« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月20日 (日)

知財コンサルティングに要求される能力とは?

弁理士の業務は、主に特許庁に対する手続代理で、

弁理士事務所では、出願手続が大きな収入源になっています。

しかし、近年の出願件数の激減に伴い、この収入源の確保が以前よりも厳しくなっているため、

新たな業務領域が考えられています。

その1つとして、知財コンサルティングという業務が一人歩きするようになりました。

弁理士会でも、この風潮がありますし、知財ビジネスアカデミーでもこの講座があります。

とりわけ、知財コンサルティングが対象としているのは、中小企業のようですが、

はたして、どれだけの企業がコンサルティングの必要性を感じているのかは疑問です。

大企業は、当然、出願戦略や管理などは自社で決定しますし、

中小であれば、ニーズが出るかもしれないが、頻度もそれほど多くはないと思うのです。

これを考える前に、本当は、知財コンサルティングの定義を明確にしないとダメなのですが、

この定義は、各弁理士が自由に決定してよいと思います。

自分の商売や仕事のスタイルに合わせたやり方でよく、一義的な定義は不要です。

知財コンサルタントの定義によっては、弁理士法に抵触せず、弁理士でなくても仕事の種にできるかもしれません。

私は、知財コンサルティングの定義を、「特許をお金にしましょう」という意味に捉えています。

このため、お金にする特許が必要なことを前提にして、これをお金に換えていく方法を考え、クライアントとともに行動していきます。

現在、2社のクライアントとチームを組んで動いています。

そのときにチームに要求される能力を挙げると、

特許取得からクライアントの最終目標までの過程を企画する能力、

幅広い人脈(あるいは、人脈開拓能力、コネクション)、

交渉力、

ビジネス展開力、

会計知識、

などです。

最後の会計知識とは、税務関係の理解や財務表の読み方など、いゆる経営に直結した数字の読取能力です。

私の定義では、特許を取得するまでは、弁理士の独占業務ですが、

他の部分は、弁理士以外でも可能ですね。

引き換えに、失敗が許されないため、高い実力は要求されますが。

このように知財コンサルティングのひとつを考えてみても、仕事の幅が広がります。

そのためには、常に、弁理士業務以外のことも勉強をして、知識を身に付けていく必要があると思います。

あとは、実践の場で、度胸良く行動するだけです。

上記は、あくまでも私個人のひとつの見解ですが、

私が考えている弁理士業務の展開方法は、いくらでもあります。

こう考えると、弁理士事務所は、出願件数の増減だけで、一喜一憂しなくても済む。

弁理士事務所の経営者には、時代に合致した柔軟な戦略が要求されます。

特許明細書の作成能力を磨く。

これは、ある意味、特許弁理士の生命能力ともいうべきもので、

出願依頼を受けたときに、クライアントが満足するために必須になることです。

私自身も、当然のこととして、日々、自己研鑽しています(弊所も、出願代理で主な収入を確保している事務所ですから)。

しかし、少し視野を広げると、弁理士には、いろいろな可能性があることも事実です。

その一つとして、知財コンサルティングを真剣に考えてみては如何でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ノルマから開放!

8月は、仕事以外のこと、

9月は、仕事のことで忙しくしていました。

幸い、もって生まれた生命力の強さで体調は、良好。

回復力も驚異的のようだ。

9月は、8月で終わるはずの仕事が雪崩のように入ってきた。

このため、9月のスケジュール管理が厳しくなり、仕事詰めになってしまった。

その仕事が、一応、本日で完了しました。

あと、9月末までに出願手続や中間処理手続が残っていますが、

原稿ができているので、

労力的にはたいしたことがない。

ところで、10月の予定のことが気になるが、

今のところ、10月の予定は、新規案件3件、中間処理3件。

私の処理能力では大したことがない。

ということで、10月は、研修を申し込みまくっています。

知財ビジネスアカデミーでは、キヤノンで有名な弁理士の知財コンサルティングの講座を申し込んだが、未だ、受講許可が下りていない。

どうなってるんだろ?まさか、落選・・・・

このような感じで、10月は、研修で充実する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

日本人のタイムマネイジメントの矛盾!

先日、ある会議に参加しました。

このような会議は、当然ながら開始時間が決定されています。

私も、遅れないように15分前に到着するように心掛けています。

しかし、それでも遅刻するような人はいます。

様々な理由で遅刻することは、やむを得ませんが、

やはり、遅刻をすると、場の空気が悪いですよね。。。

上司と思われる方が部下に対して厳しく注意していました。

遅刻は、ダメだということを幼稚園から教えられているのです。

しかしです。

この会議の終了時間は決まっていますが、

終了時間を過ぎても、会議は延々と続きます。

もちろん、会議で重要なことを議論しているのですが、

このようなときでも、終了時間を厳守しないといけないと思うのですが…。

遅刻がダメで、延長が許されるのって、なんだか変ですよね???

なぜなら、両方ともタイムマネイジメントができていないにもかかわらず、

一方が×で、他方が○なんですから。

予定時間に終了するように、会議を進行させることも、常識レベルのマナーです。

流石に、重要な会議だけあって、誰からもクレームは出ませんでしたが、

遠方から来ている人は、電車の時間もあるので、注意しないといけません。

こう考えてみると、日本人の時間厳守の感覚って、何か矛盾してませんか?

私は、個人としてこのように感じますが、皆様は如何でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

twitter(ツイッター)って何?

今、話題になっているtwitter(ツイッター)っていうものがあります。

ホリエモンや勝間和代さんなどの業界有名人をはじめ、いろいろな人に浸透してきているようです。

アナログ人間の私には、twitter(ツイッター)が何なのかが全くわかりません。

少しサーチした程度では、ミニブログなどと称されており、

1:Nのチャット形式で、そのときに感じたことを書いていくような日記帳です。

それに対して返信もできます。

文字数制限もあり、気軽さが売りで、

書き手にも読み手にも負担をかけない優れものらしい。

現在、利用者が急速に増えているようです。

有名人のツイッターを以下に紹介します。

■ホリエモン  http://twitter.com/takapon_jp

■勝間和代さん http://twitter.com/kazuyo_k

■熊谷正寿さん    http://twitter.com/m_kumagai

ミニブログのような感じがしますが、

これを商売にどのように結び付けるのかに興味があります。

少し勉強してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »