« 心と精神の休養 | トップページ | 裁判長の性格もさまざま »

2018年11月 6日 (火)

ファイナンシャル・プランナーへの挑戦!

1年に1つは新しいコトを始めようと思っています。

それは、資格であっても、仕事であっても、趣味であっても構いません。

リア充アピールというわけではありませんが、

自己改革の一環として自分に課しています。

特許業界に入って20年以上、弁理士として独立して17年が経過します。

自分が商品であり、競争力の源泉であることは身を以て実感していますので、

その強みをより強固に、より差別化を図り、自他の満足につなげていければ最高です。

今回は、ファイナンシャル・プランナー。

私が現在業務として行っているコンサルティングに幅を持たせるため、

さらなる知識が必要と感じたからです。

オーナー社長の資産管理だけではなく、企業の経営コンサルティングにも役に立ちます。

例えば、タックスプランニングや社員の保険、障害年金等の管理、会社の不動産等、

個人と法人にまたにかけたアドバイスが可能になります。

現在、挑戦している中小企業診断士と社会保険労務士、さらにはMBAの知識を形にできるビジネスモデルがいろいろ考えられます。

実はもともと、私の自己のライフプランニングをするための情報を得ようとして勉強を始めたのですが、

自分だけでなく、他人様に対するコンサルティングにも使えて一石二鳥の資格です。

資格のステップアップとして、

FP3級→FP2級→AFP→CFP→FP1級の順が効率が良いようですね。

CFPは国際資格で知名度がありますし、

FP1級は難関で金融機関では評価されています。

ただし、資格としては中途半端な気がしますが、

金融や税、不動産、事業承継・相続等に横串を入れてこれらの情報が得られる点は、かなり合理的な気がします。

世の中、知らないことで損をすることはたくさんあります。

情報化社会では無知は罪。

このファイナンシャル・プランナーの勉強を始めて、自分の無知に気づきました。

世の中、知らないことだらけです。

これでは、情報化社会で生き残っていけない。

「情報を制する者はビジネスを制する」という、

不変の真理を実践という形で現実のものにしていきたい。

これが私のモチベーションの源泉になっています。

« 心と精神の休養 | トップページ | 裁判長の性格もさまざま »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファイナンシャル・プランナーへの挑戦!:

« 心と精神の休養 | トップページ | 裁判長の性格もさまざま »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ