« 技術士一次試験の合格祝賀会 | トップページ | 詐欺というヤツ »

2015年1月16日 (金)

弁理士試験制度

弁理士試験制度が変わるみたいですね。

詳しくは存じませんが、選択試験科目等いろいろ。

これを機に足らないことを無責任に考えてみました(大雑把なイメージです)。

・理系学士以上を必須にする(米国弁理士試験のように)

・特許事務所における実務経験を必須にする(税理士資格・技術士資格のように)

・英語試験または英語資格認定の導入(日本の大学院試験・スペイン弁理士試験のように)

・弁理士の数や特許出願件数をみながら合格者の人数調整・試験は毎年行わない(スペイン弁理士試験のように)

・PCT・マドプロ等の実務で利用する条約の論文試験の追加(旧弁理士試験制度のように)

・実務体験的論文の導入(昔の技術士試験のように)

・名称独占資格に変更して合格者を毎年0~10人程度にする(弁理士資格のプラチナ化)

・弁護士による弁理士業務可能条項の廃止(弁理士法の整備)

・選択試験の資格互換性中止

・試験科目として、特許の中間処理(補正書・意見書)と商標の中間処理(補正書・意見書)の実務試験の導入

・日本国籍必須

・人格試験の導入

……

……

2014年から弁理士試験はある意味で滅茶苦茶になりましたから、

これを機に大きな整備が必要だと思います。

それにしても、新制度の弁理士試験の難易度って、

資格偏差値的に言えば、どのランクでしょうか?

下記に表があります。

http://shikaku-fan.net/rank.php

こんなに高いんですか?

大学入試試験にたとえると、

日東駒専~MARCH(偏差値60前後)くらいかと思っていました。

« 技術士一次試験の合格祝賀会 | トップページ | 詐欺というヤツ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弁理士試験制度:

« 技術士一次試験の合格祝賀会 | トップページ | 詐欺というヤツ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ