« 【パチスロ業界】ヤバいのか?! | トップページ | 特許戦略と将棋の戦法は似ている! »

2014年12月12日 (金)

【弁理士を選ぶ】相性程重要なものはない!

個人(発明家、個人事業主、主婦等)で弁理士を探されている方も多いと思います。

私のホームページにも、個人の方からのお問い合わせが多くの割合を占めます。

そこで、弁理士選びで重要になるポイントです。

価値観次第でいろいろ異論があると思いますが、

特に個人が弁理士を選ぶ場合、弁理士との相性が重要なキーワードになると思います。

一度、出願すると権利化まで、相当の期間を要します。

原則的に、その期間はお付き合いが続くわけです。

そのような状況で、

何か言い難い人、この人難しい、ストレスが溜まる、発明を勝手に変えられる、誤記等が多く依頼人の仕事が増える…など、

これらの最悪の状況を避けるためには、

やはり弁理士との相性が大きな影響を与えると思います。

その相性というのは、会って付き合ってみないとわからないのですが、

余程、鈍感でなければ、発明相談を利用すれば感じることができると思います。

たとえ、発明相談が有料だとしても、

出願を依頼する場合と比べて少額ですから、勉強代と割り切れるでしょう。

中には、無料相談で対応される方もいるでしょう。

しかし、そこには錯覚、義理人情があるかもしれません。

無料相談でお世話になったから、義理として出願を依頼される場合、

無料相談でいろいろ?を感じたが、無料だからと妥協され、出願依頼したときの期待感を過剰に高める場合、

非常に危険な状況になります。

有料相談で容赦のない実感をつかみ取り、きっぱりと判断されることをお勧めしています。

弁理士の実務能力、経験、スキル、費用等が、資格や学歴、数字で客観的に判定できるため、

惑わされがちですが、弁理士の人間性に基づく相性は、もの凄く重要だと思います。

|

« 【パチスロ業界】ヤバいのか?! | トップページ | 特許戦略と将棋の戦法は似ている! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【弁理士を選ぶ】相性程重要なものはない!:

« 【パチスロ業界】ヤバいのか?! | トップページ | 特許戦略と将棋の戦法は似ている! »