2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 【2020年】経営課題に向けた取り組み | トップページ | 書道の稽古 »

2020年12月17日 (木)

ミリオネアの行政書士

私の知る行政書士で、おそらく年商50億はくだらないという方がいる。

知るきっかけは、私が弁理士で独立開業したとき、その方が出版された士業の営業に関するマーケティングの書籍を購入したときから。

 

行政書士として独立当初から月額100万円の売り上げを達成された営業(今でいう集客)にフォーカスした内容だった。

目から鱗が落ちる思いで、仕事そっちのけで読み進めた。

 

その行政書士が不動産業に転じて(行政書士も継続)、ふるさと納税制度が導入されたときに、ふるさと納税をテーマにしたコンテンツで大ブレーク。

その方のふるさと納税額が年間数千万円。

返礼品で入手された、ありとあらゆる高級品が自宅においてある光景がテレビで放映されていた。

 

なかなかスゴイ人もいるもんだ、という興味からメルマガに登録したりもした。

 

その方も、

仮に弁護士であったとしても、一生弁護士だけで終わるのは嫌だと思うだろうし、

医師をやっていても同様であろう。

 

日頃からいろいろな情報にアンテナをはり、自分の先を見る目を信じて進んでいくというスタイルはいつか成功をもたらす。

事業を通した多くの失敗があり、それをネタにした書籍も売れているので、商才も参考になる。

 

商売というのは、守りに入った年寄りの話は聞かない方が良い。

可能性を潰すことになる。

今からゼロから挑戦という若者は、その勢いで気の向くまま進んでいくのがよいと思う。

周囲の助言があるかもしれないが、基本的に無責任な発言も多いため、自分自身の直感で進み、失敗するときもそれまた経験。

 

このような生き方を継続して、

いつか大きくブレークできれば御の字である。

 

このミリオネアの行政書士も、多くの失敗のなか、一点突破で大ブレークして今がある。

まさにランチェスター戦略といえる。

 

参考までに、安い不動産を一棟買いして、リノベーション後、売り出すというスタイル。

もちろん、今から参入しても二番煎じだが、行政書士則≠不動産業、という所にヒントが隠されている気がする。

 

皆さん、関連多角化を選択する傾向があるなかで、

敢えて無関連多角化の可能性をみるのもギャンブルであり、ブルーオーシャンでもある。

 

 

« 【2020年】経営課題に向けた取り組み | トップページ | 書道の稽古 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【2020年】経営課題に向けた取り組み | トップページ | 書道の稽古 »

フォト

西村知浩の特許事務所

西村知浩のInstagram