« 北陸MOTセミナー・学生交流会に参加して | トップページ | 第10回 日本再活性化とMOT研究会に参加して… »

2017年12月 3日 (日)

西村流!4画面思考の発表

先日の北陸MOTセミナーでは、

私の将来、なりたい姿・ありたい姿を描いた4画面思考を披露して参りました。

23795125_897853223715046_2649170852

自分で自分の4画面思考を完成させているプロセスで、

多くの気づきと大きな発見がありました。

私のなりたい姿は、『知的資産経営のドラッカー』です。

私の役目は、

クライアントに最適な知的資産を構築支援し、クライアントの潜在事業力を極大化させること。

知的資産とは知的財産の問題だけではありません。

人事・労務、組織の問題を多く絡んできます。

従業員にとっての働き方改革を、クライアント経営者と一緒に進めて参ります。

働き方といえば、特許事務所の業界もボロボロだと思います。

私の勤務時代だった15年前までは、完全出来高制で、身も心もズタズタにされた所員をたくさん見てきました。

クライアント企業だけではなく、特許事務所における働き方改革を、

例えば委員会等を作って進めて参りたいと思います。

人事・労務だけではなく、人の心を取り扱う問題、しかも、利害関係が絡む環境では、

経営者に有利な状況を多く生む反面、実力ある所員と経営者なら立場が逆転します。

一概にどちらが有利とは断言できませんが、

お互いが社会人として良いところをうまく出し合い、融合していければ、クライアントに対しても、もっともっと良いサービスが提供できるものと思います。

その点でいえば、特許事務所の労務・雇用環境は、まだまだ昭和の戦前のような所も多いのです。

最近は若い経営者が増えて解消されると思いきや、

やはりさまざまな欲があり、利害関係がある人間ですから、本質は変わっていないでしょう。

そこにメスを入れて改革を起こしたいと思います。

« 北陸MOTセミナー・学生交流会に参加して | トップページ | 第10回 日本再活性化とMOT研究会に参加して… »

JAIST[大学院]生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西村流!4画面思考の発表:

« 北陸MOTセミナー・学生交流会に参加して | トップページ | 第10回 日本再活性化とMOT研究会に参加して… »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

西村知浩の特許事務所

無料ブログはココログ