« 知財の助成金 | トップページ | 社労士試験 »

2020年6月11日 (木)

東京・市町村における知財助成金

本日、東京都の知財に対する助成金をすべてサーチしました。

23特別区については情報も出回っていると思いますが、市町村については私の調査結果が現時点で最も詳しいはず。


八王子については、意外に国内出願の助成金に対するものはなく、販路拡大に要する知財取得という名のもとに助成金の対象となることでした。電話確認したので間違いありません。

ただし、中小企業は上限5万円、小規模企業は7.5万円ですから、ブランディングで使用するための商標出願が適していると思います。


日野市や青梅市は、素晴らしい予算を組んで頂いているようです。
日野市はなんと最大150万円!

府中市・三鷹市・稲城市・羽村市も知財取得の助成金(10万円以上)はありました。

ただし、三鷹市については、電話で確認した結果、工業振興という名目のため、特許と実用新案が対象であり、意匠は前例がないとのこと。工業デザインも意匠ですからと説明したけれど、役所は前例主義なので、注意が必要です。


たとえ5万円でも、税金を有効利用させて頂ける補助金・助成金制度は大変有難いですね^^;

« 知財の助成金 | トップページ | 社労士試験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 知財の助成金 | トップページ | 社労士試験 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ