« 技術士試験スクーリング最終日 | トップページ | 西村流!経営コンサルティングの視点 »

2018年5月13日 (日)

村西ゼミで私の起案が参考答案に選ばれました

5月13日(日)は村西ゼミでした。

付記代理試験ゼミとして、村西ゼミに参加しています。

村西先生は教え方のプロですので、3時間なんてあっという間です。

付記代理試験だけではなく、実務にもお詳しい弁護士です。

私も現在、補佐人を務める裁判を複数かけもちしています。

ゼミでは、村西先生のトーク、訴状や答弁書、準備書面等における留意点、裁判官とのコミュニケーションでの逸話がとても勉強になります。

付記代理試験を受験しなくても、

実務の勉強として参加しても良かったと思える素晴らしいゼミですよ。

さて、先の第2回のゼミでは、

特許権侵害の答弁書の起案がありました(民法等の小問を除いたもの)。

私は、昨年の付記代理試験から勉強を中断していたのですが、

私の答案が、高評価を頂いたうえで、参考答案としてゼミ生に頒布されました。

興奮でテンション高いままです(笑)。

光栄です。

考えてみれば、20年近く前、

弁理士試験のときも、早稲田セミナーやLECで優秀答案に選ばれたことがありますが、

それ以降、はじめての経験です。

正直、とても嬉しいです!(^^)!

私の点数は29.5点。

満点は40点(小問を除いているため)ですので、29.5点は約75%にあたります。

なお、昨年の付記代理試験では34点/50点満点でしたので、約7割くらいは得点していたことになります。

このくらい実務の感覚でとれれば、付記代理試験合格は当然のこと、補佐人の依頼がバンバン入ってきても、責任を果たせそうです。

実際の裁判では、立証責任を果たすために、与件文のききとり内容と、証拠調べが最もシンドイです。

付記代理試験みたく、与件が揃っている場合には、ある意味、とてもラク。

実務では与件内容のような情報を正確に入手できるか否かで、勝訴と敗訴が決まるといっても過言ではないでしょう。

まぁ、それはさておき…

今日は私の答案を参考答案として選んで下さった村西先生に感謝しつつ、自分にもご褒美をあげたいと思います。

そして、さらなる精進を重ねます。

感謝。

« 技術士試験スクーリング最終日 | トップページ | 西村流!経営コンサルティングの視点 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村西ゼミで私の起案が参考答案に選ばれました:

« 技術士試験スクーリング最終日 | トップページ | 西村流!経営コンサルティングの視点 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ