« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月23日 (火)

TBC受験研究会~2019年度中小企業診断士2次試験第5回実力完成演習結果~

 

TBC受験研究会の2019年度中小企業診断士2次試験の第5回実力完成演習結果が返送されてきました。

 

 

①事例Ⅰ(組織・人事)…64点

 

 

②事例Ⅱ(マーケ・流通)…84点

 

 

③事例Ⅲ(生産・技術)…88点

 

 

④事例Ⅳ(財務・会計)…96点

 

 

4科目合計:332点(400点満点)

平均:83.00点

 

 

 

今回はめちゃ良かったです(^_-)

 

特に苦手意識のある事例Ⅱで80オーバーは嬉しい。

 

でも,私,本番が弱いんだよね。

 

大学受験でも予備校の模試は高い偏差値が出るのですが,本番はダメ。

 

何かが足りないんだよ。

 

 

| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

弁理士はノマド高収益資格のトップ3に入る!

 

士業というと多くの資格がありますが、

独立へのハードルの低さ、開業後の高い収益確保、開業後の高い自由度の各視点で、弁理士はトップ3に入ると思います。

 

立へのハードルの低さ

 先ず、独立へのハードルは、試験合格後に研修を経て弁理士登録すれば、誰でも独立可能です。

 税理士や公認会計士のような実務経験も問われず、不動産鑑定士のような実務補修(費用300万円相当)も不要です。

 弁護士のような司法修習生のような時期もありません。

 この点では、司法書士も独立は容易といえます。

 

・開業後の高い収益確保

 開業後の収益確保では、クライアントを掴むまでは苦労されると思いますが、

 お客様がいれば、特許庁に対する手続には多くの継続要素がありますので、単発でありながらも継続的収益機会があるといえます。

 しかも手続1回当たりの弁理士報酬も高いため、1人で個人開業しても相応の収益額が見込めます。

 弁理士業務は単発業務と言われていますが、本当の単発業務は司法書士や行政書士のような業務ですし、

 税理士のような顧問関与でなくても、多くの視点でクライアントに対して収益構造に至る関係性を構築することができます。

 売上=単価×収益機会

 弁理士1人で年間1億円売上も夢ではありません。

 

・開業後の高い自由度

 開業後の自由度ですが、例えば特許や意匠はクリエイティヴな仕事であるため、成果物の内容がそのまま、顧客価値になります。

 その意味で、どこで仕事していてもよく、どのような服装でも、いつの時間を仕事に充てても良いわけです。

 例えば、昼夜逆転している人も、自宅でこもって仕事をしている人も、派手なオシャレをして仕事をしていても、成果物が良く、その結果が依頼人の利益・顧客満足度を向上させるものであれば、何でもokです。

 この点、税理士が自由で安定的な資格といわれていますが、税法上という縛りで申告や諸手続が強制されているため、出来て当たり前。顧客満足度に至るケースはそれ程多くありません。逆に、他の税理士へのスイッチングコストが低く、顧客から切られる可能性すらあります。

 そうすると、税理士は仕事の手間の割に単価が比較的安くなりますので、税理士事務所をいつまでも1人で回すことはできないでしょう。

 所員を雇用すれば、収益性の低下と、フラストレーションが生じます。

 弁理士1人、健康であれば、自由な気分を味わい、継続的な仕事が可能です。

 

 

 

弁理士の他に、2つの資格が良いと思います。

1つは弁護士です。

もうひとつは、ヒ・ミ・ツです(^_-)

 

皆様もよく考えてください!

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

顔真卿の「祭姪文稿」より

 

本日の作品は、

 

顔真卿の「祭姪文稿(さいてつぶんこう)」から選びました。

 

 

難しい字ですが、

 

先生から、お褒めのお言葉を頂戴しました(^^♪

 

Img_20190719_002519_20190719004001

 

 

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

運命のいたずら…

 

 本日も、準備書面の起案で頭フル回転してました。

 

 思えば、訴訟業務に関与できるチャンスなんてないと思って、付記試験を軽視していましたが、

 

 人生何があるかわかりません!

 

 

 付記試験の勉強が実務で活きています。

 

 村西先生のゼミでの実務体験もめっちゃ参考になっています。

 

 

 侵害訴訟の準備書面に、訴訟代理人弁理士 西村 知浩……ですよ、

 

 補佐人弁理士の時とは、次元が違う気持ちになっています、はい。

 

 

 補佐人弁理士時は起案後に、後は弁護士の先生がうまくまとめてください~でしたが、

 

 訴訟代理人弁理士として関与してから、依頼人のために尽力するぞ!という責任感で一杯です。

 

 全部、私がやってやるぞ~の気持ちを抑えながら、チームワークを磨きます。

 

 

 弁論準備でも裁判所と主体的に連絡をとります。

 

 

 テンションあがり、ハリキリ過ぎな感じで、いつも期日を迎えます。

 

 

 

 

 ここに私が存在し、このような機会を頂いたこと、依頼人を含み、お世話になった方々に感謝しております。

 

 

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

「強制徴用」の真のねらい【西村の視点】

「強制徴用」の問題で、日韓の摩擦が生じているが、


私なりの解釈は、

 「日本以上に酷いと言われている少子高齢化の韓国人口ビラミッド社会において、高齢者の生活保護が負担できない費用を日本に負担させよう」という考えが根底にあるのだと思います。

 一見すると、

 日本製鉄や三菱重工のような企業を相手にしていて、日本国民には何ら関係ないような対立構造のようですが、

 戦争中の事態ゆえに、戦争責任は国にあるべきだから、

 一企業からの賠償では済まされない。

 日本国として責任をとることになるだろう。

 日本国が賠償に応じれば、

 我々日本国民の税金が費やされるから、結局は日本国民の税金で他国の高齢者を養う結果になる。


 一社の事例でうまくいけば、後は多くの韓国企業から日系企業に対し五月雨式に訴訟が繰り返され、

 結局は、韓国の高齢者(事実関係を精査せず)が日本国民の税金で生活できるというシナリオになる。

 しかも、100年後、200年後も永遠に。


 

 それでは、日本政府はこれに対してどのような回答を示すか。

 おそらくこのまま拒否を通す、と考える。

 日本政府の腹の内は、韓国とは経済的に断交しても良い、ということだろう。

 先の3品目についてもおそらく経産省から許可が下りることはない。

 それに対し、徴用工の資産化が実行される。

 それに対し、日本の強烈な追加報復がある。

 国民は知らないと思いますが、

 日本国は韓国経済を崩壊できる程の世界的信用力を持っている。

 そこに手をつければ、韓国経済は1年も持たず崩壊するだろう。

 経済戦争の勃発。


 着地はどうなるか?

 韓国の文大統領が引きずり降ろされ、毎回恒例の刑務所へ。

 韓国に新しい政権が生まれ、日本との関係修復に力を入れる。

 そこで、徴用工に関して日本の言い分を反映した内容で韓国が妥協する。

 それと引き換えに、日本の国際通貨補償は復活する。


 ……


 つづく


 

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

NHKから国民を守る党

 NHKから国民を守る党という政党を始めて知りました。


 NHKの政見放送では、代表の立花さんが、NHK職員を前に、「NHKをぶっ壊す」と連呼していて爆笑した。

 立花さんの動画をみると、NHKと裁判をしているものがあり、勝訴していたので、

 その辺の弁護士よりも訴訟能力が高いようだ。


 NHKの放送を希望する者と、希望しない者を区分けして、

 希望する者から受信料を徴収し、希望しない者からは徴収しない、という方針だけど、


 かなり説得力があるのではないか。

 希望しない者からNHK受信料をとるのは、やはり可笑しいのかな。

 といっても、我が家はNHKしか見ていないし、ちゃんと受信料は支払っているけど。

 
 マスコミについても、朝日新聞やテレ朝の報道の在り方について問題があるとする国民や識者も多いので、

 NHKに対する立花氏のように、


 「朝日系列から国民を守る党」みたいな人が出てくれば、政治に興味をもつ有権者も増えるのではないかな?

  自身が支持する思想によっては、
 
 「朝日系列」ではなく、別のところでも良いのだけれど。

 
 
 とにかく国民も政治に積極的に参加して欲しい!


 もっと主体的・能動的に社会で生きようよ。


 

| | コメント (0)

中小企業診断士2次試験に専念

 

 今年は、持ち時間の関係で、中小企業診断士2次試験に集中しています。

 

 昨年の本試験結果を改めて確認すると、

 

 事例Ⅰ…A

 事例Ⅱ…B

 事例Ⅲ…B

 事例Ⅳ…D

総合:B

 

 A:60%以上

 B:50~60%

 C:40~50%

 D:40%未満(足切り)

 

 事例Ⅳが足を引っ張っていました。

 逆に言うと、総合Bなので、事例ⅣがBくらいなら合格していたはずです。

 

 

 今から、事例Ⅳを集中的にトレーニングします。

 毎日問題を5問~10問くらい解きます。

 

 

 社労士試験対策は学習範囲を一巡したけれど、定着まで行かず、

 技術士試験において、昨年試験後からほとんど勉強していないので、

 今年の受験は断念することにしました。

 

 

 今年、中小企業診断士は2次免除の最期の年です。

 今年ダメならまた1次試験から受験しなければなりません。

 ただ、経営コンサル実務の修得を兼ねて、養成機関へ行くルートも検討することになります。

 

 

 

 いずれにせよ、資格試験の勉強は、今年の中小企業診断士2次試験に専念致します。

 

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

本日の稽古作品「太守」

 

 今日は、集中力がイマイチなので、書道の稽古に参加しました。

 

 
 課題は「太守」。

 

 
 最近、多忙につき、気が多く、邪念も垣間見られる心の状態だと悟り、一筆入魂してきました。

 

 
「太守」は字数が少ないが故に、とても難しい字です。

 

 

 

稽古のお蔭で、

 

事務所に戻り、クライアントとの打ち合わせではテンションが上がり、その後の起案もはかどりました(^_-)

 

 

Img_20190712_002304_20190712012801

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

今年の断捨離

 

 今年(2019年)の技術士2次試験、社労士試験の受験は、

 

 諸般の事情(前向きな理由※仕事の都合です)により、断念することにしました。

 

 願書提出したけど。

 

 

  社労士合格は来年にかけます(^_-)

 

 

 

 JAISTの自主退学といえ、

 

 今年は、断捨離年のようです。

 

 

 

 これもまた運命。

 

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

土日で合計20時間以上の勉強!

 

 悪天候のため、土日は自宅で勉強頑張っていました。

 

 

 ・技術士2次試験対策

  ・・プロジェクトマネジメントにおけるリスク・ステークホルダー対策について

  ・・サービスの4つの特性について

  ・・過去問解説で論文の作法確認

 

 

 ・社労士試験対策

  ・・一般常識の過去問題集1週回し

 

 

 ・中小企業診断士2次試験対策

  ・・財務会計の演習

  ・・組織人事の演習

  ・・マーケティングの演習

 

 

 

 

 とても充実した二日間でした。

 

 悪天候に感謝(^^)/

 

 

 

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

ブルー系のネイル・アート

 

 初夏に相応しくブルー系のネイルアートに、チャレンジしてきました(^_-)

 

 

 特許事務所のルールではNGのところがあり、勤務者にとっては制約条件になりますが、

 

 独立すれば、品が良ければ、何でもマイ・ルール。

 

 

 常に視野に入る部分で、気持ちが引き締まるので、創作系のお仕事の方やアーティストには爪先のオシャレは必須です。

 

 

 

 私は弁理士ですが、弁理士の道は才能溢れる芸道だと捉えていますので、

 

 特許明細書や意見書、訴訟の準備書面のストーリーや構成は、創作系のお仕事だと感じています。

 

 

 

 お世話になっている近くのネイルサロンを訪れると、

 

 多数の大きなトロフィーが飾られ、ネイリストさんの実力を垣間見ることができます。

 

 

 0

 

 ネイリストさんが自身のSNS投稿のため、最後に、ポージングの指導を受け、写真撮影が行われます。

 

 今回も手のモデル気分で決めてきました!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

本日の稽古作品「建寧」

 

本日の稽古作品は、「建寧」です。

 

 

爨宝子碑(さんぽうしひ) 建寧。

 

 

精神を統一し、

字数が多く、水平線・曲線・止め・はねのバランスを考えます。

 

 

「建」の字画数が多いため、大きくなりがちですが、

 

「寧」のうかんむりの大きさと位置で、「寧」全体の大きさと位置を規定し、下の「皿」の部分で字体を安定させます。

 

 

 Img_20190706_123844

 

| | コメント (0)

2級ファイナンシャル・プランニング技能検定合格

 2級ファイナンシャル・プランニング技能検定に合格し、合格証書が送られてきました。

 

 

 
 私は3級受験から受験勉強を継続して、3級合格し、今回2級に合格したのですが、

 

 今後はさらに研鑚を積み、1級合格を目指します(^^♪

 

 

 

 ちなみに試験の結果は、

 

 ・学科試験…52/60点

 

 ・実技試験…87/100点

 

 

15623816682190

 

 

 

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

英語の勉強を再開!

 

 英語の学習を再開します。

 

 TOEIC900点に未だ達していないため,初志貫徹。

 

 リーディング力とスピーキング力を徹底的に鍛えます。

 

 仕事の合間に,知力にエナジー注入。

 

 

 イチローのように,

 もってる人間になるために。

 

 

 

| | コメント (0)

社労士初受験

 

 8月下旬に社労士を受験しますが、

 

 試験科目が多すぎて全て回していません。

 

 社一(社会保険に関する一般常識)という最後科目で悪戦苦闘中。

 

 試験は、すべてマーク式なので何かと良いのですが、

 

 やはりそれ程、甘くはない。

 

 

 社労士試験合格⇒実務修習⇒登録⇒特定社労士試験、という流れになりそうです。

 

 

 頑張ります!

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

日本から韓国への輸出規制

 

 日本の国益を守るために、国が、ようやく行動に移した。

 

 日本から韓国への半導体材料3品目の輸出規制。

 

 

 日本国および国民の真の利益を考え、実行してくれる政治家は、自民党しかありません。

 

 

 

 今後は、さらに、関税の大幅増⇒ビザ規制⇒韓国への送金規制・日本の信用保証の撤廃⇒…⇒…⇒断交

 

 

 日本は、たくさんのカードを持っている。

 

 韓国も同じカードで対応しようとしても、日本と韓国の国力差や経済依存度を考慮すれば、

 

 先に韓国が廃れるのだ。

 

 韓国を得意先にしている日系企業にも損害が出るが。

 

 

 

 経産省も、日本と韓国との間にもはや信頼関係がないと、ホームページで認めています。

 

 

 

 

 どこの参考書にも載っていない、経済戦争の勃発。

 

 我々はそのケース・スタディをライブで考察することができるため、ラッキーな時代に生まれたのだろうか。

 

 

 

 

 いずれにせよ、今は乱世。

 

 

 何が起こるのかわからないという状況は、平和ボケした日本人に多くの教訓を与えてくれます。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »