« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月23日 (木)

弁理士仲間からのセミナー招待!

日頃から親しくして頂いている弁理士仲間(事務所所長さん)から、

セミナーご招待のFAXを頂きました。

月曜日と火曜日は、事務所を留守にしていたため、

本日、受領したのですが、

興味いっぱいのテーマであるものの、

そのセミナーの日が間近であり、そして、その日はすでに予定が入っている。

折角、ご招待を頂き、恐縮ですが、出席できません。

もう少し早く打診下さいませ。

セミナーの成功を祈るとともに、第2弾を期待しております(笑)。

この弁理士と私は、同期合格で、合格後間もなく、何かと行動を共にしていました。

独立は、私よりも早く、

クライアントの獲得も私より早い。

おまけにセミナーの開催も先んじている。

何もかもが私よりも早く、私にとって大先輩になります。

私にとってお手本になる方です。

ところで、

我々の業界も他の業界も、

自分から何かを発信する場として、セミナーは、非常に有効です。

何が有効かというと、

セミナー主催者は、顧客の情報をゲットでき、

セミナー参加者は、専門知識をゲットできる。

まさに、WIN-WINの関係が築けるのです。

業界用語でいうと、

セミナーは、フロントエンド商品になります。

無料相談、冊子贈呈、などは、主催者のフロントエンド商品(サービス)になります。

僅かなお金をとる場合もありますが、

トントンであれば、まず成功です。

このため、

それ自体では、決して儲かりません。

では、なぜフロントエンド商品をおくのか?

これは、ある意味、知名度アップなどの撒き餌的なものであり、

実は、その後のバックエンド商品で収益の確保を狙います。

これは、経営コンサルタントをはじめ、世間のセミナー一般は、このような位置付けになっている筈です。

セミナーのようなフロントエンド商品の後に、

収益確保のバックエンド商品をどのように設定するのか、

これが経営者の腕の見せ所になるのです。

ただ、私から言えば、この弁理士先生は、

大変信頼も厚いし、知識、経験も豊富な方です。

クライアントも多く、毎日、多忙にされているので、

セミナーを開催するパワーには、脱帽です。

どうか大成功をお祈り申し上げます(本当は、少し嫉妬していますが(笑)…)。

なんだか、最近、ブログをサボっていたので、文章にまとまりがなく、下手になりました。

おまけに頭脳疲労も甚だしい。

今日は、この辺で失礼します。

ではでは。

2008年10月16日 (木)

『知財、この人にきく』 丸島儀一

先日、『知財、この人にきく』という本を読みました。

対話形式で収められた内容で、かつ薄いので、

大変読み易い本です。

対話形式と言いつつも、丸島弁理士がほとんど話されています。

以下、書物の内容(質)として、ブログにアップいたします。

この本は、中小企業やベンチャー企業が知財力で立ち上がるための指針が記載されています。

かといって、大企業の知財担当者には関係が無いというものではなく、

大企業の知財の方々にも大変勉強になる本です。

特許を取得してどうするのか、どのように使用するのか、

会社として特許を介して他社とどのように付き合っていくのか、

など、貴重な内容、宝の山のような本です。

特に、私は、会社経験がなく、この業界に入りましたので、

上記のような観点から書かれている本は、新鮮で、インパクトの大きなものです。

中小企業やベンチャー企業の経営者は当然のこと、

企業に勤務されている特許担当の方、

特許事務所に勤務されている方、

その他、特許の仕事に関係する多くの方にとって、

いい刺激となり、勉強になる本だと思いました。

発明協会のまわし者ではありませんが、

興味のある方は、一読されることをお勧めします。

2008年10月 5日 (日)

やはり、聞くことと話すことは別物か?

最近、語学の勉強を再開しました。

英語は、アルクのヒアリングマラソンで勉強していますが、

その名の通り、ヒアリング中心です。

結果として、ヒアリング力は、向上しました。

ただ、単語力がないと理解できませんので、

ボキャブラリーを増やしていく力が必要です。

次に、スピーキング。

ヒアリング力は向上したものの、

やはりスピーキングは別物だと実感しています。

私個人の意見ですが、皆様、如何でしょうか?

インプットとアウトプットに分類できると思いますが、

インプット過多でも、アウトプットの向上が保障できないのは、

弁理士試験の答案練習会と同じですね。

このままでは、英語は聞き上手に甘んじることになりますが、

自己主張が当たり前とする相手と会話するために、

やはり、スピーキング力も必要です。

この点は、留学で効果が出るのかもしれません。

次は、スピーキングに力を入れたトレーニングを開始します。

どこまで、向上することやら。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

西村知浩の特許事務所

無料ブログはココログ