« 不合格から得た教訓 | トップページ | 妻が退院しました。 »

2009年8月 2日 (日)

妻の入院

妻が入院した。

土曜日の深夜に、嘔吐と腹痛を訴え、苦しそうだったので、

拒否する妻を説得して、救急車を呼び、病院に向いました。

救急車は、すぐに到着したのですが、

受入の問合せをしている病院がどこも手一杯らしく、停止した救急車の中で15分くらいの時間を過ごしていた。

さすがに、焦ってキレそうになるが、救急隊の方も必死でサーチされているので、手を合わせてお願いするしかありません。

このとき、過去に、妊婦のたらい回し的なニュースを思い出し、実際にも、有り得る話だと実感しました。

病院の数が不足しているので、仕方ないのであるが、今後、高齢化社会になる日本の医療制度の充実を何よりも望むばかりです。

ところで、ようやく見つかった緊急病院に到着し、

すぐに点滴を受け、症状が落ち着いたところで検査室へ。

不安な妻を応援しているが、やはり自分の無力さには、情けない思いがする。

検査が終わり、当直の医師に聞くと、

「急性の胃拡張」とのこと。

胃拡張とは、胃が弛んだ状態になり、元に戻らなくなる病気。

単なる食べ過ぎではなく、胃の運動が弱っていることが原因らしい。

このような季節だし、免疫力も低下して、また、日頃の生活でのストレスも関係していたのかもしれない。

とりあえず、点滴後は、妻の嘔吐が落ち着き、少し元気が出てきたようだ。

しかし、医師と相談して、入院を決意し、さらなる精密検査を受けることになりました。

このような事態になり、また、土曜日の深夜ということもあって、

入院の準備をしなければなりません。

妻を病院に残し、私はタクシーで帰宅して、着替えやその他必要なものなどを揃えました。

このときは、すでに、明け方になっており、明るい日差しが差していました。

タクシーを降りて、歩いて自宅に向う途中で、ボランティアの方が掃除作業をしている光景を見ました。

今回の妻の入院やら、ボランティアの方々への尊敬やらで、自然に涙が溢れ出てきました。

自宅に帰ると、必要なものを揃えるときも、妻のご両親への報告をしているときも、

涙か止まることはありませんでした。

私が察するに、

妻の入院は、いつも仕事に夢中な私に気を遣い、いつも身体に負担がかかっていたことが大きな原因だと思います。

私の責任なのです。

準備をして、そのままタクシーに乗り、再度、病院へ。

受付で処置して頂いた当直医の先生とお会いして、様子を聞く。

すると、「大分、元気になられていますよ」と、有り難いお言葉を頂戴しました。

このときほど、医者の方が大きく、そして女神に思えたことはありませんでした。

本当に、感謝の気持ちで一杯でした。

病室に行くと、妻が元気そうに迎えてくれた。

また、こぼれ落ちそうになる涙を必死にこらえ、再会を素直に喜び合いました。

今すぐにでも、退院できそうなくらいに回復しているようでしたが、

このまましばらく様子を見て、

月曜日に、再度、経過の検査をして、その後、退院を決定するとのこと。

明日の月曜日は、妻の入院手続き(入院したのが日曜日の早朝だったので日曜日に入院手続きがきませんでした)と退院手続きを同時にできるという日になりそうです。

月曜日は、事務所を外出することになりますが、

急ぎの仕事の締め切りもないので、クライアントの方にはお許し頂けると思います。

それにしても、今回の妻の入院で、いろいろなことを勉強させてもらいました。

妻が元気になって、本当に良かったです。

|

« 不合格から得た教訓 | トップページ | 妻が退院しました。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました。

ついつい西洋医学に頼りがちですが、
東洋医学や自然治癒力で治すことも、身体への負担が少ないので、重要視しています。

その自然治癒力を高めるための「自然治癒力」をご紹介頂き、ありがとうございました。

やはり自然治癒力を元に戻すことですよね。
私も、いろいろなストレスで、きっと自然治癒力が低くなっていると思います。

これを機に、是非、検討させて頂きます。
ありがとうございました。

投稿: 西村知浩 | 2009年8月 3日 (月) 19時21分

私は「超ミネラル水」を飲んで健康な体に戻りました。
これを教えて頂いた方には、とても感謝しています。

友人の「がん」も「糖尿病」も、正常な数値まで戻りました。

「薬」ではないので「治る」「効く」ではないそうです。
人間の持っている「自然治癒力」が正常なレベルに戻るそうです。

商品名を書くと宣伝だと思われるので、
私が教えてもらったリンクだけをお伝えします。

  http://easyurl.jp/sy2

色々な体験談が書き込んでありますのでご参考までに・・。
(これまでに、15万件以上の症状の改善例があるそうです。)

私にとっては、本当に良かったです。
ご本人と、周りの方が「健康」を取り戻されます様に・・。

投稿: ピーナッツ | 2009年8月 3日 (月) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妻の入院:

« 不合格から得た教訓 | トップページ | 妻が退院しました。 »