« 竹内結子さん | トップページ | 無効審判と審決取消訴訟の取り下げ順序 »

2020年10月 2日 (金)

未だ特許訴訟の場面が夢に出る・・・


一連の特許訴訟は、和解で終了したはずなのに、

昨夜も特許訴訟の場面の夢を見た。

夢というのは、

場所は裁判所(のような風景)。

いろんな裁判体がミックスされて、それぞれの裁判体の心証が開示される。

裁判所に、なぜか特許庁の団体職員が配属されており、そこでいろいろなガイダンスを受けて、ラスボス的に裁判体が登場するという・・・

その夢の中で、私は、依頼人の他に、お世話になった共同代理人の弁護士とともに、騒々しく面倒ではあるが、比較的楽しい雰囲気の中、過ごしていた(ようだった)。

特許訴訟の係属中に、これまで5回くらいは訴訟手続の場面の夢を見た。

佐藤裁判長が登場したときもある。


そろそろ心も裁判から開放されたい気分ですが、戦う弁理士の勲章として、とっておきたい。


« 竹内結子さん | トップページ | 無効審判と審決取消訴訟の取り下げ順序 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 竹内結子さん | トップページ | 無効審判と審決取消訴訟の取り下げ順序 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ