« 弁理士実務と知財研究と特許事務所経営のさらなる強化! | トップページ | JAISTの友人からお誘い »

2020年3月16日 (月)

朝から深夜まで研究

日曜日は、朝から深夜まで自宅にこもり、研究していました。

特許権侵害論と、特許翻訳の英訳ドラフティングです。

日頃から日本弁理士会の研修システムには大変お世話になっております。

私はDグループに属し、残り2年くらいの研修期限の余裕があったと思いますが、早くも100単位近くの貯金があります。

あっという間に100単位、150単位…です。

それにしても日本の侵害論は独特で、画期的な規範が続出しているため、日々、判例をチェックしておかないと、特許権侵害訴訟で使えません。

均等論の論点についてもいろいろな説があり、均等5要件はなかなか奥が深いですね。

審決取消訴訟においても、進歩性に関する裁判所の判断は日々進化しているような気がします。

特許翻訳については、久しぶりに英訳トレーニングを行いました。

電気回路の技術分野でしたが、表現のパターンがあるとはいえ、専門用語の英単語は難しいです。

翻訳は書籍やネット・辞書等で調べながら行うことができますが、ある程度、暗記しておかなければ効率が悪くなります。

和訳よりも、英訳の方が慣れれば楽です。


初志貫徹、この調子で頑張ります!

|

« 弁理士実務と知財研究と特許事務所経営のさらなる強化! | トップページ | JAISTの友人からお誘い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 弁理士実務と知財研究と特許事務所経営のさらなる強化! | トップページ | JAISTの友人からお誘い »