« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月18日 (土)

英語の学校

英語の学校に通い始めました。

学校といっても、事務所近くの個人教室です。

英語の発想から身に付けることを目標にしています。

単語もいろいろ覚えましたが、

日本語の発想のままでは、国際レベルの英語が習得できない。

学校に通うの久しぶり。

TOEICで成果が出始めたので、ちょっと欲張ってみました。

仕事と両立して頑張ります。。。

仕事の方ですが、忙しくさせて頂いております。

不景気や出願激減といわれる中で、有り難いです。

どのような資格を取得しようとも、資格マニアになろうとも、

マルチリンガルになろうとも、博士の学位を得ようとも、

それだけではビジネスで成功しません。

重要なのは、やはり、”人脈”です。

今年も残り少ないですが、

来年は、やりたいこと一杯有ります。

人脈形成の他に、国際レベルで通じる英語を書けること。

ときには凹むことがありますが、通い始めた学校で英語を自分のモノにします。

2010年12月 4日 (土)

TOEICの結果

10月に受験したTOEICの結果が返ってきました。

少し緊張しながらの開封。

この緊張って、なんか私にとって心地良い。

肝心な結果は、

リスニングスコア…大幅UP

リーディングスコア…前回と同じ

結果:リスニングスコアが伸びたので、全体のスコアが上がりました。

特に、スクールに通っておりませんが、独学でもそれなりのスコアには到達できるようですね。

TOEICは、日頃の英語勉強の進捗具合を測ることの他に、

目標の設定=動機付けという大きな効果があります。

そけだけではありません。

社会人大学院の入試でも使用されます。

私がサーチしたところ、ロースクール、ビジネススクール(MBA、MOT)の受験に提出させられる大学院もあります。

いわゆる上位の大学院では、相応の受験生が集まるため、最低でも900前後のスコアが要求されるという情報も得ております。

さらに、一部の海外の大学院の留学にも使うことができるようです(大半はTOEFL)。

勉強している過程において、上達が目に見えることは嬉しいことですし、励みにもなります。

そういう意味で、合否ではなく、スコア換算方式のTOEICは適していますね。

なお、英検は、受験しておりませんが、そのうち準1級を受験します(2級はすでに保持)。

普段の弁理士業をさらに確実なものにするために、チャレンジと努力は欠かせません。

言葉の壁がなくなれば、

舞台を世界に広げ、いざ出発です。

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

西村知浩の特許事務所

無料ブログはココログ