« 特許事務所の大きな課題 | トップページ | 特許明細書の書く順序 »

2006年8月15日 (火)

仕事と健康

私は、弁理士事務所を経営している関係上、昼夜・土日問わず、仕事している。

仕事には納期があるが、仕事自体が面白いので、苦痛はない。この意味では、ロボットだ(笑)。

ベンチャーの起業でも弁理士事務所開業でも、マラソンと同じようなもので、スタート(開業)すれば、リタイア(廃業)しない限り、走り続けるしかない。途中で、止まることができないからだ。止まってしまえば、一緒に走っているランナー(クライアント)に迷惑がかかり、自己の責任を果たすことができなくなる。

このため、起業すればハードワークになることは必至であるが、健康面には誰よりも留意する必要がある。身体が健康でなければ、そもそも走り続けることが不可能だ。

そこで、私が実践している健康方法の一つとして、血液浄化がある。

方法は極めてシンプル。

血液は身体中をめぐるため、血液が健康でなければならないが、

油ものや甘いものは、血を汚すようだ。

このため、食生活においてそれらを極力排除し(全くとらないのも問題あり)、

少しずつ菜食主義に変えている。私の場合には、さらに、3食以外でも、100%の野菜ジュース(結構まずい)と青汁で補充している。また、肉よりも、背中の青い魚にしている。

私の場合、食生活の改善からスタートして、その結果、今のところ体調は良いようだ。

なお、他にも良い健康方法があれば誰か教えてください。

起業家であり続けるためには、自分、家族、クライアントのためにも、健康第一。

私は、起業家も、スポーツ選手のように、健康面に留意することが責務を果たす大前提だと考えている。

|

« 特許事務所の大きな課題 | トップページ | 特許明細書の書く順序 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事と健康:

« 特許事務所の大きな課題 | トップページ | 特許明細書の書く順序 »