« 英語曜日 | トップページ | TOEICの疲れがとれず… »

2006年9月24日 (日)

TOEIC公開テスト!

今日は、TOEICの試験日です。

午前中に、添削の仕事を終わらせ、いざ出陣。

会場は、京王線仙川駅から徒歩15分のNTT東日本研修センター。

仙川駅にはあまり縁が無かったが、会場までの地図があったので、なんとかなるだろうと思っていた。

しかし、仙川駅から歩くこと10分、なんだか寂しい場所に来てしまった。

あれっ、と思い再度地図を見ると、少しずれた方向に歩いていた。

慌てて、地元の人に、地図を見せ、会場を聞くことに。

そのお陰で、ようやく方向性が解り、言われた通りに進んでいった。

しかし、歩けど、歩けど、畑が多くなっていき、また慌てることに。

ようやく、目印となるグリーンの歩道橋を見つけ、そこを左折する。

会場が見えるかなと思ったが、団地に入ってしまった。

会場、どこにあるんや!

時間をみると、受付時間の終了まであと2分に迫っていた。

仙川駅から、すでに30分は歩いている。

15分、と違うやん。

さすがに、パニックになり、妻に迷子の電話して場所を調べてもらうことに(泣)。

インターネットで調べてもらうと、会場は、迷子の電話地点からバス停4つ分、まだ先であった。

半分駆け足で先を急ぐ。

このとき、受験生らしき人を乗せたタクシーが何台も私を追い抜いて行ったので、会場も近いことがわかった。

そして、ようやく会場に着いた。

係員にせかされながら、ようやく教室に入ることができた。

駅から徒歩40分やん。

解り難い地図やら、交通の不便さやらで、怒りの感情に火がつき、

もう少し、駅から近い会場を用意しておけ!

という下品な言葉が出そうになった。

まぁ、係員に当たるのは筋違いですが。

教室に入ると、注意事項のアナウンスが流れていた。

2回目の受験なので、アナウンスなんか聞かなくてもOK。

教室で一人汗だくになりながら、マークシートに所定事項を記載して、試験開始を待つことに。

TOEICの試験では、先ず、リスニングテストがパートⅠからパートⅣまであり、

続いて(休憩なく)、リーディングテストがパートⅤからⅦまであります。

私は、特にリスニング試験に苦手意識(リーディングも良くないが)があるので、スピーカーの音量をかなり大きめにしてもらうよう、試験官に頼んだ。

前回のテストで、となりの受験生が咳払いをして、聞き取れない問題があったからだ。

そうしたら、試験官が教室の冷房を切ってしまった。

エアコンの音がうるさいと判断したのだ。

えっ、俺、汗だくやん、スピーカーの音量を最大限にすればいいやん、と目で訴えたが、無駄であった。

まぁ、多少暑くても、聞き取れないよりはマシか。

このように、波乱の連続で試験を開始することになった。

ようやく、パートⅠからアナウンスが流れる。

パートⅠとパートⅡは比較的点が取り易いのですが、いきなり、???、になってしまった。

いつものように、怪しい感覚でマークする。

パートⅡも発音がクリアに聞けなかった。

ただ、最後の方は、自信を持って解答できた。

パートⅢとパートⅣは、私のBGMエリアです。

英文アナウンスがBGMになってしまうので、こう呼んでいます。

今日も、半分諦めていましたが、案外聞き取れるではないか。

今回は数字や曜日や時間などを答えさせる問題が多く、その部分だけを狙い聞きしても解ける問題でした。

ラッキー。

このように、ヒアリングは、意外にも前半に聞き取れない問題がありましたが、前回のように、ブルーになってしまうことはなかった。

続いて、リーディングの問題。

パートⅤとⅥは得意にしているので、ここで時間の貯金を作るべく、猛烈にとばしていった。

続く、パートⅦは、情報量が半端なく多く、時間切れになることが必至だからだ。

パートⅤとⅥは難なく解答することができた。

といっても、私のレベルでの話しですが。

残りは、最大の難関パートⅦ。

今回も、めちゃ、めちゃ、多くの英文が出ていた。

私は、パートⅦを残して時間の貯金が56~57分あったので、設問数の多い問題からじっくり取り組んでいった。

しかし、ここで、時間をかけすぎ、全ての問題を解くことはできなかった。

15問は、問題すら見ていません。

もともと英語力が不足しているので、仕方ないのですが、今後の課題が見つかった。

その15問は、全て同じものにマーク。

AからDまで選択肢があるので、均等の確率として計算すると、正解率は25%。

4問マークして、1問当りという計算。

15問では、3問から4問が正解になるはずです。

1問5点なので、3問~4問/15問、正解していたら15~20点が加点される。

こんなの邪道ですが、マークしないよりはマシかな。

このように、リーディングでは、全ての問題を解ききれなかった。

ペース配分の問題ではなく、実力の問題。

もう少し、日頃からビジネスレターを読む訓練をしなければ。

また、設問が本文のどの部分を聞いているのかを見つけることも苦手なので、これも克服すべき課題だ。

何も、本文を一字一句読む必要はないわけですから。

あぁぁーーーー。今日は疲れたよ。

次は、11月のTOEIC公開テストを予約している。

英語力をつけることが大前提で、TOEICのスコアに固執する必要はないのだが、

今後も、英語の勉強を継続して、スコア(実力)を上げていこうと思う。

PS:試験終了後、受験生の流れに沿って歩いていくと、試験会場の裏門に出た。

そこから裏道を通って歩いていくと、約15分ほどで仙川駅に到着。

私は、かなり大回りをしていたようだ。

受験票に書かれていた、徒歩15分は、正しかったようだ(ゴメンなさい)。

« 英語曜日 | トップページ | TOEICの疲れがとれず… »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

ひよこ丸さんへ

こんにちは。
LECのゼミは、競争率が高そうですね。
また、正林先生の講座も受講されるようで、かなりハードになりますね。消化不良になるないよう、がんばってください。

ところで、勉強方法について一言だけ言わせてください。
以前、ひよこ丸さんのブログで、優秀答案(基本レジュメ)の全文書きをするようなことが書かれていますが、これは時間ばかりかかってメリットは少ないと思います。

他人の文章表現までを覚える必要は全く無く、どの事項をどの程度書くかの観点から勉強されれば効率が良いと思います。基本レジュメのような基本問題もおそらく出ないので。文章は、自分の文章で構いません。他人の文章をコピーすることは不可能であり、またその必要もないと思います。

基本レジュメは、英単語集のように、繰り返し、繰り返し、読んで覚えた方が記憶に定着するものと思います。また、全文書きするよりも、時間も短縮できるはずです。

挙げるべき項目、理由付けなどを瞬時に思い出させるためのツールが、基本レジュメです。

最近の本試験では、基本レジュメの内容を再現するのではなく、基本レジュメで覚えた項目、理由付けを、事例問題にどのように適用するかがポイントになると考えています。

ご参考までに。

西村先生へ:
こんにちわ。
TOEICを受験されたんですね。
西村先生もお仕事忙しい中勉強されているので、大変ですね。
ゼミ試験ですが、問題は措置系の問題でした。
それよりもたくさんの人が受験していたので、びっくりです。
僕の隣の人は60才くらいの人でした。
希望のゼミに入れると良いですが。
かなりの数の人だったので、競争率厳しい感じです。
来月からは、論文答錬と平行して、正林先生の講座受けてみようと
考えています。
やはり、ある程度論文の型を知るには正林先生の講座が、合っていると思い、また自分の弱点も潰せると思っていますので。
西村先生も今後ゼミやられる事を期待しています。
西村先生に是非ご指導したいので。
今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TOEIC公開テスト!:

» 携帯アフィリエイトで稼ぎたい人へ [9800円の情報商材より価値ある無料レポート]
もうパートであくせくするのは、やめませんか?携帯アフィリエイトの時代がやってきました。あなたにもし中学生のお子さんがいらっしゃれば、あなたは最強です!今、何が流行っているかは一目瞭然のはず?毎日お子さんの話をきいているだけで、タダで価値ある情報がたくさん入ってきてるんですよ。あなたはもうパートに行く必要はなくなるはずです!これから塾のお金、予備校のお金がどっか〜んとかかる時代に突入します。体力勝負だった子育ては終わって、これからは頭で勝負のお金の稼ぎ方が必要になってきます。賢いあなたならおわかりです... [続きを読む]

« 英語曜日 | トップページ | TOEICの疲れがとれず… »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ