« 【知財高裁】美容ローラー事件の損害額推定で特許の販売寄与割合は根拠なし | トップページ | スラップ訴訟は不法行為 »

2020年3月 3日 (火)

特許事務所もYOU TUBEを使って求人募集のプロモーションを!

世の中、これだけYOUTUBEが使われているなら、

特許事務所内にYOUTUBEの担当者を決め、YOUTUBEを使ったアピールをすれば良いと思います。

集客ではなく、求人募集を目的としたプロモーションです。

YOUTUBEには所長が必ず登場し、ノリノリのラップのようなリズムで所員が一言ずつ、事務所や人柄、雰囲気、仕事などを本音で語るような演出は面白いかも。

二枚目とか美人さんのエキストラで固めるのではなく、ありのままで登場させます。

セリフもかっこいいことは言いません。

もっともっとハードルを下げて、事務所の居心地の良さをアピールすれば、応募も増えるのではないでしょうか。

特に小規模特許事務所では有効かと思います。

毎日アップすることが重要です。


|

« 【知財高裁】美容ローラー事件の損害額推定で特許の販売寄与割合は根拠なし | トップページ | スラップ訴訟は不法行為 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【知財高裁】美容ローラー事件の損害額推定で特許の販売寄与割合は根拠なし | トップページ | スラップ訴訟は不法行為 »