« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月28日 (木)

電子ペーパー関連の発明が増えています

久しぶりの更新です。

仕事に追われ、すごいプレッシャーの連続です。

ところで、

弊所では、電子ペーパーを用いた関連発明が増加しています(詳細は書けませんが…)。

電子ペーパーってご存知でしょうか?

ペーパーですが、紙ではありません。

紙のような薄さの、表示装置です。

しかも、柔軟で曲げることも可能。

表示内容の書き込みや消去ができ、表示内容をそのまま維持しておくことも可能。

この技術、面白いですよ。

少し前に、有機ELが流行りましたが、それよりも利便性がよい。

弁理士の仕事は、このように新しい技術に触れることができるため、

止められないのです(笑)。

2008年8月22日 (金)

行きはよいよい、帰りはコワイ…

今日は、午後から弁理士義務研修がありましたので、

久しぶりに霞ヶ関に。

研修会場の前にして、

特許庁に寄り、野暮用をすませる。

補正指令がかかり、それに対応するためでした。

その後、研修会場へ。

特許庁からは目と鼻の先の瀬尾ホール。

午後2時からの研修に十分間に合いました。

久しぶりの実務研修でしたが、

不正競争防止法の改正点を確認できました。

知的財産権がなくても、不正競争で勝負できるのは嬉しいね。。。

ところで、夕方から雨と聞いていたので、傘を持参したのですが、

幸いなことに、研修の帰りでは、不発に終わりました。

事務所に戻ると、

特許査定の登録証が届いている。

この登録は、事務所近くの○○さんの特許だ。

事務所の管理ソフトで期限を入力してもらい、早速、○○さんの会社に直行です。

事前に電話を入れていたので、

少しお時間頂けました。

先方は、大喜びで満足気です。

なんせ、出願から1ヶ月で特許査定になったのですから。

無審査の実用新案よりも早いのです。

ちょっとしたコツがありまして、これがうまくいきました。

世間話もほどほどに、次の第2、第3の発明の話や外国出願の構想もあがっています。

こちらも機嫌良く過ごせ、無事、先方の会社を後にすると、

すさまじい暴風雨で、新宿の街がすごいことになっていました。

おまけに、稲妻丸見えのカミナリ。。。。。

かなりおっかない。

そうです。私はカミナリが苦手なのです(怪物くんじゃありませんよ…)。

幸い、大きめの傘をもっていましたが、

あまり役に立ちません。

結局、事務所に戻る頃には、ズボンがびしょ濡れになっていました。

そうなると、仕事に集中できませんが、

事務所が私一人になると、

濡れたズボンを脱ぎ、事務所に用意していた短パンで仕事していました。

短パンでボスチェアに座りながらの仕事。

それにしても、今日は、へんな天気でした。

2008年8月20日 (水)

着うたは「ポニョ」

新しい携帯の着うたは、

「ポニョ」のうたです。

子供とお兄さんが歌っているヤツね。

歌っている子供、

男の子と思いきや、女の子でした。

私的には、ボニョの歌、結構好きです。

一度聞くと、頭から離れないというか、

ついつい歌ってしまう。

今年の紅白にアップされていたりして…。

2008年8月17日 (日)

超アナログ人間、携帯を機種変更!

昨日、携帯電話を機種変更しました。

前の携帯は、3年も使っていたので、

バッテリーがすぐに無くなり、また、通話途中で音声が途切れることもあったからです。

私は、auですので、新しい携帯もauの最新モデルにしました。

ところが、

前の携帯では、メールアドレスの設定もなく、インターネット接続もありませんでした。

つまり、通話のみの超アナログ人間の携帯だったのです。

新しい携帯は、

メアドやインターネットも接続可能に設定しました。

着うたなどの設定もはじめてでした。

今までは、すでにメモリに入っているベル音を着信音していましたから。

しかし、これらの設定は、分厚い説明書を見なければならず、

そんな時間に余裕もないことから一苦労です。

そこで、頼みの妻(←一応、かけています)に、全て設定してもらいました。

超アナログ人間の私にとっては、頼もしい存在です。

これからもレクチャーをお願いします。

2008年8月12日 (火)

祝!ブログ開始2周年

気がつけば、

ブログをはじめてからちょうど2年が経過しました。

超アナログ人間であった私がブログに挑戦してから2年が経過したのです。

最初は、不安だらけで、ある意味、アクセス数に期待せず開始したのですが、

お陰様で、2年間で、120,000アクセスに及ぶものになりました。

これも読者の皆様のお陰です。

ありがとうございました。

今後ともおもしろ、おかしなブログを中心に綴っていきますので、

よろしくお願い申し上げます。

2008年8月 9日 (土)

起業のススメ!

起業と聞くと、皆様、どのようにイメージされますか?

起業=大変

起業=お金持ち

起業=倒産のリスク

起業=忙しい

起業=保証が無い

……

いろいろあると思います。

しかし、起業は、そんなたいそうなものではありません。

おそらく、一部の大成功者の話から、

そういうイメージがつくのでしょうが、

フリーランスで活躍することも、

たった一人で独立することも、

起業は、起業なのです。

大きな借金をして派手に展開することも起業であれば、

自宅でPCを使って手軽に行うことも起業です。

起業は、小さく始めて大きくすることが重要ですから、

そんなにたいそうに考える必要はありません。

最近、テレビなどでは、派遣労働者の冷遇がとりだたされていますが、

私からいえば、起業するよりもリスクがあると思います。

つまり、給料そのものもそうですが、将来性の点で、そのような気がしてくるのです。

起業は、基本的に、すべて自己判断、自己責任ですから、

失敗しても、自分の責任。

しかし、将来性は頑張りに比例して、人間関係によらず、リターンしてくれます。

その一方、

雇用は、人に合わせて仕事するため、

給与は確保できるものの、

終身雇用の保証はなく、

それどころか会社の存続の保証も無い。

それに、人間関係、出世競争といった蚊帳の中だけでしか通用しないものに人生の貴重な時間を割かれてしまう。

私は、インターネットが登場してから、起業し易くなっていると思います。

特に、資金を少なくして起業する方にとっては、起業がずいぶん身近になっている。

確かに、派遣制度など、政治がからむ問題もありますが、

同じリスクを背負うなら、起業も選択肢のひとつです。

小さく起業しても、業種問わず、年収1千万円は稼げると思います。

サラリーマンで年収1千万円は、それこそ大変です。

運良く到達するにしても、

入社してから何十年かかるのでしょうか?

また、無用な人間関係で悩むこともある。

社会が、会社が自分に何をしてくれるかではなく、

自分が社会に対して何ができるのか?

という発想に変えてみませんか?

きっと、世界観が変わるはずです。

10kmマラソン敢行!

以前からもそうですが、

週末は、ジョギングに没頭しています。

この夏も、暑さに負けず、ジョギングを敢行。

ただし、夕方です。

先週は、その距離を10キロに延ばしました。

理由は、スタミナがついてきたこと。

通常は、6キロですが、

6キロ走っても、まだ元気なので、

物足らず、10キロコースにしています。

ジョギング後は、2kgから3kgの体重減。

その大部分は、水分なので、補給すれば、元に戻る。

ただ、

心肺機能が高くなるため、気分爽快になるのです。

メタボ対策、ストレス解消にもってこいです。

熱中症や熱射病に注意しながら、

今日も走ります。

ハワイ旅行の詳細が決定!

来年の家族旅行であるハワイ旅行の詳細が決定しました。

延べ12日間にわたる旅行です。

我家では、年に1から2回程度の海外旅行を決めていますが、

まとまった時間をとるのが難しいです。

海外旅行といえば、なんとも華やかなイメージですが、

私の海外デビューは、同年代の人と比較して遅く、

32歳です。

それからは、海外のリゾートを求めるようになりました。

今回予定のハワイは、2度目です。

ハワイ島からオアフ島をはしごしてきます。

ハワイ島って、元横綱の曙や、元大関の小錦の故郷です。

火山やコナコーヒーなどが有名。

田舎ののんびりした雰囲気が日頃のストレス解消にピッタリの地です。

予算も100万円オーバー。

仕事上のストレスと、プレッシャーからすれば、この程度、罰は当たりません(笑)。

どんな旅行になるのか、楽しみです!!

2008年8月 2日 (土)

資格と営業力の関係

国家資格の中でも、

特に士業には、

行政書士、税理士、会計士、司法書士、社労士、弁理士、弁護士など、

多くの資格があります。

資格には、試験難易度の比較的低い(←相対的な意味で使っています)と言われている資格から、

合格するまでに3年以上とされる難関資格まであるのですが、

難関資格を取得すると、

一般に、

高い専門性、同業者が少ない、などの理由により、

商売のうまみもあると考えがちになります。

確かに、難関資格者の平均年収は、高い傾向がありますので、

これも事実だと思います。

しかし、営業力、ことマーケティングに関しては、

比較的とりやすいとされている資格の先生方に、見習うべき要素が多い。

書店でいろいろな本が出ていますが、

顧客開発力で有名な先生は、

比較的、とりやすいとされている資格の方々です。

我々弁理士は、実務力があるのに営業が苦手な方が多いのも事実です。

このようなとき、他士業の先生方、異業種の経営者などの話が、

よい勉強になります。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

西村知浩の特許事務所

無料ブログはココログ