« 【特許庁】識別番号の重複を解消する術 | トップページ | 特許出願の拒絶理由通知の対応における注意点 »

2020年10月11日 (日)

サンフレア・アカデミーの産業翻訳・上級講座の修了

 

昨日、サンフレア・アカデミーの産業翻訳の上級講座を修了した。

 

私のコースは、特許明細書(IT・機械・電気)。

 

 

なぜ、サンフレア・アカデミーを選択したのかといえば、弊所に近くにあること、教育が徹底し評価が厳しいことから。

 

今年1月に開講し、途中コロナで休校になり、最終的に10月に無事、終了証書を頂きました。

 

ダウンロード - e4bfaee4ba86e8a8bce69bb8.pdf

 

 

その厳しい評価が評価書がこちら。

実のところ、少し甘い評価かも・・・

 

ダウンロード - e8a995e4bea1.pdf

 

 

弊所で受注した翻訳は外部の提携先翻訳家に依頼し、共同作業でチェックしていますが、時間が出来たこともあり、今後の独り立ちを含めて、日々、翻訳のトレーニングしています。

 

その中で、サンフレア・アカデミーで学ぶ意義がたくさんありました。

 

 

特許明細書や特許請求の範囲には詳しいつもりでしたが、

 

アメリカの英語文献と、日本の特許明細書とは、様式が大きく異なり、表現が違っていることがあります。

実務慣行も大きく違う。

 

この2つの特許明細書は完全に一致しないため、日本の特許庁に提出する特許明細書として完成させるためには慣れとテクニックが必要になります。

 

 

講師のアドバイスが上の評価に記載されていますが、

 

それを素直に受けとめ、トレーニングを継続して参ります。

 

 

腕試しとして、来月のTQEを受験します。

 

TQEの合格率は5%未満なので、それに合格できるレベルが、翻訳家という肩書きでデビューできる最低ラインです。

 

 

併せて、中国語と韓国語の翻訳家としても、デビューできるように精進して参ります。

 

« 【特許庁】識別番号の重複を解消する術 | トップページ | 特許出願の拒絶理由通知の対応における注意点 »

多言語習得日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【特許庁】識別番号の重複を解消する術 | トップページ | 特許出願の拒絶理由通知の対応における注意点 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ