« 【知財高裁】ユニクロセルフレジ特許有効  | トップページ | 昇段報告と書道の稽古 »

2021年5月21日 (金)

一時支援金の現況

一時支援金を申請して、一週間で、申請内容確認中からお振込み手続き中に変わりました。

不備なし、一発許可です。

 

当初は、3日程度で、許可が出るかと思いましたが、五月半ばに入り、混んでいるようですね。

事前確認を済ませれば、後は比較的簡単です。

売上台帳を税理士から入手し、取引先企業の一覧を作成すれば、後は確定申告書や身分証明関係のみ。

 

一時支援金の申請期間が5月31日でしたが、2週間程度延長されるようです。

ただし、5月31日までにマイページ登録して、申請IDを入手しておかなければならない点は注意。

経産省ホームページ⇒こちらから

 

対象拡大により、特に緊急事態宣言の発出地域で開業する個人事業主の士業も該当者になり得ます。

今一度、ご確認ください。

 

 

事前確認を要しますが、事前確認先が見つからず、事前確認難民となる方がたくさんいます。

事前確認に要する費用が無料の事前確認機関と、有料の事前確認機関があります。

無料の所は、国から1件1000円の報酬が入ります。有料の所は国からの報酬を拒否し、自分で値段を設定している機関です。

 

 

いろいろ考えたけれど、弊所も事前確認機関に登録しておけばよかったと思いました。

そのときの事前確認の値段設定は、例えば1件当たり、個人3000円、法人6000円。

100人は来ると思いますので、相応の収入になります。

 

話がそれますが、助成金・補助金は、ドル箱です。

詐欺や虚偽をいう事業主などに注意しなければなりませんが、入口を絞ってもニーズがあります。

 

 

社労士に登録した暁に、行政書士も登録して、すべての助成金・補助金の支援事業を日本中で展開しようと思っています。

報酬体系は、着手金+成功謝金と、完全成功謝金の2つから選んでもらいます。

助成金・補助金の申請金額に対して〇〇%が報酬という明瞭会計を導入します。

完全成功謝金の方は、パーセンテージを少し高めに設定します。

お客様にお金が入れば笑顔になるし、とても夢のある話。

 

 

 

 

 

 

« 【知財高裁】ユニクロセルフレジ特許有効  | トップページ | 昇段報告と書道の稽古 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【知財高裁】ユニクロセルフレジ特許有効  | トップページ | 昇段報告と書道の稽古 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

西村知浩の特許事務所

西村知浩のTwitter

西村知浩のInstagram

西村知浩のFacebook