« 付記代理研修の途中の感想… | トップページ | 日本の士業の学歴とパラダイム改革 »

2017年6月20日 (火)

弁護士倫理研修

付記代理研修には、倫理研修がくっついています。

これはこれでとても重要というか、代理人、いや人間として遵守して当たり前なのです。

なので、今さら、付記代理だからで、研修を受けるというのも変なのですが、

もっと変なのは担当講師の弁護士が言っていた言葉です。

侵害訴訟事件の代理人となることで、弁理士がなぜ弁護士倫理を遵守しなければならないのかの積極的な理由について。

その講師曰く、いろんな誘惑があるからとのこと…

えっっっ?

いくらなんでも嘘でしょうに。

侵害訴訟の代理人になったくらいで、そんな誘惑なんてあり得ないよ。

知財なんかの侵害訴訟で××ヤクザや△△事件屋が絡むことは皆無なのだ。

不動産事件じゃあるまいし。

事実、今までうちのとこに来たことは無いぞ。

どんな誘惑で、一体誰得やねん??

知り合いの弁護士も、今時、そんな甘い誘惑なんてないと言ってる。

弁護士数が少ない昔の事情は知らないが、

今や、弁護士なんて掃いて捨てるくらいいるじゃないか。

その人がダメなら、別の人ということで、

昨日今日開業した若手弁護士なんて、ホームページを検索すればどっさり釣れるだろう…

そんな変な理由を後付けしなくても、やらなあかんものは当然やるのだから、

素直に『やれ』と言えば、済む話。

私も楽して、どうのこうのは全く考えていません。

やっぱ、弁護士とは話が合わないなぁ。

|

« 付記代理研修の途中の感想… | トップページ | 日本の士業の学歴とパラダイム改革 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141718/70911489

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士倫理研修:

« 付記代理研修の途中の感想… | トップページ | 日本の士業の学歴とパラダイム改革 »