« 弁理士・丸島儀一の知的財産戦略支援ゼミ(基礎) | トップページ | 来年から新たなチャレンジ、『和の文化』を追求します! »

2016年12月17日 (土)

私の夢…中小企業が大企業を下請けに使う!

私の夢。

それは、クライアントである”中小企業が大企業を下請け”として利用し、世界で”技術標準”をとることに尽きます。

このためには、優れたオリジナル技術を持つ中小企業の知財戦略をうまく確立させていくことが必要不可欠です。

オープン・クローズド化で、大企業にはオープン化にする領域を担って頂きます。

クローズド化の対象技術はコア技術になるため、他社にライセンスしません。

オープン技術は、先ずはデファクト・スタンダードを狙いたい。

他の標準化はいずれも国による支援等が必要になり、また技術の種類も特定されているため、ハードルが高く、実現性が低いため。

大企業の休眠工場を借りて生産を行い、そのネットワークを利用してグローバルに物を瞬時に流す。

知財は、日本で集中管理する。

世界の主要国は、必要に応じて知財を取得する。

何を特許で独占にし、何をブラック・ボックスにし、何を特許開放するのか。

これはそれぞれの企業にとって、各々のベストな答えがある。

それを研究しているわけですが、

中小企業にとっては、何をどのように特許にしていくのか、”その結果”と”プロセス”が極めて重要です。

|

« 弁理士・丸島儀一の知的財産戦略支援ゼミ(基礎) | トップページ | 来年から新たなチャレンジ、『和の文化』を追求します! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の夢…中小企業が大企業を下請けに使う!:

« 弁理士・丸島儀一の知的財産戦略支援ゼミ(基礎) | トップページ | 来年から新たなチャレンジ、『和の文化』を追求します! »