« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月29日 (土)

年末・年始は仕事…

年末・年始は仕事になりました。

打ち合わせから1週間以内で明細書作成・出願という案件を2件受任しました。

クライアントが公表の予定があるということで、特急扱いで受任致します。

私が頑張れば済むことです。

最近では、特急扱いは珍しいのですが、

クライアントの商売事情もありますので、代理人はそれに支障がないようにスケジューリングすることが重要です。

1月は、年明けから打ち合わせが連発しています。

来年はさらに飛躍できる年にしたいです。

弁理士実務や知財評価の研究も進めなければなりません。

もちろん、体調管理には注意していますよ。

良く寝ていますし、節制もしています。

家内にも感謝しています。

ストイックな私に付き合うのは大変だと思いますが(笑)…。

|

2012年12月26日 (水)

ブログでのコメント・トラックバックの受付は終了します

いつもブログを拝見頂き、ありがとうございます。

本ブログでのコメントおよびトラックバックの受付は、一旦、終了致します。

それらに対応する時間がないこと、

過去の記事に対するコメントに対応し難いこと、

などが主な理由です。

もともと、本ブログは、私のプライベートな日記帳という認識があり、せいぜい閲覧可能にとどまるだけで、他人様が書き込むというのに抵抗もありました。。。

トラックバックに関しては、私自身、あまり有効に利用しているわけでもありません。

なお、私に御用の方は、メールなどでお願いできればと思います。

全てのメールに目を通していますが、回答は可能な範囲とさせて頂きます。

何卒、御了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

|

2012年12月25日 (火)

今年の雑感

新年までまだ時間がありますが、この辺で今年の雑感を書きます。

今年一年の景気感ですが、昨年よりも改善しているように感じました。

昨年は、東北大震災がありましたので、いろいろな点で自粛がなされ、

金回りも良くなく、景気も停滞していました。

今年は、回復の兆しを感じます。

かといって、私の仕事が急に増えるということもありませんですが。。。

ただ、一年を通し、昨年よりも忙しくさせて頂いたと思います。

政権も変わりましたし、ついつい、新・自民党にはいろいろなことを期待してしまいます。

民主党政権の3年3か月は、結果として日本国の衰退を招くことになりましたが、

自民党にはものすごく期待しています。

昨日のクリスマスは、仕事でした。

仕事で味気ないですが、チキンも頂いたし、クリスマスケーキも美味しかった。

特にケーキに関しては、最近、アイスケーキにはまっています。

子供の頃、食べた記憶がありますが、やはり旨いもんですね。

今年も早いもんですが、今振り返ると、時間を無為に過ごすことも多々ありました。

一分一秒を大切にして、初志貫徹で事を成し遂げたいと思います。

自分のスタイルも確立でき、さらに改良させていきます。

年内から新しい事にもチャレンジします。

今後も、チャレンジ精神旺盛の近江商人でいつつげたいと思います。

|

2012年12月18日 (火)

年末まで打ち合わせと出張三昧

12月は、年末まで打ち合わせと出張でたてこんでいます。

関東エリアの他に、山梨出張、関西出張など、飛び石ですが、計画が入りました。

あと、打ち合わせも毎日のように予定があり、人と会っています。

私にとって、特許明細書を書いているより、楽しいかもしれません(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

特許事務所の立ち上げ時に管理ソフトは必要?

特許出願などを管理するために必要となる管理ソフトの導入タイミングですが、

今考えると、独立開業時でなくてもよいと思います。

なぜなら、独立時に仕事の受任が期待できないからです。

クライアントから仕事の受任を約束されて勤務事務所を退職し、独立できるラッキーな人には必要ですが、

一からなんとか…というチャレンジ精神だけの人は、

初めからすべてを揃える必要もありません。

私の場合は、チャレンジ精神だけの人でしたが、初期から、高価な管理ソフトを購入してしまいました。

しかし、10年前の独立で、出願件数も増加傾向にあったので、助かりましたけど。

管理ソフトは、高額なものは、300万円くらいします。

これをリースで契約すると、リース料も加算されるので、かなり期間、ローンが残ります。

リースも借金ですので。

安価なものも数十万~100万円くらいしますが、こちらのソフトでも十分といえます。

そして、その導入タイミングは、仕事を受任してからで間に合います。

特許の場合、通常、出願後は3年の審査請求期間のカウントが必要です。

商標の場合は、出願~登録まで8カ月とすると、

8カ月後の登録査定時に登録料を納付すれば、10年継続します。

そんなに神経質になって、あてもなく管理ソフトを導入する必要は全くありません。

大切なのは、業者の言いなりにならないことです。

業者は、自社の利益しか考えていません。

下手な業者だと、精神論だけで購入をすすめるみたいですけど。

心配ありません。

独立時から、仕事がすぐに来ませんので。。。

また、管理ソフトの業者もいくつかありますので、

導入時は全てを検討する必要もあります。

管理ソフトの内容、

管理ソフトの費用、

法改正などのアフターメンテナンスの対応のレベルなど…。

対応のレベルですが、社長が良くても社員がNGということもありますよ。

あと、一度業者を決めて管理ソフトを使用すると、途中で、なかなか変更できないことも付言しておきます。

管理ソフトの導入はくれぐれも慎重に決めてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オフィスの家賃が下がっていますね。。。

リーマンションク後、特に最近は、オフィスの家賃が下がっています。

新しくて人気のあるビルは、値下がりしませんが、

20年以上経っている中古のビルで、空室があるものは、かなり大胆な値下げ交渉ができそうです。

私のビルも、10年前に契約したものですが、

最近、交渉で賃料を下げてもらいました。

不動産も結局は、借り手と貸し手のバランスなので、

不況の現在では、

人気のある物件以外は、借り手側からの交渉が有利になっているといえそうです。

例えば、坪3,000円の賃料低下が見込めると、

トータルで、×坪数分の費用が浮きます。

年額にすると、×12カ月なので、ばかにできません。

弁理士として独立するときは、

不動産賃料だけをみると、今は有利です。

ただ、士業の独立時には、自宅やマンションタイプを事務所に借りる人も少なからずおられます。

いくら出張が多くなっても、来客は排除できないので、自宅事務所は避けることが無難だと思います。

やはり生活臭がしそうですので。

次に、マンションタイプですが、事務所使用として貫徹するのであれば、可だとは思います。

個人の好みによりますけど。

私は、風呂やキッチンなど不要なスペースが出るし、靴を脱いで上がってもらうので、あまり好きではありません。

あと、古いマンションであれば、値踏みされそうですし(笑)。

西新宿の超高層マンションなんかは、事務所使用でも良いと思いますが。

そんな感じで、引越し覚悟で交渉すれば、結構、良い結果がでるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

飲み会

最近、飲み会に誘って頂くことが多いです。

予定が空いていれば、すべて参加します。

しかし、知財の人は、酒飲みが多いですね。。。

私は、飲めないし、偏食癖があります。

最悪、

ウーロン茶だけで、その場をしのぎ、後で、晩御飯を食べ直すこともあります。

このような場合では、その飲み会は、割に合わないばかりか、空腹との戦いもあります。

やはり苦痛ですね。。。

私のこのような体質を知っていてか、

もっぱら、最近は、事前にお伺いを立てて頂けます。

このような体質だと、大変なんですね。。。

ちなみに、私が人を誘う場合には、

いろいろな食べ物がある店にするか、事前にその人の好みを聞きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

世代交代の重要性

政治をみても、企業をみても世代交代がうまくいっているところは、少ない感じですね。

私のいる業界も、例外ではありません。

人生の旬をとっくに過ぎた人が、いつまでも既得権にしがみつくことは良くありませんね。

いまだに古き良き昭和時代の再来でも願っているのでしょうか。

人生、勇退も重要です。

結局、

経済の閉塞感は、そのような慣習や、様々なしがらみが一つの要因になっているように思います。

何事も、活きの良い若者へバトンタッチすべきだと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

英英辞典を丸暗記

最近の英語の勉強は、英英辞典の丸暗記です。

特に、オックスフォードの辞典は、定義が正確であり、気に入っています。

重くて持ち運びに便利とはいえませんが、電車内で読んでいます。

メリットは、英語に自然に慣れること、語彙が増えることです。

人によっては、辞典の読書は苦痛を伴いますが、私のおススメの勉強方法です。

あと、和英辞典の丸暗記もおススメです。

和英辞典の評価もいろいろ言われていますが、

最近の和英辞典は、ネイティブがみてもおかしくないものがあります。

結局、英語は暗記がすべてです。

これは、中国語、韓国語、ドイツ語などにも共通することです。

ただ、発音とリスニングは、別の聴力トレーニングが必要です。

語学は継続がすべて。

私は一生、語学の勉強していると思います(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

早くも12月ですね

12月に入りました。

今年も早いもので、あと1月です。

それにしても真冬になりました。。。

今年は、昨年よりも忙しい日々を過ごしました。

仕事面、プライベートも含め。

特に仕事量が前年よりは多くなりました。

そして、家族も増えたので、幸せを満喫しています。

先日、知財評価研修に参加しました。

知財コンサルティングと異なり、はじめて受講した研修です。

ファイナンス、財務・会計などの知識が必要ですので、新鮮さを感じます。

従来の企業評価と異なり、知的財産に特化したものなので、単に財務諸表の数値を数式にあてはめるだけではすみません。

そこは、知財特有の評価が必要です。

例えば、特許であれば、権利範囲の広さや無効理由の有無などの検討事項が含まれるので、やはり弁理士が適しているのでしょう。

弁理士の新たな業務として評価され、定着すれば良いですね。

個人的には、知財評価を詳しく研究したく思っています。。。

何事もチャレンジ精神で頑張りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »