« 『知財、この人にきく』 丸島儀一 | トップページ | 大失敗! »

2008年10月23日 (木)

弁理士仲間からのセミナー招待!

日頃から親しくして頂いている弁理士仲間(事務所所長さん)から、

セミナーご招待のFAXを頂きました。

月曜日と火曜日は、事務所を留守にしていたため、

本日、受領したのですが、

興味いっぱいのテーマであるものの、

そのセミナーの日が間近であり、そして、その日はすでに予定が入っている。

折角、ご招待を頂き、恐縮ですが、出席できません。

もう少し早く打診下さいませ。

セミナーの成功を祈るとともに、第2弾を期待しております(笑)。

この弁理士と私は、同期合格で、合格後間もなく、何かと行動を共にしていました。

独立は、私よりも早く、

クライアントの獲得も私より早い。

おまけにセミナーの開催も先んじている。

何もかもが私よりも早く、私にとって大先輩になります。

私にとってお手本になる方です。

ところで、

我々の業界も他の業界も、

自分から何かを発信する場として、セミナーは、非常に有効です。

何が有効かというと、

セミナー主催者は、顧客の情報をゲットでき、

セミナー参加者は、専門知識をゲットできる。

まさに、WIN-WINの関係が築けるのです。

業界用語でいうと、

セミナーは、フロントエンド商品になります。

無料相談、冊子贈呈、などは、主催者のフロントエンド商品(サービス)になります。

僅かなお金をとる場合もありますが、

トントンであれば、まず成功です。

このため、

それ自体では、決して儲かりません。

では、なぜフロントエンド商品をおくのか?

これは、ある意味、知名度アップなどの撒き餌的なものであり、

実は、その後のバックエンド商品で収益の確保を狙います。

これは、経営コンサルタントをはじめ、世間のセミナー一般は、このような位置付けになっている筈です。

セミナーのようなフロントエンド商品の後に、

収益確保のバックエンド商品をどのように設定するのか、

これが経営者の腕の見せ所になるのです。

ただ、私から言えば、この弁理士先生は、

大変信頼も厚いし、知識、経験も豊富な方です。

クライアントも多く、毎日、多忙にされているので、

セミナーを開催するパワーには、脱帽です。

どうか大成功をお祈り申し上げます(本当は、少し嫉妬していますが(笑)…)。

なんだか、最近、ブログをサボっていたので、文章にまとまりがなく、下手になりました。

おまけに頭脳疲労も甚だしい。

今日は、この辺で失礼します。

ではでは。

« 『知財、この人にきく』 丸島儀一 | トップページ | 大失敗! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弁理士仲間からのセミナー招待!:

« 『知財、この人にきく』 丸島儀一 | トップページ | 大失敗! »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

西村知浩の特許事務所

無料ブログはココログ