« JAISTの中途退学 | トップページ | 執行文付与請求訴訟は、特定侵害訴訟に当たらず… »

2019年6月12日 (水)

中小企業の現場で感じること…

 

 先日も、地方の中小企業へ出張に行きました。

 

 敷地には工場が建設中の会社で、活気に溢れています。

 

 私は知財の専門家として業務を遂行しているのですが、

 

 ヒアリングを通じて感じることは、

 

 やはり「人の問題」です。

 

 他方の中小企業は、本当に人手不足です。

 

 新卒が来ない、退職したエンジニアのアナを埋めることができない…

 

 これは死活問題なんです。

 

 知財の必要性から私が訪問しているのですが、

 

 会議室のラックの中には、労働基準や人の採用・退職に関する書籍・専門書がズラリと並んでいます。

 

 地方の中小企業の人材不足はかなり深刻なことが見て取れます。

 

 さらに入社したものの、すぐに退社される社員もいて、労使間の労働環境・保険の社内制度のインフラを整える必要があります。

 

 そんなわけでやはり、社労士の必要性と、社労士の資格だけでは足りず、

 

 経営者や従業員との強い関係性がなければ、とても改善・改革することはできないと感じました。

 

 従業員のモチベーションの向上や社内労働環境の整備は、とても難しい課題です。

 

 この課題にしっかりと対応できるように、私も努力していきたいと考えています。

|

« JAISTの中途退学 | トップページ | 執行文付与請求訴訟は、特定侵害訴訟に当たらず… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JAISTの中途退学 | トップページ | 執行文付与請求訴訟は、特定侵害訴訟に当たらず… »