« 【技術士完全合格講座】新技術開発センター | トップページ | TBC受験研究会~中小企業診断士2次試験第2回実力完成演習結果~ »

2018年3月20日 (火)

付記代理試験~村西ゼミ~その他

今年は、付記代理試験の村西ゼミに参加します。

昨年、ゼミや模試、動画配信など全く受けず、不覚にも付記代理試験に、あと1点で落ちてしまったので、相対試験である以上、それなりの準備が必要だと感じたため。

1点足らずで…

村西弁護士ですが、実は平成13年の弁理士試験合格した直後に、

早稲田セミナーで司法試験基礎講座を受講していたのですが、

そのときも講師をされていた記憶があります…

ロースクール開校前の遠い昔の話。

それとは並行して、

技術士試験と中小企業診断士試験の同時受験。

村西ゼミに参加するのが目的ではないので、復習がてらに課題をこなします。

弁理士の他に、技術士、中小企業診断士のトリプル資格ホルダーはいないんですね。

今までお目にかかったことがない。

これに、学術系博士号や、司法書士、社労士など他の資格も合わせると、おそらく皆無の境地。

人間離れした能力の差別化戦略で、タイムチャージ1万ドルの外国へ進出というシナリオができます。

実際、中国語の勉強を継続しているのも、

中国系企業と中国人・華僑のコミュに対してアピールするためです。

日本の資格でどこまでやれるかですが、

その疑問を解決してくれるのが、学術系の資格である学位です。

博士号は国際学会で英語による発表が条件ですし、

MBAなら、やはり外国の有名大学に進学した方が良いと思います。

私の売りは、顧客視点に立ったサービスになります。

顧客のニーズを実現させるためのサービスです。

特許出願の代理なら、顧客のウオンツは特許権。

ニーズが事業の独占。

普通の特許事務所はウオンツしか提供できないですが、

私はニーズの実現に向けたサービスを提供するようにしています。

ですから、

知財だけの知識・スキルでは足りないのです。

先ずは、今年のJAISTで、副テーマ研究の完成と、修論中間発表を行います。

来年は修論完成です。

さらにさらに、

これらは本業である実務をこなしながら、実行するところが私の超人たる所以。

これでも、

阿闍梨の1000日修行よりははるかに楽です。

しんどい思いをしている自分に快感というか、

その先を創造すると、人生楽しくて仕方ありません。

« 【技術士完全合格講座】新技術開発センター | トップページ | TBC受験研究会~中小企業診断士2次試験第2回実力完成演習結果~ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 付記代理試験~村西ゼミ~その他:

« 【技術士完全合格講座】新技術開発センター | トップページ | TBC受験研究会~中小企業診断士2次試験第2回実力完成演習結果~ »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ