« 【ブレイク】士業をゴレンジャーに例えると、 | トップページ | 【東洋経済】50歳で「社会保険労務士」合格した発達障害男性~ »

2021年2月 7日 (日)

【目指せ!社労士試験合格】労働保険徴収法の学習

社労士試験は、労働保険徴収法の科目に入りました。

土曜日は10時間の学習を確保。


徴収法は、労災と雇用保険の手続に関する法律です。

ここでも、条文⇒要件⇒通達⇒判例をおさえることは同じ。


徴収法は選択式がありません。

また手続に関する法律のため、丸暗記が唯一の道。


暗記脳には自信があるため、過去問や重要論点をおさえながら、優先順位をつけてインプット。

茨の道ですが、努力は裏切らない。


■社労士試験の合格までの道のり

合格者のお話しを伺うと、仕事しながらで、早い人で2年~4年くらいの学習時間を要するようです。
中には、5年~10年くらいかけて合格する人も少なからずいます。
ネットでは1000時間で合格できるというのは、根拠なき嘘の情報です。
社労士試験は足切り試験であり、難しい科目で足切りが行われると合格レベルが急上昇する相対試験。
全体の合格者割合が決まっていて、その状況から足切りラインが設定されます。
そこが厄介なところ。

« 【ブレイク】士業をゴレンジャーに例えると、 | トップページ | 【東洋経済】50歳で「社会保険労務士」合格した発達障害男性~ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ブレイク】士業をゴレンジャーに例えると、 | トップページ | 【東洋経済】50歳で「社会保険労務士」合格した発達障害男性~ »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ