« 令和元年度中小企業診断士2次試験の得点区分 | トップページ | 今年の振り返り »

2019年12月15日 (日)

中小企業診断士登録の更新費用

晴れて中小企業診断士の資格を取得すると、5年ごとに更新しなければなりません。

具体的には、実務ポイントと言って所定のポイント数を稼ぐ必要があるのです。

これが普段のコンサル実務で稼げれば良いのですが、そのような環境に恵まれなければ、

実務補修で受ける必要がある。

これが15万円の実費に、最短で15日間、朝から夕方のデイタイム時間がとられます。

特に時間ロスがハードル高いです。

弁理士は更新研修が無料ですし、時間もとられません。

例えば、1日10万円の売上を上げられるのなら、その売上機会がサンクコスト化するので、15日×10万円=150万円。

これに15万の更新費用と、交通費・食事代・飲み会の代金で約20万円。

トータルで、150万円+20万円=170万円

5年毎に合計170万円の出費になります。

仮に1日20万円売り上げる人なら、合計320万円が出ていきます。

1年に換算すると、34万円、64万円…の出費

1月に換算すると、2.8万円、5.3万円…の出費


弁理士会への支払いが1月で1.5万円だから、かなり割高になります。

それと引き換えに、診断士登録後のメリットは、国や商工会議所・商工会からの仕事の紹介、診断士仲間のネットワークのみ。

仕事の紹介は、単価が安かったり、あまり美味しく、期待できる仕事ではありません。

ネットワークも情報の共有は財産になりますが、私の今の交友関係をみると、あまり期待できない。

そうすると、診断士資格の更新を避けるために、休止に入ることもあり得、これではなんのために資格を登録したのかわからなくなる。

このことに気づいたのは、迂闊にも最近で、もっと早く数字をたたくべきでした。


今年、残念ながら不合格になりましたが、

飽きやすい性格の私には、かえって良かったのかもしれません。


経営の知識はインプットできましたし、そこは実務で貢献したいと思います。


« 令和元年度中小企業診断士2次試験の得点区分 | トップページ | 今年の振り返り »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和元年度中小企業診断士2次試験の得点区分 | トップページ | 今年の振り返り »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ