時間に厳しいんですよ。特に、仕事には。

まぁ、交通渋滞は仕方がないのですが、

こちらも、今日中にやるべき仕事があるわけで、

予定が狂ってきます。

時間厳守は鉄則ですよーーーーーー、

と声を大にして言いたかったが、

なんとか堪えました。

その後、早速、仕事の話へ。

PCT出願した件で、中国移行手続をお願いする案件。

ただ、PCT出願の内部を一部削除した原稿を作成し、これに基づいて翻訳文を提出したいとお願いする。

ここが、本件をややこしくしている。

いろいろ事情があるのだが、説明すると理解して頂けた。

そして、

中国語への翻訳に対して、以前に台湾特許庁に提出した中国語の翻訳文を参考として渡すと、

翻訳手数料を半額近く割り引いてくれるという。

超ラッキー。

クライアントにも喜んでもらえるかな。

移行手続きに必要な書類一式を手渡し、

打ち合わせは、無事終了。

時間は、すでにお昼前になっていた。

その後、韓国移行手続きについて韓国代理人に依頼するため、

書類をまとめる。

そして、

事務員に韓国へのエアーメールをお願いする。

なんと、これが、

私が生まれて初めてのエアーメールでした。

あと、米国移行手続きのため、米国特許弁護士との打ち合わせが残っている。

この件については、後日、取引のある米国渉外事務所にアポをとる予定。

このようにしてPCT出願関連の仕事を片付けた後、

先日提出した中間処理の原稿に対して、クライアントから確認の電話が入る。

形式的な所の修正と請求項の文言を一部変更したいとの申し出があった。

ご尤もだったので、原稿を修正し、再度クライアントに送信。

クライアントからはこの内容で提出してとのこと。

その他の事務所の雑務をこなしていると、

早くも夕方になる。

午後6時からは図面屋さんと打ち合わせが入っている。

出張で受任した案件の図面をまとめてお願いするためだ。

本件は急ぎの案件。

この図面屋さんは、約束時間前に来てくれたので、私の気分も最高によい。

やはり、こうでなければダメですよ。

気分良く、打ち合わせが進み、複数件の図面をお願いできた。

急ぎの案件である旨を伝えると、納期を早くしてくれるので、大変助かっている。

感謝です。

図面屋さんとの打ち合わせが終了すると、午後8時近くになっていた。

その後、来週の月曜日に出願予定の原稿を再度チェックする。

誤記のチェックも含めて。

さらに、事務所の雑務をこなしていると、

お腹がグーーーーー。

腹へった。

と思えば、

既に、午後9時30分をまわっていた。

こうして、忙しかった週末?木曜日の事務所の営業も終了した。

今週も、

大変充実していて感謝なのですが、

なんだか、疲れたな。

ということで、

明日からの連休を利用して、

妻とともに、

心と体をリフレッシュしに行く予定。

内容は後日ブログにアップします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

アッという間の2日間

只今、帰宅。

2日間にわたる出張も無事終了。

少し疲れましたが、充実した日を過ごすことができました。

クライアントの担当者の皆様、ありがとうございました。

昨夜は、名古屋で一泊。

名古屋駅近くの普通のビジネスホテルでしたが、

各部屋にてインターネットを使用することができ、

また、ベッドのサイズも比較的大きかったので、

快適でした。

昨夜は、ホテルにて女子バレーの日本対台湾の試合をみながら、部屋で一人燃えていました。

バレーは残念な結果でしたが、悔しい想いを次に繋げて欲しいですね。

その後、中間処理の仕事を開始。

補正案を必死こいて検討。

引用例が的確なので、時間かかりました。

深夜0時ころに、ようやく糸口を見つけ、

補正案を作成しました。

次いで、意見書案を作成しようと思いましたが、

前日の睡眠不足も重なり眠かったので、そのままベッドに横になると、

朝でした。

まさに、気がつけば朝、という状態。

疲れていたので、

たぶん、でかいイビキをかいていたと思う。

ただ、一人で泊まっていたので、妻に怒られず、ラッキーだった(笑)。

朝8時30分に起床して、

先日コンビニで買っていたパンをかじりながら、意見書案の作成に着手。

論理の展開は、昨夜中に考えていたので、

余計な説明をしないように、慎重に書き進める。

見直しも含めて、

約2時間くらいかかりました。

その後、反論のポイントについて詳細にコメントした書面を作成。

そして、

この3つの書面を、事務所の私のPCにメール送信。

こうして、

出張の合間の時間を使って、中間処理の仕事を完成させることができた。

このへんの時間の使い方は、弁理士試験において社会人受験生していた経験が大きいのかな。

その後、正午過ぎまで、ホテルの部屋で別の仕事に着手。

こちらは、昨日、京都でヒアリングした案件のあんちょこ作り。

実は、

ホテルのチェックアウト時間は午前10時でしたが、

ヒアリング開始時間が午後1時なので、

延長料金を払い、正午までホテルにいました。

この時間も仕事にあてたお陰で、かなりはかどりました。

その後、ホテルをチェックアウトして、

クライアントのもとへ。

午後1時から予定通り、ヒアリング開始。

実機を見ながら、発明を聞く。

やはり、実物をみると、理解が速くなる。

こちらは、説明を聞きながら、適宜質問したりして、

担当者と議論。

また、同時に、

カメラマンに徹することに。

パシャッ、パシャッとデジカメで写真をとる。

後日、この写真を基に図面をおこすためだ。

実物を見せていただくと、

理解が迅速かつ正確になるとともに、

デジカメで写真をとることで、

欲しいアングルの図面を作成することができる。

このようにして、2日目のヒアリングも無事終了。

その後、名古屋駅に向かい、のぞみで東京に帰ってきました。

本当は自宅に直帰したかったが、

仕事があったので、重いPCを持ちながら、事務所に直行。

事務所では、雑務をこなしつつ、明日の中国弁理士との打ち合わせ資料を作成する。

また、図面屋さんとの打ち合わせも設定。

このように、アッという間の2日間でしたが、充実した時間を過ごすことができました。

明日からも忙しいですが、がんばります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »