« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月20日 (水)

真の国際人とは?

国際人=(主に仕事で)国際的に活躍する人、

という定義で考えたとき、

その国際人に要求される能力とは一体なんでしょう。

先ず、一番多い回答が英語力などの語学力だと思います。

私もつい最近まで、このように考えていました。

そして、今でも、英語の勉強は継続しています。

それは、自分が国際人のイメージを、

勝手に、

国際人=英語が話せる人、

と考えていたからです。

しかし、私の国際人に対する考えは、最初の定義を比べると、

意味が異なっています。

このように、国際人に対するイメージの違いで、

国際人になるための努力の方向性も異なってきます。

ところで、国際人たり得るには、本当に、英語が話せれば済むのでしょうか?

確かに、英語が話せると、言葉で用がたせます。

店で物を買ったりもできますし、生活する分には、何も困りません。

ところが、

国際人として諸外国の国民や知識層に認められるためには、

話す中身の方がはるかに重要なのです。

英語は、あくまでも、単なるひとつの伝達手段にすぎません。

特に、欧米の人は、

文学、歴史、哲学などについても聞いてきます。

これに対して、自分の考えをもっていなければ、その程度の人という烙印をおされてしまいます。

まさに、『こいつは顔のない日本人』というシールを、顔に貼り付けられるのです。

あくまでも、自分の考えをもっているか否かです。

その考え方が正しいとか、間違っているとかではありません。

このような現実があるのに、

英語だけを勉強するのは如何なものか?

少なくとも、日本の文学、歴史、政治経済について、

自分の考えを発言できないと話しになりませんので、

コンテンツになる、これらの勉強も絶対に必要になると思います。

最近、このようなことに気づいたため、

最近の私の本棚は、ジャンルを問わず、いろいろな本で埋まるようになりました。

他人からみれば、本屋を開くの?といわれるくらいです。

今は、本業が比較的暇ですので、

月に30冊のペースで本を購入し(ほとんどがブックオフの中古本です)、読破して、自分なりの意見をまとめています。

もっとも、私の職業は、弁理士ですから、本業一番なのは承知していますが、

本棚を知的財産の本ばかりで埋めるような偏った頭にもしたくありませんので、

少し人間の幅をもたせたく思っています。

そして、間もなく来日される外国の弁護士と、知的財産以外の話題でお話したいと思っています。

皆様は、如何お考えでしょうか?

2009年5月19日 (火)

土の中からとんだ宝物?

自宅に、花壇が用意してある。

猫の額ほどの広さですが、有効利用ということで、

土を肥やして、植物を植えています。

この日も、

順調に育ってきたという嬉しさで土をみていると、

なんと、花壇の一部の土が掘られ、見慣れない穴が作られていた。

妻に確認しても知らないということ。

おかしいなと思いながら、土穴を放置。

すると、翌日、その土穴が埋まっていた。

妻に確認しても、知らないとのこと。

愉快犯でもいるのかな????

と不思議で仕方がない。

そして、よせばいいのに、埋まった土穴を掘り返してみた。

すると、中から白い異物が顔を出している。

ひょっとしたら、宝物。

だれかが、盗んで隠したのか????

しかし、セキュリティが厳しく、誰も入れやしない。

その異物の正体とは、

なんとパンであった(多分)。

よくみると、別のところにも、パンが隠されていた。

しかも、雑草でカモフラージュしてやがる。

誰の仕業かと想像すると、

猫、犬、ハト、カラスが候補に挙がった。

先ず、ハトは、食料を保存する程の頭脳がないとの主観的な判断でNG。

次に、猫。

私は、昔、猫をかっていた経験がありますが、

トイレのときに、土を掘り、用を足すのは確かだ。

しかし、餌を保存するために、土を掘って餌を隠す猫は、未だ聞いたことも見たこともない。

ネコ科に広げてみても、せいぜいヒョウが木の上に獲物を隠すぐらい。

また、近くに猫自体をみたことがない。

という理由で、猫もNG。

次に、犬。

犬は、土を掘って餌を隠すことは愛犬で確認済みだ。

しかし、この近くに犬が入れるスペースはなく、物理的に不可能。

残るは、カラス。

こいつが一番怪しい。

近くに鳥の糞を探したが、発見できず。

しかし、カラスは、毎日のように見るし、見なくても鳴き声がする。

このような流れで、カラスを容疑者としていたが、

容疑者が実行犯であることを確信できる事件があった。

妻が、カラスの鳴き声がするということで、

花壇に目をやると、カラスがその付近にいた。

そして、室内から外に出て、花壇にいくと、

カラスがいなくなっていた。

同時に、2箇所に隠してあったパンもなくなっている。

カラスをみる直前までに、あったはずのパンがなくなっているのだ。

これでカラスが犯人と確信した。

カラスは、肉食と聞いていたのですが、ネットで調べるとパンも食べるらしい。

やはりカラスだったのだ。

しかし、餌を保存したり、雑草をムシってカモフラージュに使ったり、

すごい頭脳である。

あの小さな頭で、あそこまで考えるとは、私も顔負け。

なんか都心で、カラスが栄えることも納得できる事件でした。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

西村知浩の特許事務所

無料ブログはココログ