« JAIST説明会 | トップページ | 平成30年度(2018年)特定侵害訴訟代理業務試験合格発表 »

2018年12月 7日 (金)

2018年中小企業診断士2次試験の合格発表…

本日、2018年中小企業診断士2次試験の合格発表がありました。

結果は、残念ながら不合格!

調整不足は自覚していたので、悔しい思いはあまりなく(それがヤバイかも)、こんなもんかなという印象しかありません。

来年は1次試験免除で2次試験を受験できます。

2次を受験するか、MBAの養成コースに行くかをよく検討します。

2次で合格しても、大学院のMBAの専門職学位は欲しいんですね。

そうだとしたら、養成コースが効率良いのですが、

前回上げたように、法政の他は、東洋、城西国際、千葉商科しかないだもん…

Fランの学歴は嫌かも。

法政ならいいけど、全日制だからなぁ、、、

全日制は口頭弁論の出廷の関係で侵害訴訟事件を受任できくなるからなイヤだな。

おそらく2020年3月にJAISTの修士課程は修了する予定。

授業の単位ほぼ全部取得し、あとは主テーマと副テーマの論文完成のみ。

80単位オーバーで修了する(多分、JAIST社会人初)!

養成はその後の進路だけど、診断士2次の勉強時間の確保を考えると、

来年はとんでもないくらい忙しい。

■技術士2次試験(今年不合格)

□中小企業診断士1次試験(今年合格)

■中小企業診断士2次試験(今年不合格)

○弁理士付記代理試験(来週合格発表)

この黒部分の試験に、8月後半の社労士試験が入る。

しかし、技術士ってオッサン臭くパッとしないから、技術士2次は止めたい気分という悪魔のささやき。

私の中の戦略はどうしたんだろ。

選択と集中は?

ところで、付記代理試験の結果が心配になってきた。

昨年と異なり、それなりに出来た満足感はあったが、

10月の付記代理試験(論文360分)と診断士2次(論述320分)の連ちゃんはきつかった。本当にシンドイ。1週間でリカバリーができない状態。

診断士2次合格しても、西村お前MBAコース行くだろうっと?

はい、行きたいです。

でも、一橋、早稲田、慶應あたりのMBAに行きたいんですよ。。。

貴重な人生の時間、やっぱり、2度手間かなぁ。

要検討につづく…

|

« JAIST説明会 | トップページ | 平成30年度(2018年)特定侵害訴訟代理業務試験合格発表 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年中小企業診断士2次試験の合格発表…:

« JAIST説明会 | トップページ | 平成30年度(2018年)特定侵害訴訟代理業務試験合格発表 »