« 知財高裁へ出訴 | トップページ | 知財クラッシュ! »

2020年5月13日 (水)

感謝


ゴールデンウイーク明けに複数の意匠出願のご依頼を頂きました。

また別の特許出願で外国出願していたケースでは、韓国や中国の特許庁から拒絶理由通知が出され、その応答の指示を頂きました。

クライアントはいずれも中小企業ですが、コロナ・ショックで社業にも影響が出ているなか、ご依頼いただいたこと、お気遣い頂いたことに感謝しております。

コロナの状況になり、多くのことを考えざるを得ないのですが、弁理士がクライアントのお役に立てることは何だろう。

良い権利を取得することは当然ですが、

クライアントが助成金・補助金を活用し易い環境を構築したり、融資の準備を整えたり、雇用の問題を支援することにほかならないと思うのです。加えて知財の創作活動を支援することだと思うのです。


資金繰り、雇用労務支援・継続、知財活動(企業法務対応含む)、の3本柱だと考えています。


そうならば、この3本柱でお役に立ちたいと強く思っています。

|

« 知財高裁へ出訴 | トップページ | 知財クラッシュ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 知財高裁へ出訴 | トップページ | 知財クラッシュ! »