« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月30日 (土)

遊技機メーカーがケチったら終わり?

安倍政権になって期待感の先走りにより、好景気になったような気がしますが、

実感としてはまだまだですね。

ところで、

弁理士業界も出願件数の減少により、しばらく前より不景気感があります。

最近、出願件数の下げ止まりで、今後、上昇に転じると、私ながら読んでいます。

そして、出願件数の低下だけが、弁理士業界に打撃を与えるものではありません。

弁理士単価の低価も大きな影響を及ぼしています。

大企業から依頼を受けている事務所では、企業が指定した料金(低料金になる傾向があります)に従っているのが現実です。

しかし、

大企業なので、それなりの受任になりますし、信用にもなるし、確実に入金して頂けるという安心感もあります。

ここで、注目したいのは、遊技機メーカーです。

遊技機メーカーとは、パチンコ・パチスロの機械を製造しているメーカーであり、

いわゆる駅前のパチンコホールではないことに注意してください。

遊技機メーカーの公開されている財務諸表を読むと、

企業規模の割に、売上が多く、営業利益もスゴイです。

表面的な数字だけからいえば、超優良企業ですね。

通常の機械メーカーの財務とは比較になりません。

ただ、台の当り・外れ(市場やホールの受け)によって、売上が急変しますので、

期毎の売上高をグラフにすると、ジグザグのようになっている企業も少なくありません。

つまり、不安定です。

不安定ながら、赤字にもなりますが、

台が当たれば、赤字を埋めても、余りある程の利益になったりするのが特徴です。

弁理士費用・単価もそれなりの金額を支払って頂けます。

仕事内容は、きついですけど。

ところが、少し前から、遊技機規制やパチンコ客離れの影響で

業界不安が漂っています。

ずいぶん前に、ニュースにもなっていますよね。

それが原因か否かわかりませんが、

以前ほど、羽振りが良くないような気がします。

弁理士単価も含めて…。

しかし、思うのですが、

この業界は、派手さが命です。

派手さが無くなり、しかも経費をケチり出せば、魅力もなくなります。

考えてみれば、客に期待感(夢とまでは言いませんが)を売る仕事です。

専業主婦のように安売りのチラシをみて、買い物していれば、お客が魅力感じますか?

私も遊技機メーカーとはお付き合いがあります。

また、何人もの知り合いの弁理士も、遊技機メーカーと取引があります。

そのような弁理士が酒の席で顔を合わせれば、

当然に、景気の話になります。

やはり、以前ほど、弁理士単価は甘くないと断言できます。

むしろ、年々、遊技機分野の仕事内容が難しくなっているため、

それとの関係で、

割安感が出ているといった方が正確かもしれません。

やはり、遊技機メーカーは、

派手さ・羽振りが生命線だと思います。

現在、成功している遊技機メーカーを考えると、

派手さ・羽振りの良さは、業界でも飛び抜けていると思います。

成功しているから、派手にしているのではなく、

派手にしているから、結果として成功していると考える方が素直です。

遊技機メーカーが小さくまとまれば、

それはその企業の終焉を意味するといっても過言ではないと思いますが、如何でしょうか。

|

2013年3月28日 (木)

打ち合わせ3連発でした!

昨日は、打ち合わせ3連発でした。

午後から開始して、全て終わったのは、夜の8時半。

腹減ったので、帰りに、さぬきうどん店。

大盛り食べたので、血糖値が激アツにアップ(した感じです)。

おまけに、前日は、珍しく徹夜で仕事(展示会発表のため緊急出願の依頼)していたので、帰宅後は、何もできませんでした。

私のお客さまには、携帯番号を知らせています。

普段、事務所の電話に、私が直接出ることはありません。

目の前の仕事に集中することと、営業電話を全てカットするためです。

携帯には、お客様からダイレクトに電話がかかるようになりました。

一発でつながるし、これアリかなと思います。

追伸:

新宿御苑の桜がピークです。

 平日なのに、行列もすごいです。

 今年も元気で、気持ちの良い春を迎えられたことに感謝しています。

|

2013年3月25日 (月)

学ぶものに事欠かない

毎日、目の前の仕事の他に、たくさんの楽しいことがあります。

知財判例のレビュー。

審査・審決内容の整理。

諸外国の知財法制度と実務の研究。

技術知識の吸収。

語学の学習。

事務所営業の実践・研究。

知財経営の研究。

特許戦略の研究。

………。

40歳になって益々、欲が出てきました。

誰にも、理想像や夢があります。

当然、私にもあります。

日々、希望を持ち、それに向かうだけです。

そのような日々を過ごせることが最も幸せで贅沢であると、現実に感謝するばかりです。

|

しばらく休みをとりません

最近、土日も仕事しています。

年度末ということもありますが、一時的に激務になりました。

夜中も仕事しています。

有難い状況ですが、適度に忙しい程度がちょうどよい。

メール等で問い合わせもできるだけ対応していますが、

開口一番で「商標いくらですか?」

というくだらない内容は無視しています(費用はホームページを見てくださいな)。

今では、電話の応対やメールの文言から、客質が手に取るように分かります。

客質の悪そうな奴らは、無視か、全て断っています。

客筋の悪さを見抜く的中率は100%だと思います(笑)。

今の仕事が落ち着けば、靖国神社を参拝し、そこで桜を見たい。

春になったと思えば冬、

冬のつもりが春の繰り返し。

まだまだ寒い日がありますが、

皆様も体調管理にはご注意ください。

|

2013年3月23日 (土)

簡単に取れる特許なんて意味がない!

特許出願して拒絶理由通知をもらうと、

拒絶理由の内容に素直に対応して狭く限定すると、特許になるケースが多いです。

しかし、こんな権利で本当に良いのでしょうか。

こんな弁理士で良いのでしょうか。

なぜなら、狭い範囲だと、相手のわずかな設計変更により権利の範囲から外れてしまうからです。

その反面、特許までに要する時間と費用が軽減されるので、感謝を言われるお客様がおられます。

しかし、それは感謝どころか、

「不幸なことに狭い権利になってしまいました」と言った方が適切かもしれません。

特許の取得目的は、いろいろあるにせよ、

安易に権利になるものは、概して、狭い権利で、使い勝手が制限されたものばかりです。

価値ある特許とは、審判、場合によっては訴訟を経て勝ち取る特許です。

従来技術と近い発明は、特許になり難いものですが、

その違いを特許にすることが価値ある特許の王道です。

そして、それは、審査段階で特許にはならず、

審判の中で勝ち取っていくものだと思います。

審査段階で特許にならず、審判まで進むことは、弁理士の腕が悪いと指摘されるお客がいるかもしれません。

しかし、それは、例外を除き、

お客の権利化後のことをよく考えている弁理士と評価した方が賢明かも知れません。

審判まで進むと、手数料が余分に発生=弁理士が悪い、という図式になりがちですが、

そうではなく、

価値ある特許のために必要となる投資と考える方が賢明です。

私は、安易に拒絶理由の指摘に妥協して、審査官の言いなりで特許にする弁理士の方が、

お客にとって致命的だと思うのです。

審判費用の数十万、確かに大金ですが、

これを出し惜しみするような事情や考え方の人は、はじめから特許出願しない方がマシかもしれません。

|

2013年3月22日 (金)

サイバーテロ

先日、韓国がサイバーテロにあったとのニュースがあった。

韓国の主要機関が、広範囲でやられたらしい。

そして、それを仕掛けたのは、北朝鮮の可能性が高いそうだ。

本当だとしたら、北朝鮮のハッキング技術もたいしたもんだね。

何もない、何もできない国と思っていたが、

数万人単位でハッカーを養成しているとの記事を見て、驚いた。

日本も対岸の火事ではない。

でも、まぁ、次は、サイバーテロというなま易しいものではなく、

北得意の「花火」を早く見せて欲しいものだ。

それとも口だけ番長か?

そうすれば、日本でも適法に核保有の動きが進むので、隣国の脅威に備えられる。

平和ボケした日本には、ちょうどよいネタになる。

ちなみに、北朝鮮と韓国が単体で争いすれば、

北朝鮮の圧勝に終わりそうだ。

そうなると、朝鮮半島は北が統一する。

嫌韓連中は大喜びしそうだけど、

この図式も、日本にとって恐ろしいね。

まぁ、2国とも日本にとって、どうでもよい国だけど。

|

2013年3月21日 (木)

男女差別を訴える男!

最近、男女差別と訴える男が新宿南口でマイクパフォーマンスをしているのを見かける。

なるほど、電車の女性専用車両の存在が気に入らないようだ。

公共の乗り物に「女性専用」というのが、納得できないらしい。

なるほど、なるほど。

確かに、差別は差別(差別ではなく区別であるというような、意味のない反論はしないように)。

良くないね。

だけど、

1両の女性専用車両を認めて、残りの全ての車両は男性限定車両にした方が良いと個人的に思う。

納得、納得。。

|

2013年3月20日 (水)

本音のひとくち感想

最近の出来事に関し、本音のひとくち感想(プライベートのブログなので)。

・WBC…準決勝で侍・敗退

  内川の涙をみて、もらい泣きしてしまった。

  内川自分を責めないでくれ。

  選手は、バカな監督のもと、良く頑張ってやってくれました。

  良い夢をありがとう。感動しました。

  阿部は、ウエイト絞れ。

 

・安倍政権…アベノミクス

  現時点では、満足しています。

  しかし、株価と為替はまだまだ伸びる余地がある。

  妥協せず、強き日本国を作り直していきましょう。

  米国はもとより、中・韓にも妥協しないようにしてもらいたい。

 

 

・原発関連…放射線

  隠蔽でハラワタがにえくりかえっています。

  ロシアから専門家を呼び、処理方法を参考にして実践せよ。

  東電も懸命に頑張っていると思うが、ソ連の核爆発の経験は有効だぞ。

・外交…なめられるなよ

  核実験の北朝鮮には、徹底して非難しよう。

  我々日本国民の命を守るために、日本も核武装が絶対必要。

  韓国の「売春婦」問題には、徹底して日本の正しい認識を示そう。

・復興支援が遅いというジャーナリスト…勝手なことばかり言うな

  ジャーナリストが行政の復興支援が遅れてると文句言っているが、頑張っている行政も多いぞ。

  みんな懸命に頑張っているんだ。

  そんなに文句があるなら、他力をあてにせず、今すぐジャーナリストを止めて復興が完了するまで現地でボランティアしてこい。

 

・体罰関連…体罰なんて当たり前だったよ

  僕の学生自体、部活、教師の体罰なんて当たり前だよ。

  部活なんて、先輩に絶対服従。

  活動中、水飲み禁止。

  毎日のしごき。

  悪い事すれば、教師からバッドで尻を殴られた。

  全員、丸刈り。

  これらも全部、言い方変えれば、体罰になる。

  規律を守るためには、体罰は必要だと思うが。

  あまりヤワなこというなよ、モヤシ諸君。

 

 

|

大和魂復活を望む!

ご無沙汰しています。

年度末になって仕事に忙殺されています。

新規案件・国内外の中間処理だけで、自分の時間が全くとれない状態です。

年度末にはよくあることですが、

少ない自分の時間を割り当てるものに、語学の勉強があります。

これは一生続けることでしょう。

割合は、

英語>>>>>>ドイツ語>>>>>>>>中国語>>>>>…朝鮮語。

中・韓は、日本語で通じることもあるので、そんなにウエイトをおいていません。

日本語が世界の頂点を目指すためには、

やはり、欧米を超えないとダメです。

中・韓相手にしていても、国力はつかず。

安倍政権になって、

日本は間違いなく正しい方向(ベクトル)に向かったといえると思います。

大和民族に深く眠る偉大な大和魂を復活させましょう。

自民党の党益=日本国の国益

とよく断言してくれました。

大和魂というと、すぐに戦争を想定する反日勢がいるが、そういう意味ではない。

暴力のことではなく、

政治・産業・経済の根底から、大和魂をもって一から出直すべきです。

素人ながら、今後の経済を思うと、

中国は衰退、韓国も虫の息。

インド・東南アジアは一条の光。

ロシア・メキシコ・南米には、魅力満載。

特に、中国については、

人件費が急上昇しており、反日暴動・撤退困難のチャイナリスクを考えると、

今から進出するメリットは何もない。

ジニ係数は、0.6を超えてる国(2極化が激しく、革命がおきるレベルです=リスク)。

元高になるまで様子をみた方が賢明かな。

高度成長期以後、現状に甘え、日本人は大人しくし過ぎたようだ。

いまこそ、チャレンジ精神を旺盛な大和魂で新しいスタートを切るべきだ。

安倍総理を信用しているが、

欧米には主張すべきことはしっかり主張しよう。

中・韓とは、利害が対立することに関しては、断交覚悟で一歩も下がらないように。

全ては、日本の将来のために、我々の子孫のために、そう思います。

|

2013年3月 9日 (土)

感動

WBC・野球の日本-台湾戦を見て、感動しました。

あんなに長時間、テレビの前にいたのははじめて。

中盤から終盤にかけて、日本の負けムードでしたが、選手の粘りに脱帽。

大会後、成績不振で批判されている選手に1本が出たり、得点に結びつく盗塁を決めていた。

日本チームも何かもっているね。

一方の台湾の選手も素晴らしいパフォーマンスでしたね。

ピッチャーといい、バッターといい、スポーツマン精神といい。

異論なく、

野球の実力・スポーツマンシップ等において、

アジア(いや世界)でナンバーワンのライバルは台湾チームです。

紙一重にして日本に敗れた台湾選手にもエールを贈ります。

今日のキューバ戦、絶対に勝利してください。

一緒にアメリカに行き、決勝戦での対戦を楽しみにしています。

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »