« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月30日 (日)

技術士試験に挑戦した大学教授

先日、技術士2次試験のセミナーに参加した。

技術士試験の制度変更を見据え、どのような対策をいかに行うか?

ということが中心の話題でした。

その中で実際の合格者が登壇して、合格体験談を話されていた。

その方は、千葉工大の現役の教授でした。

お歳はなんと69歳。

うちの親世代の方です。

技術士試験を受験した動機は、来年の70歳で定年になり、その後の人生設計とのこと。

博士号だけでは、お金にならず、実務家として活躍したいとのことでした。

確かに、博士号を取得していても、企業経験がなければまるで話にならないかも。

できれば、自分でイチから事業を起こし、経営することが重要です。

技術士1次試験から不合格を経験され、娘さんに合格を先に越されながらも、ご高齢の大学教授の先生が懸命に勉強されて、見事、栄冠を手中にされました。

大学教授といえども、なかなか合格しないのが技術士試験とのこと。

大学教授という立場上、合格しないとダメ(教授)と見られるそうで、周囲からのプレッシャーや周囲の見る目が物凄く、厳しかったとのこと。

博士号と技術士。

前者は学術的な観点から、後者は実務的な観点からと、巷でよく言われますが、

その先生曰く、エンジニアなら両方保持することが当たり前とのこと。

確かにその通り。

エンジニアに限らず、特許系の弁理士も技術士や博士号は必須だと思います。

私は、これに高い語学力と経営的な思考を身に付け、日本企業の外国進出をトータル・プロデュースできれば、これほどの嬉しいことはございません。

それにしても千葉工大。

私が大学時代を過ごした習志野市にあります。

習志野駅の目の前にあります。

私の学生時代のバイト先には千葉工大の友人がいました。

この先生の勇気と実行力から、大きな励みをいただき、収穫のある1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

夕方の休憩時間‥つぶやき‥

技術が良くても製品が売れるとは限らず。

製品が売れても収益が上がるとは限らず。

しかし、技術が良ければ特許が取れることはある。

特許と事業収益、特許と事業独占を強引に結びつけることはできない‥

特許を取得する目的(効果)はたくさん存在するが、一体、何のために特許を取得するのか?

これが重要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納期のない特許明細書は完成しない

特許出願のご依頼を頂くと、多くは納期という概念が出てきます。

多くはクライアント側の希望になりますが、

この日までに出願、この日までに原稿を送信…

という具合に。

でも稀に、納期はいつでも良いというお客様もおられます。

『できるだけ早めが良いのですが、そちらの予定も考慮して決定してください』との意味だと、思いますが、言葉通りに受けると2か月~3か月以上にもなりますよね…

納期は私の首を絞める一つの要因でもありますが、

果たして納期がない依頼はどうなるのでしょうか?

それはおそらく、特許明細書は永久に完成しないことになるでしょう。

なぜなら、特許明細書はいくら時間をかけても100点の出来にはならないと、理解しているからです。

100点満点ではない特許明細書をお客様に納品するということに、多くのストレスと、職業倫理感の憂鬱さを持ってしまうからでしょう。

それをお客様から提示された納期というものがあれば、

なら仕方がない、その限られた時間で、ベストのものを提案する、という思考に変わり、

ある意味、楽になります。

当然、納期が厳しければ厳しい程、こちらの言い訳が認められる要素が増えていくわけで(増えていくような気がするわけで)、それでようやく特許明細書が完成していく…というサイクルになる。

考えようによっては、特許明細書の処理能力は、妥協点の見積もりと、ある程度での納得という言葉に尽きてしまう。

それゆえに、頑固で妥協のできない弁理士は、納期という制約により多くのストレスを感じるようになるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

改定版『中国語特許明細書を読む。書く。』を買う!

中国語の学校で勉強を始めて、2年弱。

まだまだ実力不足ですが、

ピンイン、文法などの基本事項がなんとな~く掴めかけています。

私が中国語を勉強した動機の一つは、中国語と日本語との間で特許明細書の完璧な翻訳ができるということ。

今まで、現地代理人に任せていた業務を私が自分でやるということです。

少なくともクレイムだけは、自分で作ることで、ニュアンスの違いや技術的意味内容に関する誤訳を防止できます。

その中で、ファミリー案件を使っていきなり中国語の特許明細書で研究することも重要ですが、

一般的なルール、ハンドブックみたいな書籍がとても重宝すると思いました。

弁理士試験でいうレジュメや、英文法マニュアルみたいなもの。

今回は、改定版『中国語特許明細書を読む。書く。』を虎の門の中華系特許事務所に出向いて購入しました。

知財ビジネスアカデミーがある日のゼミ前に立ち寄り、2割引きでした。

早速ですが、クレイムを記載するルールが山ほどまとめられており、とても参考になります。

当然ながら、中国語の一般書籍では掲載されていない内容です。

今後、韓国語、ドイツ語も同じような書籍があれば、重宝すると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弁理士会会長

弁理士会会長選挙が終わりました。

今度の会長は、全く存じ上げない先生ですが、なんとか弁理士会を良い方向へ牽引していって欲しいです。

ところで、選挙の度に毎回思うのですが、

本当は、もう少し若い先生が弁理士会会長になられると良いと思うのです。

今後、弁理士の職業、業務内容が抜本的に変わらざるを得ない環境にいるわけで、

舵を大胆に切れる勇気とフットワークの軽さを備えた先生が良いと思います。

年齢的には、

50~55歳、できますれば、45~50歳くらいの

元気で、やる気満々で、相当の経験のある弁理士。

自民党の幹部も同じですが、

65歳や70歳の大先輩が幅をきかせているようなことでは大きく変わっていかない。

もっともっと、危機感をもって弁理士という職業(資格)を劇的に発展させていかないと、

弁理士に対する世間の評価も良くなってきませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

サーチレポートの見解と異なる内容の拒絶理由について

PCT出願すると、特許性の審査がされ、国際調査報告書(サーチレポート)が作成されてきます。

報告書の中で、新規性や進歩性の判断がされているわけです。

そして、この案件を日本国内に移行すれば、別途審査請求しなければなりませんが、

そのときに拒絶理由を発見されれば、拒絶理由通知が発送されます。

本来は同じ発明なものですから、

国際調査報告書の見解どおりの拒絶理由通知書になるはずです。

しかし、特許性を有するという国際調査報告書を信じて審査請求した案件に対し、

進歩性違反とする拒絶理由通知が発送されてきました。

私は、これは日本国特許庁の大きな失態だと思います。本来あってはならない。

なぜなら、国際調査報告書の信憑性がないことを特許庁自らが証明していることになるからです。

言うまでもなく、

日本国特許庁が作成した国際調査報告書の結果は、東南アジアの特許庁も遵守していますし、何よりも出願人が、特許性を有すると示した国際調査報告書の結果を信じて高いお金を支払って世界へ移行しても、移行費用が無駄になります。

所詮、人間が行うことですが、

日本国の審査においては、国際調査報告書の見解と異なる見解の拒絶理由通知は絶対にあってはなりません。

特に、特許性を肯定する国際調査報告の後に、特許性を否定するような拒絶理由通知はおかしいのです。

今回は、国際調査報告書では外国文献の見落としであると言い訳されていましたが、

それなら、英語に弱い審査官が国際調査報告書を作成していることを証明しているようなものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

PMBOKの基本書とナレッジマネジメント

TOEICの帰りに、大きな書店に立ち寄った。

PMBOKの基本書を購入するため。

実務というより、技術士2次試験(経営工学)に向けたものです。

同時に、大学院の学位論文のネタを探す。

私の研究テーマは、ナレッジマネジメントが特徴です。

これとサービスイノベーションの書籍・専門書を購入しました。

目指せ!

知財経営のドラッカー!

自分の事務所も大きくしたいので、研究する気満々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

第214回TOEIC受験(2016年10月23日)

TOEICを受験してきました。

東京経済大学です。

駅から上り坂をかなり歩き、汗だくで会場に到着しました。

水をカバカバのんでいたら、試験委員に注意され、おまけにトイレも近くなりました。

新形式になって初めてでしたが、一応の感想は、以下の通りです。

PART1【普通】

6題に減っていましたが、いつもと変わらない感じです。

PART2【やや難】

考えさせる回答が多かった。

疑問詞だけで切れない問題もあった。

PART3【やや難】

なぜか耳鳴りしている自分の耳では音が割れていた。

会話の速度がかなり速く感じた。

PART4【やや難】

先読みがうまくいけば対応できそうだったが、後半、集中力が切れた。

PART5【易】

でる1000問の成果なのか順調でした。

PART6【普通】

特に何も。

PART7【難】

やはり完走できず、最後は塗り絵だった。

トリプルパッセージを初めて見て焦るのですが、日頃から多読ができていないことを痛感。

慎重な性格からか、確実に正解の問題も見直す癖は止めたい。

う~ん。

昼食をとっておらず、脳みそのスタミナが切れてしまったのは痛い。

試験後は、疲れがどっと出てきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

ストレスフリーを目指します!

ストレスが万病のもと。

多分、当たっているのでしょうか。

一番の原因は、人間関係とお仕事?

仕事なんか適当にこなしながら、ストレス溜めないでおこうと思いつつ、

でも、ツイツイ無理をしてしまう。

じゃあ、この性格をかえてやれ!

「にしむら、もっと気軽に、楽にいきろ~」と、

声を特大にして自分に言い聞かせます‥(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

副テーマの配属が決定

本日、大学院での副テーマ研究の配属が決定されました。

JAISTでは、修士過程及び博士課程において、主テーマの研究の他に、

副テーマの研究も必須修了要件として課せられています。

修士から博士まで在籍すれば、少なくとも4種類の論文の執筆が必要になります。

よし、それなら、やってやろうぜ!

国際学会でも発表したいし。

先は長いですが、

とりあえず、修士の副テーマは内平先生に許可を頂きました。

私の心から尊敬する先生です。

琴線に触れるテーマで面白い内容にしたいですね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿から世界へ!フットケア業界のカリスマ

今日、午後からは打ち合わせの連続でした。

久しぶりにご招待頂いた会社では、

数時間にわたり、特許戦略と発明の発掘に関して打ち合わせ。

特許になるものとならないものがありますが、

一見してならないものでも、ここをこのようにすれば、という提案をすることで打ち合わせの内容が充実します。

事業との関係を常に考慮していく必要がありますが、

そこの見極めと出願するか否かの判断は本当に難しいですね。

最近、多忙を極める私も商売っ気がなくなりつつあるのか、

その分、的確な、というか、お客様に気に入られるか否かとは関係なく、実感を素直に打ち明けることができます。

そんなこんなで、事務所に戻り、留守中にお電話頂いた別のお客様に連絡いたしました。

なんと、弊所近くのフットケアの経営者様(女性)です。

サーチすると、なんとなんと、その道のカリスマ、大先生です。

女性のやり手実業家という感じの方でした。

(このブログをご存知でしたが、ブログ公表の打診をしていなかったので、実名は伏せさせて頂きます)

足から健康、生活、仕事の全てを見直し、輝かせようとするサービス・コンサルを専門にする方です。

近くの建物は存じておりましたが、テナントさんまでは把握できなかったのでびっくりしました。

足は第2の心臓と聞いたことがありますが、

具体的なメソッドをお持ちのようで、とても奥が深そうです。

知的財産のことでご相談だったのですが、

逆に、フットケアのことも教えてくださいました。

競合はあまり聞かない分野ですので、ブランディングがとても大切です。

いずれ事業と会社を大きくされ、

フットケアのカリスマとして、世界で大活躍して頂きたいものです。

応援しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2回目丸島知財戦略ゼミ2016

昨夜は、第2回目の知財戦略ゼミでした。

特許を経営資源として利用しようとする試み。

そのための特許はどのようなものであるべきか。

そのような特許を取得するためには何をするべきか。

これらのことを考えようとするゼミ。

脳みそに汗をかけ。

というゼミ。

なかなか勉強になります。

守りの特許と強みの特許。

言葉では簡単に表現できても、

事業との関係、会社の知財の強みと弱みを完璧にわからなければ定義できない。

答えが無いようで、実は、事業戦略の特効薬にもなり得る特許です。

私の課題から、攻めの特許に対する理解不足のようで、

丸島先生にこっぴどくレクチャーして頂きました。

とても勉強になります。

ありがたい。

次回の課題は、その内容です。

完璧なものに仕上げたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

弁理士独立開業時のオフィスの広さ

弁理士として独立し、特許事務所を開業する場合にはオフィスを借りる人が多いと思います。

(自宅での開業はこの記事では除外いたします)

その場合の広さですが、10坪~15坪が理想だと思います。

この広さだと、

事務員を一人雇用して、机などの什器備品を置き、ミーティングテーブルかソファがおけます。

都心でも坪15,000円も出せば、それなりのグレードの物件(お客様がきても恥ずかしくない)が借りられると思います。

家賃は固定費として毎月支払い義務が生じますので、

仕事のあてがある人でも、最初の1年か2年くらいは様子を見た方が無難です。

私の場合には、約15坪の事務所を新宿で賃貸しておりますが、

その後、引越したことはありません(願望はあっても)。

やはり場所が気に入っているという点と、引越しに伴う労力・変更届が面倒だからです。

人が増えれば、また移転していくいう方法が、

最初から拡大を目論んで大きなオフィスを借りるよりも合理的です。

小さな事務所でも、見た目を気にする人はいると思いますが、

要は、大きさよりも建物のグレードです。

1坪10,000円で30坪の事務所は、家賃300,000円

1坪30,000円で10坪の事務所も、家賃同額。

ですが、ですが、坪単価が3倍になれば、

建物のグレードの違いは、素人が見ても一発でわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これからの弁理士の関与の仕方

発明があったら、代わりに書いて申請してあげるよ。

弁理士の職業は、昔からこのように言われてきた。

代書と僅かな悪意?を添えて呼ぶ人もいますが、

代書と言えば、代書になりますよね。

昔、特許事務所に勤務しているときには、クライアントから発明申請書がFAXされてきて(事前に電話かメールで連絡があったことが多々…)、それを担当者が分配していた構図。

ひょっとして、今もそれが踏襲されているのかわかりませんが、

昔の良き時代というか、未開の時代というか。

弁理士も資格試験に合格すれば、まぁなんとか食える…の時代でした。

しかし、今後は、代書では、立場がなくなりつつある。

法律論を展開することは必要だけれども、発明されたものを特許明細書の形にして出願するだけではお客様も納得するまい。

権利の広さ、云々も大変重要ですが、

それよりも、あなたに依頼して何が得なの?、あなたは何がスゴイの?

というお客様の厳しい目に対して、ちゃんと答えを出すことができる弁理士にならないといけない。

士業は、弁護士でさえも、お客様のふんどしで飯を食っているので、

この辺の意識改革ができるか否か。

難関資格を突破しても、クライアントからボロカスに言われても、平常心でサービスができるか否か。

難関試験の合格を経てその場にいられるわけですが、

そこから頭一つ飛び出ないと何の取り柄もない平均的な弁理士に写ってしまうのではないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

クライアントの商品【男のモバイルグッズ】

内田企画さまの商品を紹介いたします。

スマートフォンを入れるためのケース(ホルスター)です。

http://www.inglewood.jp/

本革製のもので、かなり人気のある商品です。

手作り革製のため、注文に対して生産が追い付かない状態です。

ちなみに、国内およびPCT出願は、済んでいます。

スマホがある程度、大型化していけば、

スーツのポケットに入れると邪魔になりますし、大きく開いたポケットに収納すれば、落下する危険もあります。

ジーパンのポケットに収納すれば、ポケットが突っ張った感じがして動きにくいし、お尻の位置なら座ったときに自分の体重で壊してしまう危険があります。

このようなホルスターがあれば、便利ですよね。。

目指すは世界市場。

この方も何もないところから一から始める勇気と忍耐。

ストイックな人ですし、私が尊敬する人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

中国語のクラス

中国語は英語と比較して難しくありません。

覚えれば誰でもできます。

きっと英語よりも楽に。

ピンインと漢字を覚えてしまえば、文法なんてどうにでもなります。

日本語も文法なんて知らなくても、

我々の日常会話のように、単語だけで成立していることが多いし、十分通じます。

ただ、今の日中学院のクラス平均年齢が高過ぎているのが難点かな。

おそらく平均年齢50歳くらい。

私の子供時代の感覚では、お爺さんとお婆さんばかりです。

私でさえも下から2番目か3番目です。

平均年齢を下げるのに貢献しています。

クラスメイトは、ボケ防止なのか、翻訳家(通訳)になりたいのかわかりませんが、

ワイワイガヤガヤやっていて、それなりに楽しいクラスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

連帯保証人は恐ろしいぞ!

会社の経営者なら、銀行からお金を借りるときに、社長本人が連帯保証人になるケースが良くあります。

他方、世の中には、親兄弟、親しい友人の間で平気で連帯保証人になる人もいる。

しかし、連帯保証人の意味を正しく理解している人はいるのでしょうか?

連帯保証人に対しては、

優先順位に関係なく、債権者からの返済請求が認められている制度です。

お金を借りた本人がお金持ちで返済能力があっても、そこには行かず、連帯保証人に対して借金の返済を請求することができます。

ねぇ、恐ろしいでしょ?

自分が借金しているのと同じ状況を作りあげているといってもよいでしょう。

親兄弟でもゴメンだよね。

しかしながら、会社を作って銀行からお金を借りるときには、ほぼ例外なく、社長さんは連帯保証人となります(強制的にされます)。

そういうときでも、家族には連帯保証人を頼まないことが正解です。

社長は、会社と一心同体、その運命と共にする、ことが宿命なのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

ウザい?弁理士会の選挙電話

弁理士会の選挙電話を頂きます。

知っている方からの電話もあれば、誰それ?的な弁理士からの電話もあります。

会派が大きく2つに分かれています。

それぞれの陣営から「うちから、会長候補に、○○○○が出ます。ヨロシクお願いします」という趣旨の電話です。

もちろん、当の本人ではなく、世話役の人からの電話です。

先ず、思うべきは、

・既にどこかの会派に属している会員の場合、反対陣営から電話貰っても意味がないこと

⇒電話頂いても、自分の会派の人に投票するのだから意味ないでしょ?

・昼間の貴重な時間の無駄

⇒立候補する本人から直接お電話を頂くのは理解できますが、世話役の人からって…

特許明細書を書いたり、商標の意見書を書いたり、判例を研究したり、…実務した方が良いでしょ?

弁理士=実務家なんだから。

こんな風なことを考えながら、適当に応対しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『創造的論文の書き方』著・伊丹敬之

修士論文の着手に当たり、

『創造的論文の書き方』という書籍を購入致しました。

・テーマの決定の仕方

・仮説の立て方

・仮説の証明の仕方

論文の型として当たり前の構成を、いかに読み易く、かつ面白いものにできるか。

私の焦点はそこがポイントです。

サービスの学術研究ですから、例えば神田正典氏のような実務本であってはならない。

しかし、実務本の方が、より身近で実務に直結しているため、面白く、読者の興味がわいてきます。

学術論文は、無味乾燥というか、だから何?

とはならないように、注意したいものです。

そのヒントとなるのが、上記書籍だと思います。

伊丹先生は、理科大MOTの教授をされていますが、素晴らしい研究者です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »