« 「強制徴用」の真のねらい【西村の視点】 | トップページ | 顔真卿の「祭姪文稿」より »

2019年7月17日 (水)

運命のいたずら…

 

 本日も、準備書面の起案で頭フル回転してました。

 

 思えば、訴訟業務に関与できるチャンスなんてないと思って、付記試験を軽視していましたが、

 

 人生何があるかわかりません!

 

 

 付記試験の勉強が実務で活きています。

 

 村西先生のゼミでの実務体験もめっちゃ参考になっています。

 

 

 侵害訴訟の準備書面に、訴訟代理人弁理士 西村 知浩……ですよ、

 

 補佐人弁理士の時とは、次元が違う気持ちになっています、はい。

 

 

 補佐人弁理士時は起案後に、後は弁護士の先生がうまくまとめてください~でしたが、

 

 訴訟代理人弁理士として関与してから、依頼人のために尽力するぞ!という責任感で一杯です。

 

 全部、私がやってやるぞ~の気持ちを抑えながら、チームワークを磨きます。

 

 

 弁論準備でも裁判所と主体的に連絡をとります。

 

 

 テンションあがり、ハリキリ過ぎな感じで、いつも期日を迎えます。

 

 

 

 

 ここに私が存在し、このような機会を頂いたこと、依頼人を含み、お世話になった方々に感謝しております。

 

 

|

« 「強制徴用」の真のねらい【西村の視点】 | トップページ | 顔真卿の「祭姪文稿」より »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「強制徴用」の真のねらい【西村の視点】 | トップページ | 顔真卿の「祭姪文稿」より »