2019年9月13日 (金)

審決取消訴訟での技術説明会を終えて

昨日、知財高裁で審決取消訴訟の期日があり、裁判所の指示どおり、技術説明会がありました。

ケースの性質から、発表時にプロジェクタは使わないとのことでしたので、

私は準備書面に、乙号証として、技術説明会の資料を事前に添付して提出していました。

本件特許発明の技術思想の概要と主引例との相違をできる限り、わかり易いようにパワーポイントで作成しました。

事前に何度も口頭説明の練習を行い、資料の内容を暗記できる程度にまで、頭にたたき入れて、

自然な口調と論理性を重視して、事務所で繰り返しトレーニングを行ってから、期日に臨みました。


とはいえ、

弁論準備では、ラウンドテーブルといわれる大きめの会議室で、

裁判長を含め、原告側代理人、司法修習生、依頼人等が集まり、かなりの人数になっていましたし、

裁判官の前で、しっかり説明できるか、理解され難いところはないか等を考えながら話すのは、

弁理士試験の口頭試験とどこか似ているところがあり、とても緊張しました。

裁判官は、終始、穏やかな雰囲気で、時々あいづちを打って下さり、とても話し易い雰囲気を作って下さいました。

そのような雰囲気にも助けられ、重要な論点に絞って、十分な説明ができたと思います。

同席して下さった依頼人にも満足して頂けました。


反論すべきこと、提出すべき資料、被告(特許権者)側の言い分は全て準備書面に記載して提出しましたし、重要ポイントは口頭でも説明できました。

イメージトレーニングしている期日の前夜から、私の緊張モードが高まり、若干の睡眠不足でしたが、

なんとか、被告代理人の務めを果たせたのではないかと思います。

何事も経験が大事。

今回の審決取消訴訟の機会は、とても貴重であり、私にとっても良い経験財産になりました。

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

【知財高裁】審決取消訴訟期日

本日、審決取消訴訟の期日で被告(特許権者)側の訴訟代理人として知財高裁へ出頭致します。

本事件は司法修習生の見学対象ケースに指定され、司法修習生を含め、裁判官の前で被告の主張や技術の口頭説明を指示されています。

既に準備書面は裁判所に提出しており、本日の弁論準備の場でそれを陳述の上、口頭説明をして参ります。

過去の判決を調べると、特許権者にとってなかなか厳しいかなと思われる部に係属しており、期待とともに不安・緊張を抱きながらも、

訴訟代理人として尽力致します。


「人事を尽くして天命を待つ」の心境です。


| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

資格×実務×語学=持続的競争優位性

ある資格をとれば、専門としたい分野の実務を極めてその道の専門家になる。

これは最も効率かつ安全な付加価値形成ルート。

第一人者になれば自己判断が尊重され、垂直的職務拡大に至る。

一方の語学力。

弁理士の特許実務や行政書士の在留資格業務については、語学力が必要であり、語学を極めることは業務範囲の拡大が得られる。

業務範囲の広がりなので、水平的職務拡大。

語学ができる人が限られているのでブルーオーシャンでもある。


そして、資格。

多くの資格を取得すれば、

これも業務範囲拡大なので、水平的職務拡大。

ただし、各資格の取得者数は、相応に入るので、ダブル資格がブルーオーシャンとは限らない。

垂直的職務拡大と水平的職務拡大が出てきましたが、

どちらが自己にとって満足度やモチベーションが高くなるかといえば、垂直的職務拡大であると言われている。


ブルーオーシャンかレッドオーシャンか。

これはブルーオーシャンが絶対に良い。


そうすると、

好ましくは、資格を取得すれば、その実務の徹底して鍛え上げ、第一人者となる。

そして、語学のトレーニングを行い、英語、中国語等の語学力をつける。

アラビア語やロシア語を習得できれば、同業者の縛りの中では、一番になれる。


結論的に、

第一人者×ブルーオーシャンが戦略として最強といえそうだ。

しかし、私が敢えて多資格取得を求めるのは、


それはクライアントに対するベネフィットにおいて密接な関係があるからだ。

経営やマーケを支援するために、中小企業診断士の資格取得やMBA学位を通して自己の業務戦闘力を上げる。

起業する人に許認可が必要だから、行政書士の登録をする。

起業後に従業員の最適な労務管理が必要だから社労士も狙う。


多視点でクライアントのお役に立てる⇒新規な業務受任(マーケでいうと顧客の買上点数の増加)⇒クライアントも士業もwin-winの関係

これが私が想定する付加価値の根源です。

クライアントが経営的に向上しなければ、弁護士以外の商売は成立しない方向に移る。

会社が倒産して仕事になるのは、破産管財人等で活躍する弁護士等に限られるから。

でも、どうせなら、破産する会社の仕事よりも、

成長していく前向きなクライアントとの関係性を築きたい。

これが、私の本音です。

それを実現するためには、

クライアントの起業前後から成長期を迎えて組織化に至るまでの業務をお供できれば、最高に良いのです。


| | コメント (0)

2019年9月 6日 (金)

東京地裁・佐藤達文裁判長

2019年9月4日、東京地裁・佐藤達文裁判長のもとで行われていた特許権侵害訴訟で、

特許権侵害認容、損害賠償額2億8千万円の判決が出されました。


私はこの事件の代理人ではありませんが、

特許権侵害訴訟の別の事件において、現在、佐藤裁判長のもと、原告の訴訟代理人として戦っています。


他の事件の判決ですが、今回のこの判決は、原告側の訴訟代理人として、とても勇気づけられます。

相手を特許権侵害で訴え、特許権の侵害が認められ、多額の損害賠償を勝ち取るのは、とても大変で難しいことです。

苦労して研究を重ね、その成果をまた苦労して特許査定にし、自社の事業の参入障壁を築く。

事業者でもある特許権者は、当たり前なことを国の特許制度を活用して積極的に投資しています。


その技術思想たる果実をあたかも横取りして自分の利にあてる輩。

このような輩は絶対に許せないというのが特許権者の心情だと思います。


知財部の裁判官には、
特許権の価値を十分に理解して頂きたい、できれば当事者として起業し、特許権者の気持ちを感じて欲しいと思っています。


正々堂々、真面目に生きていれば、報われる社会にして欲しいと願っています。


我々の訴訟も大詰めの域に入ってきましたが、

今後も正々堂々と戦い続け、

特許権侵害を勝ち取り、特許権者である依頼人に報いたいと考えています。

| | コメント (0)

2019年9月 5日 (木)

士業独立後の4つの心得


士業で独立した後に必要な4つの心得です。

1.群れない
2.騒がない
3.新しいコトを始める
4.それを反復継続する


特に3と4は,自身の付加価値を高め,差別化・個性を構築するための感性であり,修行でもある。

成功するまで繰り返す。


1は,誰と付き合うのも自由の身。ならば,あえて群れなくてもよい。

2は,想定外のことも起ります。ならば,あえて騒がなくてもよい。

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

付記試験対策・村西ゼミの受講生の必須アイテム

付記試験対策として、村西弁護士のゼミを受講されている方も多いと思います。

昨年の合格率も、村西ゼミ生は平均を大きく上回っていましたね。

今の時期に使用する必須アイテムは、村西ゼミのレジュメ(以下、レジュメとする)と条文です。

レジュメは、法規範や判例、要件、論点が詰まっている合格指南書です。

その内容については、暗記暗唱できる程度まで繰り返して欲しいです。


あくまでも私の感覚ですが、
例えば、ある論点の規範を書かせる問いが出るとして、その配点が3点だとすると、

完璧に再現した答案には3点が加点され、

ある程度再現されている答案には2点が、キーワードのみの記載が1.5点が、ほとんど書けていないが0~0.5が加点され、

そして、事例のあてはめ項目(採点3点)でも、同様に、完璧に再現された答案には事例のあてはめも詳しく・丁寧になるので、3点が加点され、ある程度の事例のあてはめの答案には2点が、キーワードのみのあてはめの答案が1.5点、…

という感じで、どんどん点差が開いていくからです。


特に商標法と不正競争防止法では、そういうところが大きな点差となるように思います。


今の時期は、商標と不競の復習が点数を伸ばすために効率が良いと思います。


なお、特許についても規範や文言解釈が多々ありますが、事例技術のあてはめを丁寧に行ってください。

そして、秘密兵器は、村西ゼミの民法と民訴のレジュメ及びセレクト問題集です。

私は総じて10回くらいは回していたと思いますので、必ず論点チェックと同時に条文を確認すること。

民法と民訴は時間の問題でポイントを絞る必要があります。

ゼミで使用した問題・解説や最終回に配布された論点整理のレジュメで要件と条文を確認すれば、小問で6割はとれると思います。

さらに昨年の直前期、村西先生からゼミ生へあるサプライズを頂きました(今年も多分)。

いろんな想いを抱きながら一生懸命勉強していると、そういうときに涙が出てくるものです。

昨年は大学院の研究がありましたので、土曜日がほぼ毎週潰れていました。

日曜日の村西ゼミはとてもしんどかったのです。

ゼミで書いていたいつもの答案練習のように本番に臨めば、合格できると信じて頑張ってください。

※訴状や答弁書の表紙の項目についても、レジュメに記載されているので、暗記して下さいね。


| | コメント (0)

2019年9月 1日 (日)

財務・会計の強化


9月は、財務会計の強化に当てます。

最後の悪足掻き。

8月の中小企業診断士2次試験の公開模擬試験で、事例Ⅳの財務会計の計算問題をことごとくミスってしまった。

単なる計算間違いではなく、題意解釈上でのミスであり、本試験では致命的だ。

まだ1カ月あるので、1日7時間の勉強時間確保を目標にする。


私は7の倍数で考える。

1日24時間のうち、寝る時間が7時間、仕事時間が7時間、勉強時間も7時間、残り3時間。

1日勉強時間7時間はキツイが短期集中なので頑張る。

中小企業診断士の資格を取得すれば、クライアントに経営改善を含め、国から補助金・助成金を引き出す支援が可能になる。

なんといっても、特に中小企業のクライアントにとって、お金をもってきてくれる士業が一番有難いと考える。


私の大好きなドラゴンボールで例えると、


付記登録していない弁理士がサイヤ人なら、

付記登録の弁理士は、スーパーサイヤ人。

中小企業診断士+付記登録弁理士なら、スーパーサイヤ人2。

まだまだ伸び代はありますが、

歩いているだけでオーラが違います。


ゴッドに向けて、修行の日々だ。


| | コメント (0)

2019年8月31日 (土)

付記試験では裁判所講義の資料がとても重要!


もうすぐ、付記試験です。

私も昨年10月、付記試験と、中小企業診断士の2次試験を立て続けに受験しました。

付記試験の1週間後が診断士の2次試験だったので、時間の使い方が難しく、下手すれば2つの試験に不合格になる可能性もある状況でした。

結果的に、付記試験に合格、診断士2次は総合B評価で不合格でした。

その意味では今年診断士の2次試験のみで、身体がとても楽です。


さて、付記試験ですが、

意外かも知れませんが、能力担保研修の中で行われる裁判所の授業がありますよね。

そのときに配布されるレジュメがとても重要なんです。


レジュメには、法規範や重要判例が網羅されています。

新規性・進歩性・記載要件などの特許要件や侵害論での法規範、損害論での算出根拠等、すべて試験に出そうな論点です。

均等論の5要件や間接侵害論、先使用権の規範と論点も抜け目なく。

裁判官が受験生に講義までして詳しく説明しているのに、訴訟代理人資格を付与する付記試験において、試験で出願されないわけがありません。

それをどこまで仕上げるかというと、

全て暗記して一言一句間違わずに、再現できるというレベルまで仕上げます。


2019年度の付記試験では、特許法の規範や論点が出題されると予想されます。

そうだとすれば、特許法のレジュメは宝の山になります。


また昨年は、不正競争防止法のみの論点出題でしたので、

今年は商標法の論点も要注意です。

意匠法の法改正があることから、意匠も項目落ちがない程度に暗記する。

その他の参考書として、能担のテキストの論点・規範を見直す。

民法と民訴は条文レベルで照らし合わせ、特許法で準用する民訴を優先適用するという視点で考える。


ただし、分厚い判例集までは、不要だと思います。

法規範や各要件を暗記できれば、

あとは、事例のあてはめ。

できる限り詳しく、ラブレターを書くつもりで丁寧に説明することは弁理士試験と同じです。


訴状や答弁書、準備書面の様式や項目も暗記する。

これだけの当たり前のことをやるだけで、60点は軽く超えます。

なお、おススメの筆記具は、中太程度の万年筆一択です。

万年筆で紙面を滑らせば、握力を温存しながら、インパクトのある字が書けます。

なんというか、万年筆の字は、解答に自信があるような印象を採点者に与えそうです。

冗長表現は避けるべきですが、

それでも6~7頁くらいの論述ボリュームは必要ですし、万年筆なら楽勝です。


| | コメント (0)

2019年8月29日 (木)

弁理士による訴訟実務の導入編~パラリーガル視点

弁理士が訴訟代理人・補佐人を受任するときのパラリーガル視点での備忘録。


裁判所書面は、正本・副本・写し3部を用意する。

各部ごとにホッチキスで止める。

写しは正本の写しであり、正本(代理人印を押したもの)で、ゴム印で正本を表記していない状態のものをコピーして作る。

ワードデータからの印刷では写しではないのでダメ。

正本・写し3部は裁判所用、副本は相手方用のもの。

写しが3部必要なのは、裁判官が3人の合議体だから。

正本・副本・写しの区別は、ゴム印等で示す(手書きでもok)。

私は訴訟実務用のゴム印等は、ネットで検索して、いいなと思う印鑑を購入した。

その他、書証を提出する場合、証拠説明書をつける。

証拠説明書にも、正本・副本・写しの区別を表記。

書証、例えば、甲号証・乙号証については正本・副本・写しの区別表記は無くても良し(ただし、先頭の書証のみ区別表記する弁護士もいる)。号番についてはゴム印を赤色の朱肉につけて押印し、番号のみ赤マジックで手書きするのが一般的。

甲号証は原告ないし請求人が提出する書証、乙号証は被告ないし被請求人が提出する書証。

裁判所に書面を持参する場合、自分用の控えを持っていくと、そこに裁判所の受領印を押して貰える。

裁判所に郵送しても良いが、到達主義に注意。

書面提出後、裁判所にはデータをメール送信する(訴訟が始まるときに裁判所からデータ送信の依頼があり、これに承諾すると裁判所のメアドを教えて貰える)。

副本は、原則、相手方に直送するが、受領書付き送付書を添付して相手方へ郵送する。

当該受領書には相手方から記名押印してもらい、その後速やかに、当職と裁判所にそれぞれfax返信して貰う。


注意点は、副本は原則相手方に直送するが、

訴状等、事件が開始する場合の書面の副本については裁判所が事件内容を把握する必要があるため、先ず裁判所に送り、裁判所経由で相手方に郵送される。

その場合の郵送費用は、原告が負担する。


書面の様式では、表紙に「直送済み」と表記されているモデルがあるが、法律で決まっているわけではなく、表記無くても問題なし。

書式の文字数、フォント、行と列の数、色等は、特別な決まりが無く、特許出願の明細書と異なりカラーで示しても問題なし。

ただし、小さすぎる文字は、裁判官が読み難いおそれあり。


準備書面の頁数については、特段、決まり無し。

特許関係の事件では1回の準備書面が100頁~200頁に至ることも有り。さらに書証も増えることを考えれば、事務所には大きめの複合機と、十分なコピー用紙が必須になる。弁理士1人事務所ではSOHO用の小さな複合機を利用している事務所も多いと思われるが、それだと書面作成後の印刷時に苦労することになる。
弊所では、もともと、大きめの複合機(重量200キロ近いもの)と、小さめの(予備の)複合機(重量30キロくらいのもの)があるのでこの点は助かった。重量30キロくらいの小さな複合機では機器のスペック上、印刷が難儀する(途中に紙詰まり多し)。

準備書面ではページ数を表記する。ページ数の表記がない場合には各頁に割り印が必要になり、かなり面倒。

準備書面が50頁を超えてくる場合には、最初に目次をつけると見た目が良し(裁判所の印象も?)。

目次の項目には全体を示すために大項目の見出し名と主な論点だけで結構(大・中・小の全ての項目の見出しを目次に表記すると、目次だけで数十頁に至るおそれがあり、目次の意味がないかも)。

余談として、
東京地裁での侵害訴訟では16カ月くらいの審理期間をとって貰える。
他方、審決取消訴訟では、原告・被告とも、原則1回の書面で主張し尽くし、その後、適宜技術説明会を経て、速やかに口頭弁論・判決に至る。やはり審取は控訴審と同じ位置付けなので、審理期間がとても短いので注意。
侵害訴訟と審決取消訴訟では、同じ当事者同士で、原告と被告の立場が入れ変わる場合もあるが、双方の準備書面で内容をコピーする場合には注意が必要(審取では自分が被告なのに、侵害訴訟の準備書面の内容をコピーすると、被告の主張には理由がなく失当である、となってしまう(笑))。


| | コメント (0)

2019年8月23日 (金)

係争発!20万文字準備書面


侵害訴訟や審決取消訴訟では、準備書面に立証事項や反論事項を記載することになります。

準備書面の様式や文字数、頁数が厳密に規定されているわけではないのですが、

やはり、特許出願書類とは根本的に異なる論証になります。

今回、私のターンでは、かなりの分量の準備書面を短時間で作成しなければなりませんでした。

侵害訴訟、審決取消、無効審判答弁書等、論点の多さに伴い、こちらの主張・立証事項や反論事項がとてつもなく膨れ上がります。

しかも、誤記や論述の流れを何度もチェックしますから、毎日、終日緊張状態です。

今回も例外なく、20万文字のペースです。


これだけの書面になると、コピー代がとてもかさみます。

提出前のチェック用で何度かすりますし、提出時には正本1通、副本1通、写し3部の他に、クライアント用、共同受任の弁護士用、自分用の控え等、合計数千頁に及びます。


これだけではありません。


証拠説明書というものも作成提出しますから、証拠の各号証とあわせると、あっという間に、事務所にあるコピー用紙のストックが消えてしまいます。


訴訟、恐るべし。


特に面倒だったのは、無効審判の書面は特許庁に提出しますから、句読点は「、」になります。

一方、裁判所への提出書面は、句読点として『,(カンマ)』を用います。


特許庁では「、」が句読点として正当表記という扱いで、

裁判所では『,(カンマ)』が正当表記になります。


特許庁の書面と裁判所の書面との間で同じ内容をコピーして使うことがありますが、

このときは、「、」と『,(カンマ)』が混在していて、修正が大変です。

置換機能は使いますが、ソフトをあまり信用しておらず、余程のことがなければ一括変換しないタイプです。


また絶妙に、無効審判答弁書と裁判所の準備書面の表現を変えるところにも、神経をつかっています。

提出期限が迫ってきましたが、尽力したいと思います。

(昨年付記試験に合格し、早期に登録しておいて本当によかった…)

それでは、また。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧