無料ブログはココログ

« 特許権侵害訴訟代理の打診 | トップページ | ウザい?弁理士会の選挙電話 »

2016年10月 2日 (日)

『創造的論文の書き方』著・伊丹敬之

修士論文の着手に当たり、

『創造的論文の書き方』という書籍を購入致しました。

・テーマの決定の仕方

・仮説の立て方

・仮説の証明の仕方

論文の型として当たり前の構成を、いかに読み易く、かつ面白いものにできるか。

私の焦点はそこがポイントです。

サービスの学術研究ですから、例えば神田正典氏のような実務本であってはならない。

しかし、実務本の方が、より身近で実務に直結しているため、面白く、読者の興味がわいてきます。

学術論文は、無味乾燥というか、だから何?

とはならないように、注意したいものです。

そのヒントとなるのが、上記書籍だと思います。

伊丹先生は、理科大MOTの教授をされていますが、素晴らしい研究者です。

« 特許権侵害訴訟代理の打診 | トップページ | ウザい?弁理士会の選挙電話 »

研修・スキルアップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『創造的論文の書き方』著・伊丹敬之:

« 特許権侵害訴訟代理の打診 | トップページ | ウザい?弁理士会の選挙電話 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

西村知浩の特許事務所

西村知浩のTwitter

西村知浩のInstagram

西村知浩のFacebook