« 難しい厚生年金保険法 | トップページ | サンドイッチの時間配分 »

2020年3月22日 (日)

ZOOMは行けますよ!


サンフレアーの特許翻訳講座で、ライブに替えて、ZOOMでの授業が始まりました。

ビデオカメラと音声で参加することもでき、インタラクティヴ性は担保されています。

後は各自が操作に慣れることが必要で、特に発信者には円滑に進めるために多少の慣れやスキルが必要かもしれません。

視聴者は基本的に何もしなくても良いのですが、発言するときは挙手のボタンをクリックして発信者に知らせます。

チャット機能もありますし、マイクを介して音声で質問することも可能です。

次に特許翻訳の授業がZOOMで可能か否かというと、十分可能です。全く問題がありません。むしろ集中力が増すと思います。

そんな感じで土曜日は2時間半、特許翻訳の英訳のトライアルに集中しました。

自宅で受けていたので、午前から午後3時までは社労士試験の学習、午後3時半~6時までは特許翻訳の授業。

その後、社労士試験の学習をしていたので、移動時間がゼロで時間の節約を図れました。


本業の実務と本業に関する研究、営業実践以外の学習は、社労士試験と語学でいっぱいいっぱいです。

法律と語学は相互にマインドリセットができ、学習における相性がとても良いのです。

今後も何事にも貪欲にチャレンジしていきます!

|

« 難しい厚生年金保険法 | トップページ | サンドイッチの時間配分 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 難しい厚生年金保険法 | トップページ | サンドイッチの時間配分 »