2016年2月 5日 (金)

清原和博氏

清原和博氏が逮捕された。

失礼ながら、あの風貌を見ると、何も驚かない。

清原氏を全く知らない人からすれば、見た目がイカツイですから、いかにもその筋の逮捕されそうな人に映るのかも知れません。

PL学園の時、清原・桑田と言われ、高校超級の凄さでした。

プロ野球では、桑田さんの方がある女優さんとの関係で、ダーティーなイメージがついていた。

しかし、桑田さんは引退後、大学院に進学され、自分を活かせる道に向かって努力されているようです。

清原さん、もうちょっと自分を大切にしなよ、と。

心が弱いといえばそれまで。

実は、寂しがり屋で、負けず嫌いで、意固地で、虚栄心があって‥

自分に合ったメンターがいれば、実は、180度変身する人なのでしょう。

それだけに惜しい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

さようなら!まさお君

今回のブログは、弁理士とは関係のないお話です。

ただ、読後感は、悲しくて重いです。

先日、

ポチたまに出ているタレント犬、まさお君、が亡くなった。

死因は、悪性リンパ腫消化管型。

獣医の話によると、ラブラドールレトリバー種の犬によくある病気のようです。

7才(人間の年齢でいうと約50歳)という早すぎる死でした。

私は、その番組をほとんど見たことがなかったのですが、

犬好きの私としては、まさお君の存在は知っていました。

私自身も子供時代に犬を飼ったことがあり、

フィラリアという病気で亡くした苦い思い出があります。

また、高校時代にグレートデンという巨大な犬を飼い、大学進学時に別れてしまった辛い思い出があります。このときは、私が希望する大学に進学できずに犬を手放すことになったので、心に深い傷として今でも残っています。ただ、専門のブリーダの人に世話をお願いすることができたのが何よりも救いでした。

ただ、好きだからという単純な理由でペットを飼うと、ペットに悲惨な運命を強いる結果になります。私自身、ダメな飼い主の典型例でした。

今回のまさお君の死は、まさお君が亡くなった事実の他に、そのような過去も想い出され、

切なくて、苦しくて、胸が張り裂けそうです。

今になって、まさお君のことを知ろうと思い、

まさお君と一緒に旅をしていた、松本秀樹氏、のブログを見ていたのですが、

すぐに涙でディスプレイの字がぼやけてしまいました。

やはり、辛いよ。

私は、まさお君とは何のかかわりもありませんが、

心に悲しく重いものを感じます。

まさお君は、6年間、日本各地を旅して回りました。

そして、我々に、感動と、笑いと、癒しを与え続けてくれました。

まさお君、今まで、ありがとう。

ゆっくりと休んでください。

そして、さようなら…。

ちなみに、今は、まさお君の息子のだいすけ君が2代目として全国を旅しています。

だいすけ君、父親のまさお君にそっくりです。

だいすけ君には、父の分まで長生きしてほしい。

だいすけ君、がんばれ!

なお、後日、まさお君の追悼番組があるようですが、

感情をうまくコントロールできず、

見たくても見れそうにない。

| | コメント (2) | トラックバック (3)