« いざ決戦の地へ! | トップページ | 新たなチャレンジを計画しています »

2020年8月24日 (月)

令和2年度社会保険労務士試験の受験

 

2020年8月23日は、社会保険労務士試験でした。

 

試験会場は東京ビッグサイト。

 

確か、私が弁理士試験の2次論文試験を受験して合格した会場です。

 

興奮のため、ほとんど眠れない状態で、試験会場のある国際展示場駅に向かいました。

 

ゲリラ雷雨という予報のため、大きめの雨傘を持っていきました。

 

無事に国際展示場駅に到着したのですが、バケツをひっくり返したような雨が降っていたことにびっくり。

 

Photo_20200824092301

◆東京ビッグサイトから近くの川を臨む

 

 

 

多くの受験生が駅の出口で様子を伺っていました。

 

幸いにして、駅から東京ビッグサイトまで屋根付きの歩道が設けられていたため、難を逃れることができたのですが、それでも傘をさしていないと雨に濡れる程の雨量でした。

 

道路には水たまりができ、裸足にサンダルの受験生は完全に濡れています。

 

私は、mont-bellの頑丈な靴で助かりました。

 

こういうときは会場のクーラーで風邪をひきやすいので、長袖の上着も持参していました。

 

東京ビッグサイト(写真をとる精神的な余裕がありませんでした)につくと、検温が行われ、なかに入ります。

 

私は南ホールでした。

 

試験会場はとてつもなく広く、長机が並んでいます。

 

長机の端には受験生1人が配置され、前後の受験生と交互の位置になるように割り当てられていました。

 

ソーシャルディスタンスは確保されていたと思います。

 

 

私の周囲での観察ですが、男女比は半分半分くらい。

男が多い弁理士試験とはだいぶん勝手が違います。

男子トイレが混まなくて助かりました。

年齢層も男は40代後半くらい、女は40歳くらいでしょうか。

おっちゃん、おばちゃんというか、初老の人(60歳近く?)も結構おられました。

空席率(欠席率)は大体3割くらいでしょうか。

そのお蔭で、密にならずに済みました。

 

 

試験は、

午前は選択式試験で80分

午後は択一試験で210分

 

 

昨年の中小企業診断士2次試験では、当日の休み時間まで暗記作業をしていたため、身体への反動で、その後の1週間はバーンアウトした経験があります。

このため、社労士試験では当日の勉強はやめることにしていました。当然、参考書も気休めで薄いレジュメ1冊のみ。

 

 

試験の出来についての感想ですが、

 

午前の選択式はそれなりに確信をもって回答できたのですが、労働一般常識という科目で1問も正解が分からず、根拠ない状態でマークしてきました。足切りの可能性があるため、こわくて自己採点していません。

午後の択一式は、全般的に難しく、私の実力不足な感じを受けました。

しかし、最後まで着席をして粘りました。

 

現在の実力は出し切れたと思います。

 

 

今年、コロナの状況でも受験した目的は、私の現在の到達位置と合格基準との距離感を感じるためです。

公開模試も受験しておらず、はじめての会場に出向いての試験でした。

とても良い経験になっと思います。

 

 

試験終了後は、朝の大雨が信じられないくらい、晴れ渡っていました。

 

Photo_20200824094701

 

Photo_20200824094702

 

受験生の流れに乗り、東京ビッグサイトから歩くこと5分程度で国際展示場駅に到着。

 

りんかい線で新宿駅に向かいます。

試験でやりきった感という満足とともに、疲労の限界でした。

 

自宅に到着すると、すぐにシャワーをして夕食。

その後、家族とともに、半沢直樹や録画したテレビ番組を楽しみました。

 

 

難関試験に挑戦すると、試験後の充実感がなんとも心地良いです。

これで合格していれば、言うことはないのですが。

 

 

しばらくゆっくりして、また始動したいと思います。

 

 

 

 

« いざ決戦の地へ! | トップページ | 新たなチャレンジを計画しています »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いざ決戦の地へ! | トップページ | 新たなチャレンジを計画しています »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ