« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月 6日 (土)

中途受任での決め台詞

最近、中途受任を受ける機会が増えています。

主に特許が多いのですが、商標もたまに。

ご自身が出願され、拒絶がきて、さて困ったということで、ご依頼されるケースです。

私としては、コストをできるだけ抑えるために、ご自身で出願されることは、

当然というか、尊重しています。

なので、中途受任も前向きに受任しています。

中途受任の方法としては、代理人届を提出するケースもありますが、

やはり、補正書と意見書を当方で作成し、納品するケースが多いようです。

ここで、ひとつ困った問題が必ずというほどあります。

それは、特許の場合で、

当初の明細書に、説明がほとんどされていないケースが、あまりにも多いことです。

引用例との差異を明確にするために、請求項を補正しようとしても、

根拠がないということで、認められなくなるおそれがあります。

図面がしっかり記載されているケースでは、その図面から特定することは可能です。

最近の新規事項(ニューマター)の判断は、以前ほど厳格ではないことから、助かっています(ただ、中国特許の審査実務では、厳格だった日本の審査実務以上のものを感じます)。

しかし、図面からの特定でも、作用効果までは言及できないので、

進歩性の判断では、覚悟しなければなりません。

さて、中途受任を受けるときに、依頼人からは、

『絶対に特許にしてください』とか『特許になりますか?』とか

念押しされることが多々あります。

気持ちはわかりますが、断定できないところが、はがゆいです。

………

○○の場合には、特許になる可能性があり、

△△と判断された場合には、再度、拒絶理由通知が発送されたり、拒絶査定になります。

………

このような弁理士試験の論文で書くような決まり文句では、

依頼人が納得してくれるはずありません。

私は、弁理士相談の段階で限定するための具体的な内容を特定します。

そして、これだと特許になると思いますと、ある程度、断定して言いますね。

リスクを負うことになりますが、依頼人が期待していることに応えるのが私の仕事です。

ただ、一言、私が依頼人に言ってしまう言葉があります。

それは、散髪にたとえたものです。

他人が書いた特許明細書の拒絶理由通知の対応は、

自分で散髪して失敗した頭を理容店で直すようなもの。

短く切り過ぎた髪を伸ばすことはできません。

せいぜい、一番短い部分に揃え(つまり、不十分な実施例の説明に合わせ)、

調髪する程度(つまり、請求項を整理する程度)のことしかできません

こういうと、依頼人によく理解して頂けるようです。

ただ、私の仕事は、あくまでも、特許を取ることです。

この台詞に甘んじることなく、審査官と交渉することになるのは当然です。

中途受任を受けた以上は、特許査定にしてみせる

というのが私のポリシーです。

それが私の弁理士としてのプライドであり、私の生きザマであり、私の価値なのです。

手段を問わず、特許査定だけを考えて…邁進していきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »