« 特許事務所の経営モデルの不思議 | トップページ | 特許審決 »

2019年1月21日 (月)

韓国とは断交を考えるべき

徴用工やレーダー照射等の諸問題で、日本国や日系企業が次々と攻撃されているが、

韓国との摩擦は、慰安婦問題をはじめ、多くの局面で垣間見ることができる。

日本は北朝鮮同様に、韓国とも一度断交する時代になりつつあるといえるのではないか?

戦争は穏やかでなく、残酷かつ不毛な手段なのであるが、

断交ならお互いが幸せになれる要素がある。

今の日本の国益を考えれば、何ひとつ不自由することはないだろう。

半導体素材を含め、電子部品の輸出を禁止すればよく、その代り、韓国からの輸入も放棄すればよい。

一度、断交を通じて、お互いがどのような関係性だったのかを身をもって感じてもらえれば良いのではないだろうか?

私が子供の頃は、どこかでmade in Koreaのタグを見たことがある。

衣類だったと思うが、昔は、韓国で生産していたんだろう。

しかし、現在の生産国は、中国と東南アジアになってしまった。

日本から韓国へは電子部品を含む精密機器の輸出が多く、

韓国から日本に輸入されるのは、キムチ等の食材や訳が分らぬ芸能分野がメイン。

貿易不均衡があり、日本が儲けているため、韓国とは辛うじて交易が継続している。

国交があることによって、

先進技術が盗まれたり、日系企業へ賠償請求が行使されたりと、

おおよそ、反日工作が反復継続されているのであり、

これが文化交流なら、本末転倒でもある。

一度、交わりを断じて、お互いが真に必要なのかを見極める時代になったといっても過言ではないだろう。

|

« 特許事務所の経営モデルの不思議 | トップページ | 特許審決 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国とは断交を考えるべき:

« 特許事務所の経営モデルの不思議 | トップページ | 特許審決 »