« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月22日 (月)

走りながら給水するのって意外に難しい

最近、気温が高いため、

ジョギングしている最中に、給水をとることがあります。

よく、テレビのマラソン競技で給水ポイントがあり、

それぞれのボトルを掴んで、走りながら水分を補給するシーンがあると思います。

私のジョギングでは、常に、バームをもって走っていますので、

発汗量が多くなれば、走りながら、バームを飲みます。

しかし、この走りながら水分を補給するのって、意外に難しい。

下手すると、水分が肺に入ってむせかえり、ジョギングどころではなくなります。

サーチしてみると、

人間の喉の奥は、食道があり、これに枝分かれする形で、気道があるようです。

その枝分かれのポイントには弁があり、食道を使っている間は、弁により気道が塞がれているようなイメージです。

つまり、弁により、食道と気道とが二者択一的に切り替えられているということでしょうか。

このメカニズムだと、

飲んでいる最中は、息ができなくなります。

ジョギング中の水分をとっているときには、呼吸ができない。

一方で、ジョギング中は常に酸欠状態に近くなるため、

下手をすると、水分補給のときに、本能的に気道が開き、水分が肺の方に浸入して、

苦しいことになってしまう。

こうなると、溺れているような現象になりますよね。

とてもジョギングなんて続けられない。

だから、私は、水分補給のときには、一時的にかなり走るペースを落としています。

しかし、マラソン競技の選手は、

ペースを落とさずに、水分補給している。

これって、地味にみえても、難しいことなんだ、と実感しました。

競技の場合には、水分補給の訓練が絶対に必要です。

ジョギングしていると、そんな発見もあります(笑)。

2009年6月19日 (金)

ジョギングは継続しています

間もなく夏到来ですが、

ジョギングは一貫して継続しています。

私のジョギングの季節は、4月-12月です。

この他は、効果が逆転するため、シーズンオフ。

稀に、平日の夕方、部活している地元高校生に混じって走っています(笑)。

ジョギングは、マイペースで行うため、マラソン競技と違って、身体の負担が軽減されます。

競争する必要がありませんから。。。

しかし、たまに、女子高生に追い抜かれることがあり、

このときばかりは、大人げもなく、本気モードになります(笑)。

ジョギングで一番の効果はなんだと思いますか?

それは、ストレス発散なんです。

脳内のストレスがパァーーーーーと飛び散り、頭すっきりの状態になります。

脳内がリセットする感じ。

本当にリセットされたら、幼稚園から通いなおさなければなりませんが、

余計な、もぁぁぁぁぁぁ、としたものだけが、パァと飛びチリ消滅するのです。

ほんと、快感ですよ。

また、ジョギングが健康面に及ぼす良い影響もあります。

中性脂肪、肝臓脂肪の燃焼。

心肺機能の強化。

足腰の強化。

新陳代謝の増強。

その他、いろいろ。

私の場合、多摩川の河川敷という素晴らしいロケーションがあります。

現在37歳ですが、60歳までは続けられそうです。。。。

2009年6月18日 (木)

ブログをしていると過去の…

ブログをしていて、嬉しいと思うことは、

過去に知り合った人、あるいは同じ境遇だった人から連絡を頂くことです。

私自身、ブログは自己満足しかありません。

アフィリエイトしているわけではないですし、飛び切り有効な情報を提示しているわけではありませんので、

単なる自己満足です。

このようなブログでも、知人や、私と共通点のある人などから突然にメールを頂くと、嬉しいものです。

高校の同級生、大学の同期、弁理士試験合格の同期、

現在は、様々な職場で、自分の役職につかれて頑張っている人ばかりです。

外国で法律特許事務所に勤務している人もいますし、

官公庁の職員の人もおり、

高校で教師している人もおり、

ベンチャーで上役にいる人もいます。

ネットの世界ですが、これらの人と再会できたことは大変嬉しいことです。

懐かしいという気持ちもあります。

ブログ=自己満足

という以外にも大変なお土産がありました。。。

2009年6月17日 (水)

審判請求してから2年以上が経過して

相談を受けたお客様の珍事件です。

因みに、弊所は代理しておらず、相談のみで受けました。

【お客】

拒絶査定不服審判を請求してから2年以上が経過して、

審判官の合議体指定通知が発送されました。

先生、遅くないですか???

【西村】

なんて?

【お客】

いやですから、拒絶査定不服審判を請求してから2年以上が経過して、

審判官の合議体指定通知を受けました。

しかも、上申書でこちらが催促してからです。

【西村】

ほんまけ!?

それ、事件のこと、完全に忘れとるよ(笑)。

【お客】

………

日本国特許庁にしては、大変珍しい珍事件でした。

米国特許商標庁のように、

特許庁側の原因で特許査定が遅れた場合、

特許権存続期間の調整をお願いしたいもんですね。

2009年6月14日 (日)

プロレスラー三沢光晴、リングに散る!

プロレスラーの三沢光晴さんが先日、亡くなられました。

46歳でした。

試合中に相手の技(バックドロップ)を受けて、頭から落とされ、

そのまま意識不明になり、かえらぬ人になった。

はっきりいって、信じられません。

あの屈強な名レスラーが死ぬなんて。

ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田、そして今回の三沢さん。

日本を代表するトップレスラーがいずれも短命でこの世を去り、

残念でなりません。

私は、小学校からのプロレスファン。

小学校、中学校、高校、浪人時代、大学生そして社会人になっても、

プロレスを見ていました。

大変お世話になってきたのです。

プロレスは、K-1などの格闘技と違って、

相手の技を受ける格闘技です。

お互い相手の技を受け続け、そして、最後にリングに立っていられる者が勝つというものです。

三沢さんは、いろいろなレスラーの技を受け続け、たくみに受け身を取り、

そして、最後には勝利をするという王道スタイルを貫き、

私も大のファンでした。

そのようなスタイルなので、三沢さんの身体はボロボロの状態になっていたはずです。

それなのに、毎日休むことなく試合に出で身体をはり、その一方で、自ら設立した会社の社長業もこなすスーパーマンの人でした。

いつも、

このような強い精神力、プロとしての魂、人間性に魅せつけられました。

言葉がまとまりませんが、とにかく残念でなりません。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

西村知浩の特許事務所

無料ブログはココログ