« 中小企業診断士1次試験お疲れ様! | トップページ | 暑気払い!一筆入魂!! »

2019年8月11日 (日)

日本工業大学大学院 中小企業診断コースの説明会へ参加した!


昨日は、日本工大大学院(略して、NIT)の中小企業診断士養成コースの説明に参加しました。

場所は神保町駅から徒歩2分程度。古本屋街の良い環境にあります。


ここの大学院は、技術経営MOTが有名で、過去に知財研修でもお世話になりました。

NITの特徴は、1年コースで、火曜日・金曜日・土曜日が授業や演習等の日です。

カリキュラムの内容をみると、

通常のMOTの単位数に、中小企業診断士コースに特有の企業診断実習が追加されているというハードなもの。

しかも、合計履修時間が中小企業庁からの養成で決まっており、9割以上出席しないと資格が得られません。

ちなみに企業診断実習は、平日のデイタイムです。

さらに、特別課題研究という名の修士論文まで要求されます。


1年で修了するので、かなり詰め込みのカリキュラムです。

修了すると、中小企業診断士+MOT(技術経営修士)が貰える。


JAISTで社会人大学院を経験した私からいうと、

これはかなりシンドイかなと、経験的にわかります。


授業も何かの理由で休むことがあるかもしれないし、特別課題研究はパワーポイントでのビジネスプランで良いものの、

成果物を作成する時間が必要です。

拘束時間が長くなります。


多分、他の資格を勉強している時間は確保できないだろうと…


それにもかかわらず、入試の倍率は、5倍前後のようで、皆様、やる気満々。

生産技術に特化した中小企業診断士の養成機関として、

経産省には期待されているようです。


ただ、やはり大学院なので、論文や技術経営系の授業単位が課されるので、

私は、戦々恐々としています。


JAISTでは知識系の授業の単位はかなり取得しました。

論文もそれなりに執筆しましたが、本当に仕事に活きるかといえば、かなり限定的かな。


次は、千葉商科大学大学院の養成コースの説明会に参加する予定です。

ここも修士がついてくるカリキュラムですので、私のなかで同じ問題が提起されそうですが…


« 中小企業診断士1次試験お疲れ様! | トップページ | 暑気払い!一筆入魂!! »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中小企業診断士1次試験お疲れ様! | トップページ | 暑気払い!一筆入魂!! »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ