« 3日間自宅に籠城 | トップページ | 2019年度東京知的財産総合センターでの知財相談員任務終了と今後の業務設計 »

2020年3月30日 (月)

世界の喜劇王・志村けん


今日は朝から気の重い一日です。

我らの志村けんを失いました。

その存在は日本人の心の支えといっても過言ではありません。

ご冥福をお祈り申し上げます。


私はドリフターズの大ファンで、小学生のころ、8時だよ!全員集合をテレビで観て育ちました。

土曜日は、学校がお昼まで。その後、自宅でお昼ごはんを食べて友人と遊びに出て午後6時過ぎ(夏は午後7時前)に帰宅。

土曜日午後6時から、テレビのゴールデンタイム。

午後6時から、あばれはっちゃくシリーズ。

午後6時30分~午後7時の間に夕ご飯を食べて、烏の行水で風呂を上がり、午後7時前にテレビの前にセッティング。

午後7時からは、日本昔ばなし。

午後7時30分からは、クイズダービー。クイズダービーでは、篠沢大学教授の正答率の低さに疑問を覚えつつ、はらたいらを応援していた。

そして、オオトリの午後8時からは、8時だよ!全員集合。この番組はいつも生放送で、お祭りのような勢いがあり、志村けんの笑いではしゃぎまくっていた。この番組が大好きだった。友人と共に、ひげダンスを学校で披露したことも良い思い出。

午後9時からは就寝タイムで、勉強しない一日が土曜日でした。

毎週土曜日の午後から夕方は、ワクワク興奮して、とても楽しかった思い出があります。


あれから35年以上が経ちますが、私の心の中には、志村けんが今も健在です。

|

« 3日間自宅に籠城 | トップページ | 2019年度東京知的財産総合センターでの知財相談員任務終了と今後の業務設計 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3日間自宅に籠城 | トップページ | 2019年度東京知的財産総合センターでの知財相談員任務終了と今後の業務設計 »