« 弁理士による訴訟実務の導入編~パラリーガル視点 | トップページ | 財務・会計の強化 »

2019年8月31日 (土)

付記試験では裁判所講義の資料がとても重要!


もうすぐ、付記試験です。

私も昨年10月、付記試験と、中小企業診断士の2次試験を立て続けに受験しました。

付記試験の1週間後が診断士の2次試験だったので、時間の使い方が難しく、下手すれば2つの試験に不合格になる可能性もある状況でした。

結果的に、付記試験に合格、診断士2次は総合B評価で不合格でした。

その意味では今年診断士の2次試験のみで、身体がとても楽です。


さて、付記試験ですが、

意外かも知れませんが、能力担保研修の中で行われる裁判所の授業がありますよね。

そのときに配布されるレジュメがとても重要なんです。


レジュメには、法規範や重要判例が網羅されています。

新規性・進歩性・記載要件などの特許要件や侵害論での法規範、損害論での算出根拠等、すべて試験に出そうな論点です。

均等論の5要件や間接侵害論、先使用権の規範と論点も抜け目なく。

裁判官が受験生に講義までして詳しく説明しているのに、訴訟代理人資格を付与する付記試験において、試験で出願されないわけがありません。

それをどこまで仕上げるかというと、

全て暗記して一言一句間違わずに、再現できるというレベルまで仕上げます。


2019年度の付記試験では、特許法の規範や論点が出題されると予想されます。

そうだとすれば、特許法のレジュメは宝の山になります。


また昨年は、不正競争防止法のみの論点出題でしたので、

今年は商標法の論点も要注意です。

意匠法の法改正があることから、意匠も項目落ちがない程度に暗記する。

その他の参考書として、能担のテキストの論点・規範を見直す。

民法と民訴は条文レベルで照らし合わせ、特許法で準用する民訴を優先適用するという視点で考える。


ただし、分厚い判例集までは、不要だと思います。

法規範や各要件を暗記できれば、

あとは、事例のあてはめ。

できる限り詳しく、ラブレターを書くつもりで丁寧に説明することは弁理士試験と同じです。


訴状や答弁書、準備書面の様式や項目も暗記する。

これだけの当たり前のことをやるだけで、60点は軽く超えます。

なお、おススメの筆記具は、中太程度の万年筆一択です。

万年筆で紙面を滑らせば、握力を温存しながら、インパクトのある字が書けます。

なんというか、万年筆の字は、解答に自信があるような印象を採点者に与えそうです。

冗長表現は避けるべきですが、

それでも6~7頁くらいの論述ボリュームは必要ですし、万年筆なら楽勝です。


|

« 弁理士による訴訟実務の導入編~パラリーガル視点 | トップページ | 財務・会計の強化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 弁理士による訴訟実務の導入編~パラリーガル視点 | トップページ | 財務・会計の強化 »