無料ブログはココログ

« 妻が退院しました。 | トップページ | 耳鳴りの経過 »

2009年8月 8日 (土)

妻の次は私が病院三昧!

先日、妻が退院しました。

嬉しさが溢れ、翌日から仕事をがんばろうとしていたとき、

今度は、私の体調がおかしくなった。

先週から耳鳴り(ブーンという低音の耳鳴りと、ボイスチェンジャをかけたような高音の響き)が続きます。

ネットで色々調べると、突発性難聴やメニエールなどのことが説明されており、

とにかく早い方がよいということで、耳鼻科に行きました。

そこで、聴力検査と耳の中の検査をうけたのですが、

特に、異常なし。

しかし、翌日以降も同じ症状が続くため、再度、同じ耳鼻科に向いました。

再検査を受けても特に異常なし。

では、この症状は何ですか?

と聞くと、医師は「わからない」ということです。

やはり、日頃のストレスでしょうか?

翌日からは、肩こりが激しくなってきました。

私は、肩こりなんて今まで経験がないのです。

その足で、クライアントと打ち合わせに行きました。

打ち合わせの最後で、すごい眠けに襲われました。

打ち合わせの継続すら困難なくらい。

これは別の病気かも知れないので、

そのままタクシーにのり、東京女子医大の内科に向いました。

微熱があるものの、特に異常なし。

心臓もきれいな音がしていますとのこと。

これで内科もダメ。

帰り道、頭がクラクラしてきました。

ひよっとして、自律神経と思い、心療内科にそのまま向いました。

打ち合わせを挟みながら、1日に3回も病院を転々としているのです。

そこで処方された弱い薬を服用すると、頭のフラフラはとれました。

しかし、低音の耳鳴りと肩こりだけは残ったまま。

耳鳴りも小さくなっていたので、気にしなければなんともないのですが、

やはり確実に治したいものです。

自宅近くの別の耳鼻科クリニックに行きました。

すると、ここがドンピャでした。

私の症状をきくや否や、検査をして、原因を特定したのです。

もちろん検査結果は、異常ないのですが、鼓膜の張力(張り)が弱くなっているとのことです。

鼻のかみすぎが原因らしいのです。

また、肩こりも言い当て、これは耳鳴りに起因した自律神経の乱れが原因となっているようです。

鼻に器具を突っ込まれ、鼻から耳管を経て鼓膜に抜ける空気治療?をして、症状が緩和されました。

薬を処方してもらい、様子をみることに。

特に、仕事には影響がないのですが、気になるのだから仕方がありません。

私にとっては、ゴッドハンドのような医師でした。

ここ1週間は、妻のこともあり、病院三昧でした。

結果として、妻も私も良くなり、本当によかったです。

このような理由で、今着手の案件が遅れていますが、土日で挽回します。

これからは、ストレスをためないように、仕事をバリバリ頑張ります。

何か自分なりのストレス発散方法を見つけます。

« 妻が退院しました。 | トップページ | 耳鳴りの経過 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妻の次は私が病院三昧!:

« 妻が退院しました。 | トップページ | 耳鳴りの経過 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

西村知浩の特許事務所

西村知浩のTwitter

西村知浩のInstagram

西村知浩のFacebook