« 【独立行政法人 工業所有権情報・研修館】平成28年度 検索エキスパート研修[上級] | トップページ | JAIST講義 »

2016年4月 8日 (金)

皆が右を向いているときは左へ進みたい

ブランディングといえば、大袈裟ですが、

皆が右方向へ進んでいるときに、私はあえて左を向き、進んでいきたい。

他人がしていることと違うことをしてみたい…

このような、捻くれたというか、何か違う方向に進んでみたいという願望があります。

これは紛れもなく、

私への挑戦であったり、

自己肯定の結果であったり、

広い海原で、自分の居場所を見つけようとする姿勢なのかもしれません。

ベンチャー企業も発想は同じだと思います。

ニッチな市場で、オンリーワン企業に向かって進めていく会社では、

やはり周囲と同じことをしていては、大きな会社に市場ごと飲み込まれてしまいます。

会社もそういう尖ったところがあって良いように思います。

どうせ、最初に尖っていても世間の洗礼を受けてなるような形になるわけですが、

信念をそのまま尖らせて持っておいた方が、

顧客に対するアピールにも、

自社の存在価値の肯定にも、

競合他社との関係にも、

良いと思うのですが、如何でしょうか?

« 【独立行政法人 工業所有権情報・研修館】平成28年度 検索エキスパート研修[上級] | トップページ | JAIST講義 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皆が右を向いているときは左へ進みたい:

« 【独立行政法人 工業所有権情報・研修館】平成28年度 検索エキスパート研修[上級] | トップページ | JAIST講義 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

西村知浩の特許事務所

無料ブログはココログ