« 4連休 | トップページ | 出張先からレポート~アクト京都に訪問 »

2020年7月23日 (木)

タブルライセンスを目指す人

タブルライセンスを目指すことはとても商売効率が高いと思います。

私も、いまは弁理士としてバリバリ活動しながら、事務所の経営も行い、営業やマーケの研究も継続しています。

そんな多忙な私でも、欲しいのが社労士資格。

弁理士がなぜ社労士、どうしてタブルライセンス?

弁理士仲間から、社労士が必要なら、社労士と提携すればよい、という声が聞こえます。


でもね、そうじゃないんだよ。

弁理士が必要なら弁理士を探す、社労士が必要なら社労士を探す…

こんなの当たり前やん。だけど、探す側からすれば、すごく面倒くさい。

そうじゃなく、西村弁理士に依頼すると、別に社労士を探さなくても、社労士業務もできるというところに付加価値が出るんだよ。

依頼する士業を探すのは結構大変なのさ。どんな人なのかもよくわからんし。

それよりも、西村弁理士のことはよく知っているから、社労士業務も、司法書士業務も、税理士業務も、行政書士業務も全部依頼できれば、別の士業を探さなくても済むでしょ。

クライアントにとっては、とても大きな付加価値になるんだ。


だから、ダブルでも、トリプルでもライセンスをとることはとても重要。


資格マニアと呼ばれていも良いから、その代償として、クライアントから大きな信用とやりがいを受けることが出来れば御の字。

選択と集中という言葉が独り歩きしているが、ケース・バイ・ケース。


外部にいる士業が企業内の社員や役員と同価値として参画しようと考えるなら、一心同体になる術を身に着ける。

だから、スポット業務が多いのは、クライアントとの線が細くなるばかりで、今の時代、得策ではない。

これなら、生涯、新規客を追い続けなければならなくなるぞ。


|

« 4連休 | トップページ | 出張先からレポート~アクト京都に訪問 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4連休 | トップページ | 出張先からレポート~アクト京都に訪問 »